チョプラ博士の公式メールマガジン (バックナンバー閲覧)
----- 株式会社ボディ・マインド・スピリット -----


件名:卒業する皆さんへ「これからのリーダーシップ」
日付:2015/04/12
差出人:チョプラ博士の公式メールマガジン運営事務局 

■ チョプラ博士の公式メールマガジン■ 2015/4/12
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

今晩は、BODY MIND SPIRITの渡邊愛子です。

本日はお昼前に号外として

原初音瞑想講座「オンライン版」の開講をお知らせしましたが
http://seminar.bodymindspirit.co.jp/


夕方に、本メルマガのチョプラ博士の記事の

共同翻訳者である水谷美紀子さんから原稿が届き

いつもの連載とは違う

チョプラ博士側での号外的な記事で

とっても良い内容でしたので、編集・校正を行い

遅い時間ですが配信することに致しました。


それではチョプラ博士の記事をどうぞ!


〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆

「卒業する皆さんへ:これからのリーダーシップ」


ニューヨークのハートウィック・カレッジ卒業式
ディーパック・チョプラ訓示より


今日は皆さんが、人生の大きな節目を祝福し

人生という旅路の新たな段階に進むにあたり、

私から皆さんにお願いしたいのは

「人生」という贈り物について

じっくり考えて頂きたいということです。


人生とは突き詰めていくと、意識そのものです。

さらに人類は生物的進化の頂点とみなされているわけですが、

人生=意識であるというだけでなく、

自己意識的でもあるのです。


地球上の生物のなかで、

私たち人間は、覚醒しているのみならず

私たちは気づいているということに気づき、

意識的であるということを意識する能力を持っています。


その自己意識のなかには、

私たち自身の進化と

これから文明を進化させていく

ポテンシャルやパワーが存在しているのです。


これまでの生物学的進化は

「適者生存」という言葉に要約されてきましたが、

人口増加と資源の過剰消費により、

これからは「賢者生存」の時代となるでしょう。


人類の未来にとって、叡智こそが

地球上の持続可能な命にとっての

新たな基準とならなくてはいけないのです。


そして叡智とは、私たちにとってだけでなく、

未来の世代の人々にとっても、

あらゆる次元において

命を、人生を育むような知識のことなのです。


現代は、しばしば情報化時代と称されます。

現代の大きな特徴として、

分子医学、細胞機能のリアルタイム画像処理、

世界中の知識への即時アクセス、

ソーシャルネットワークといった奇跡を生んだ

科学技術の恩恵があげられます。


しかし、このようなグローバルな知力が

新たに出現したにもかかわらず、

逆説的ではありますが

深まる社会的不正・経済的不正に加え、

戦争やテロ、世界人口の50%の極端な貧困、

気候の不可逆的変化といった、

これまでと変わらぬ問題を抱えています。


さらに、人類は広範囲にわたって

栄養問題に悩まされており、

飢えに苦しむ人もいれば、肥満に悩む人もいます。


こうした状況下、肥満は、炎症性疾患へとつながり、

さまざまな種類のガンや心臓血管系の

病気のリスクが増やす一方で、

飢える人々は、免疫力が低下するため

感染症で亡くなっているのです。


情報革命は、健康とウェルビーイングの分野において

世界的な危機の解決に必要な

叡智をもたらしてはくれませんでした。


もし人類が、地球上で自滅することがあるとしたら、

それはまさに現代のことです。

もしもそんなことが起きるとしたら、

それは私たちが、科学技術の進化に、

私たちの感情的およびスピリチュアル的進化が

追い越されることを許容したときでしょう。


核兵器の拡散、細菌戦、環境破壊、種の絶滅、

大気や川や海の汚染、私たちの命

ひいては生きとし生けるものの命を支える食物自体が、

私たちの目前に差し迫った脅威としてそびえたっています。


しかし、これまでも決定的な転換期においてはそうだったように、

迫りくる災難が存在する一方で、

抜本的な革新を通して、

想像し得なかった偉大な何かが

創造される可能性もあるのです。


今日、私は、人類の未来の希望であり、

これからの世界のリーダーである皆さんに問いかけたいのです。


今日私は、かつてマハトマ・ガンディーが投げかけた

「もしあなたが世界に変化を望むなら、

 あなた自身が変化そのものになれますか?」

という言葉を皆さんに問いかけたいのです。


実際のところ、内面であなた自身が変容しない限り、

社会的もしくは世界的変容も起こりえません。


今日、私が皆さんにお願いしたいのは、

根源的な真実に向き合ってほしいということです。


今日、私が言いたいのは、

世界と切り離された「あなた」など

存在しないのだということについて、

じっくり思いを馳せてほしいということです。


人生の恵みである、あなた自身の自己意識とは、

内なる変容と叡智への鍵であり、

またあなたがどのように世界を変革するか

ということでもあります。


今日私は、皆さんに、

あなた自身が世界であり、

意識の変革こそ世界の未来である

ということを知ってほしいのです。


この自己変容こそ、

私たちの地球が存続するための叡知なのです。


人生の晩年期に入った私が、

人生の春を迎えるにあたる皆さんにお伝えしたいのが、

私が学び、身に付けてきた自己認識の7つのスキルです。


皆さんがどのような職業を選ぼうと、

また皆さんの人生や運命が

これからの人類のリーダーとしてどこへ向かおうと、

このスキルがきっと役に立つことでしょう。


スキル#1:

できるかぎり、よい聞き手になってください。


身体という道具、心の中の感情、思考のロジック、

そして魂の静寂を用いて「聴いて」ください。

深く聴く際には、じっくり問いかけることです。

私は何を観察しているのだろう?

私は何を感じているのだろう?

いまこの瞬間に必要とされていることは何だろう?

このニーズを満たす最善の方法は何だろう?


スキル#2:

友人、家族、同僚、日々関わる人々と、
感情的な絆でつながって下さい。


私たちのひとりひとりが、

愛、親切、慈悲、共感、そして

喜びを通してはぐくまれる人間関係の一部である

ということを理解してください。

感情的な絆は「不可能なことはない」という

効率的なチームワークを生み出します。

なぜなら感情的な絆は

「奉仕」「貢献」「成功」という

共有されたビジョンを有するからであり、

また互いの才能と強みを補い合うからです。


スキル#3:

すべての人間には、生存・安全に始まり、

愛や所有、真の自尊心、価値ある目標の漸進的な実現という

成功、創造的表現、そしてより高次の意識と自己実現といった

段階を経て徐々に拡大する欲求の優先度がある

ということを知ったうえで、意識を拡大してください。


意識を拡大させるにつれ、

意志力、直観力、独創力、想像力、

そして意識的な決断をくだす力という、

かたちをとって現れるスピリチュアルな能力を

用いることができるようになってください。


スキル#4:

行動することの大切さを覚えていてください。


行動指向型になり、

行動においては愛よりも高次の力はない

ということを覚えておいてください。

行動の伴わない愛は無意味であり、

愛の伴わない行動も意味がない

ということを覚えていてください。


スキル#5:

さまざまな様相のすべての側面における、
あなた自身のウェルビーイングについて責任を持ってください。

あなたのウェルビーイングは、

仕事、社会的交流、人間関係、コミュニティ、

経済的成功といった人生のあらゆる側面を包含しています。

休養したり遊んだり、家族や友人と過ごしたり、

運動したり、健康的な食事で栄養をとったりすることに

しっかり時間をとってください。


スキル#6:

真の自尊心と共に、自分に自信を持ってください。


他者からの評価を気にしない人間になってください。

存在すること自体にパワーがあることを認めてください。

気をそらされないようにしてください。

自分の人生の目的、そして社会に対して

どのような貢献をしたいか知ってください。


スキル#7:

真の自分を知ってください。


真の自分とは、自分自身や他者が貼る

レッテルに依拠するセルフイメージのことではありません。

真の自分とは、あらゆるレッテル、定義、限界を超越した、

あなたという存在の最も内なる核のことです。

すべての叡智の伝統によると、

人間の精神は無限の可能性の場であり、

永遠なる創造性、愛、慈悲、喜び、そして

深遠なる静寂の場なのです。

あなたが世界に与えられるものは、

あなたの存在の最も内なる核の中に

既に持っているものだけである

ということを知ってください。


あなた自身が平和でなければ

平和を創り出すことはできないし、

あなたが愛することができるようになったときしか

愛を創り出すことはできないと覚えておいてください。



私が皆さんに切に求めるのは、

歳月を経ても理想主義を失わないでほしいということです。

その理想主義というのは、

創造され得る良きものと、

その良きものを顕現するパワーについて

知ることと結びついています。


皆さんの中には、より平和で公正、

より持続可能で健全で幸福な世界を

実現させる可能性が存在しています。


結局のところ、究極の目標とは

幸せになることであると肝に銘じてください。


私は今日、ジョン・レノンが7歳のときに

小学校の先生から出された宿題についての

エピソードを思い出しています。


その宿題とは、大人になったら

どんな人間になりたいかについて

短い文章を書くというものでした。


ジョンはこう書きました。

「僕はいつも幸せでいたいです」

ジョンは宿題の意味を理解をしていないと

先生がこぼしていたと聞いた母親は、ジョンに言いました。

「先生は、人生についてわかっていないと伝えなさい」と。


しかし、私たちは幸せについて

いったい何を知っているというのでしょう?

最近では、幸福の力学について

多くの研究がなされています。


ほとんどの人が、こう考えています。

もし目標を達成して成功したら、

もしよい人間関係を築けたら、

もし健康なら、自分は幸せになれると。


事実は、まったくの反対です。

もしあなたが幸せなら、

健康的な習慣、実りある人間関係、

そして人生における大きな成功を

手にする可能性が高いのです。


社会学者は、

幸福の方程式H=S+C+Vとして

このことを説明しています。


Hは、happiness(幸福)を表します。

Sは、脳のset point(設定値)を表します。

Cは、conditions of living(生活条件)を表します。

Vは、voluntary choices(自発的な選択)を表します。


Sは、脳の設定値を表し、

知覚のメカニズムについて説明しています。

私たちの誰もが、自分の人生観に基づく

幸福の領域というものに対し、

ほぼ固定した設定値を持っています。


より幸福な人々は、チャンスに焦点を合わせ、

不幸な人々は問題に焦点を合わせます。

幸福の設定値は、

自分で制限をかけている信念についての内省を通じて、

上方制御、もしくは

より大きな幸福へとシフトさせることができます。

この設定値で、日常生活における幸福経験の50%が決定されます。


Cは、生活条件を表し、

主に物質的成功と個人的財産に関っています。

Cによって、日々の幸福経験の12%が決定されます。

もしもあなたが宝くじに当たったら、

数か月の間は非常に満足を感じるでしょう。

しかし一年もすると、設定値の位置に戻っていることでしょう。


Vの自発的な選択とは、

日常的に行っている選択を意味します。

個人的な快楽を目的とする選択は、

刹那的な幸福をもたらしてはくれますが、

私欲のない選択は

「他者を幸福にする」という目的や意味を通じて、

内的な幸福をもたらしてくれます。


意義ある人間関係は、

もっと永続的な幸福をもたらしてくれるのです。

だから、幸福になるために

身のまわりに物資的な豊かさを有するのもいいのですが、

それはあなたの幸福のほんの12%を占めるにすぎません。


本当に幸福になるためには、

意識を拡大し、

自ら制限をかけるような信念を克服し、

私心のない行動をとるか、もしくは

他者への奉仕的な行動をとる必要があります。


そうすることによって、真の、

そして永続する幸福と叡智を手にすることができるのです。


最後に、今日は、いつもにもまして、

感謝の気持ちを持つことを忘れないでください。

感謝の心は、豊かな意識への扉を開いてくれます。

あなたの感謝の気持ちを今日、

特に両親、先生や後輩たち、

皆さんがこの人生の門出を迎えるにあたって、

これまで助けてくれたすべての方々に表してみてください。


皆さんは今、英雄の旅路、英雄の探求へと

旅立つ準備ができたわけです。


皆さんの幸運と成功を心よりお祈りします。


ディーパック・チョプラ


翻訳: 水谷美紀子/渡邊愛子


☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■発行・著作権:

株式会社ボディ・マインド・スピリット

チョプラ博士の公式メールマガジン運営事務局

東京都渋谷区神宮前3-6-8 エルズ神宮前3F
http://www.bodymindspirit.co.jp

■監修:渡邊愛子

■URL: http://www.chopra.jp

■注意事項
・他サイトや、各メディアでの転載等は事前にご連絡ください。
 (ご連絡先:info@bodymindspirit.co.jp)

・このメールマガジンの著作権は、チョプラ博士の公式メールマガジン運営事務局
 株式会社ボディ・マインド・スピリットが有します。

・一部、もしくは全文の無断転載を禁止します。

・チョプラ博士の公式メールマガジン運営事務局では
 チョプラ博士へのご質問は受け付けておりません。ご質問がある方は
 チョプラセンターのWebサイト内"Ask Deepak"のページ
 ( http://www.chopra.com/askdeepakform)から直接お願い致します。


★メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

★バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

☆購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
バックナンバー一覧に戻る