チョプラ博士の公式メールマガジン (バックナンバー閲覧)
----- 株式会社ボディ・マインド・スピリット -----


件名:チョプラ博士の公式メールマガジン 2011年4月
日付:2011/04/08
差出人:チョプラ博士の公式メールマガジン運営事務局 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■ チョプラ博士の公式メールマガジン■ 2011年4月
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ディーパック・チョプラ日本語ウェブサイト運営事務局です。

東日本大震災にて亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

このたび、チョプラ博士から震災後の日本の私たちに向けた
メッセージと共に、メールマガジンを再開させて頂きます。

本メールマガジンは、月に1回ほどお送りするというものでしたが
今年は1月に4回ほど送信し、2月・3月は送信できないということ
もありましたので、今号から不定期・随時の発行とさせて頂き:

 ・チョプラ博士のブログ記事からのピックアップ
 ・チョプラセンターWebサイト"Ask Deepak"のQ&A

をお送りして参ります。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

■MESSAGE: 偉大な国、日本の兄弟姉妹に向けて

■BLOG: リーダーシップの空白状態−それを友人にしましょう

■Ask Deepak:「最小限の努力」と「認める」ということ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■MESSAGE:偉大な国、日本の兄弟姉妹に向けて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本の皆さんがこのような挑戦に直面している今、私はあなたがたの
素晴らしい勇気と威厳に敬意を表したいと思います。

おそらく日本の震災のニュースを見ていた世界中の人達ひとりひとりが
胸のうちではこのように自分自身に語りかけていたと思います:

「これだけの悲劇に直面しながら、こんなに規律と威厳と落ち着きと共に
 行動しているなんて、なんと非凡な、注目すべき人々なのだろう。
 私たちは彼らから、どうあるべきか、どうあることが可能なのかを
 学ぶことができる」

今、世界中各地で大きな苦難を経験している時ではあるけれども
あなたがたが示してくれているお手本は、私たちもまた
同じように振る舞える可能性があると勇気づけてくれます。

あなたがた日本の兄弟姉妹は、このような悲劇の最中においても
自主的な規律と共に、自己回復ができる癒しの場にとどまることが出来る
という行動や実例を通して私たちに見せてくれているのです。

私たち人類は、新しい惑星意識を創造している場、文明の新しい
フェーズに入っていっています。その動きは、健康で、平和で、
社会的正義と持続性があり、全ての人が幸福な世界に向けた
集合的な衝動を指揮しています。

私たちがこの惑星意識の神経ネットワークを接続していくにつれて
悲劇が私たちを一つに結束させてくれると言われていますが、
どんな危機の中にも、機会の種が含まれています。

世界は私たちの集合意識が反映されたものです。私たちはお互いの
考えや感情やウェルビーイングに良い影響を与えることが出来ます。
ですから、この瞬間を、将来振り返った時にそれは偉大な瞬間だった
と思えるものにしましょう:

新しい世界の誕生、それは平和で、公正で、持続可能で、健康で、幸福な
世界です。私たちの意識の深いところで、愛情に満ちた思いやり、慈愛や
喜び、平和を活性化させ、これらの性質に基づいて行動することに
コミットし、私たちの世界が変容していくのを見守りましょう。

親愛なる日本の友へ、私のハートとスピリットは常にあなた方と共にあります。
より高い意識と、癒しと、変容に向けた旅路が平和なものとなりますよう
心よりお祈り申し上げます。

ディーパック・チョプラ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BLOG: リーダーシップの空白状態 − それを友人にしましょう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リーダー・指導者とは生まれつきの資質であって、作られるものではない
と思われています。

指導力の空白状態があるときに人々は緊張します。
無秩序状態が起こる恐れがあるからです。

そのような時には、野心やカリスマ、エゴなどの混じり合った気質を持つ
特別な人のみが、その空白を埋めることが出来ると思われがちです。

しかし、私が「リーダーシップ・ソウル」と呼んでいる内容を教える際には
リーダーは必要な状態に出会ったときに現れるのだという、
全く違った仮定で始めます。

あるグループが、実際に何が必要なのかを知っている人物、
そのグループとは、家族でも、仕事でも、チームでも、政党でもかまいません。

その人物は、困った事態にいる人々よりも、
よりその状況を知っていなければなりません。

人々が自分たちで十分に気づいていれば、リーダーシップの空白状態は
長続きしないでしょう。ひとたび何が必要であるかが分かったら、
リーダーは、要求される役割を果たすための方策を講じなければなりません。

一般的な話をするよりも、私が考えている特別な役割について述べさせて下さい。
その役割は、低いレベルから高いレベルまで整理されています。

必要性の優先度(ヒエラルキー)として広く知られている図式に従っています。
すなわち、高い必要性は、より低い必要性がうまく処理されるまで
満たされないということです。

そのため、一人のリーダーの技量は、どの必要性がまず処理されなければならないか
を知ることであり、次いで、次の必要性が満たされるように、
グループの自覚や認識を高め始めることです。

次に、あなたがリーダーシップの空白状態を引き受ける際に求められる、
七つの重要な役割を挙げます。


T)Protector (保護者)

 あなたの役割は危機管理者です。

 役割モデルとして、あなたは自信と力強さを示します。
 あなたは危機的状況の中心に入り、
 問題の核心を捉えられるまでそこに留まります。

 あなたはその問題が、どのように変化しているかという情報を常に観察します。
 あなたがやり抜くことは、予測不能な可能性を無視することなく、
 問題のあらゆる局面にしっかりと注意を向けていることです。

 その危機が過ぎ去ったとき、あなたのグループ、
 すなわち支持者たちは、脅威から救われた人々を抱きしめ、
 それが彼らに安全という感情をもたらし、
 あらゆる危機的な状況が創り出している緊張やストレスを
 解放することによって祝杯を挙げます。

 保護者の役割は、そのグループが安全であると感じたとき
 に成功したと言えます。


U)Achiever (達成者)

 あなたの役割は、動機を与える人です。

 役割モデルとして、あなたは上首尾に競い合う成功者です。
 
 あなたは単に自分自身のためだけではなく、
 グループ全体に実際的な利益をもたらすよう行動します。

 あなたが求める見返りはサクセスストーリーですが、
 人々が共有したがらない事柄についても気を配ります。
 すなわち、成功への道を邪魔する人々の疑念や障害物などです。
 競争や失敗をものともせずに行動し続けます。

 このようなことは必ず起こりますが、
 あなたは、どのようなチャレンジも叶えられると
 グループが実感できるように勇気づけ続けます。

 最終的に成功が達成された時、あなたは信望と報酬を共有し、
 一人一人の素晴らしい貢献を指摘し、良き日を持てた喜びを
 認めることによって祝杯を挙げます。

 達成者は、失敗者たちが勝利者に変えられた時、
 成功したことになります。


V)Team Builder (チームを作る人)

 あなたの役割は交渉者です。

 役割モデルとして、あなたは対立や派閥の代わりに、
 あなたがサポートするグループに共通の目標を持たせます。

 実際には、えこひいきせず、公平で正しく行動します。
 あなたが求める見返りは意見の一致です。

 意見の不一致は必ず起こりますが、グループに起こりえる亀裂が
 意見の食い違いになる前にあなたが修復できるように、
 その亀裂の可能性に油断無く気を配ります。

 たとえ、それぞれの当事者が、頑固であったり、
 自分たちの立場にしがみついたりしても、
 その違いを仲裁することによってあくまでもやり抜きます。

 あなたがグループを一つにしたとき、
 全員がお互いに楽しめる活動を見出して、
 グループとしての精神的な緊張が取れることによって、
 あなたは祝杯を挙げます。

 折り合いをつけるための最終期限というプレッシャーなしに、
 そのグループに仲間意識を感じさせましょう。

 チームを作る人は、チーム全員がグループに所属する
 一員であると感じるとき、成功したのです。


W)Nurturer (育成する人)

 あなたの役割はカウンセラーです。

 役割モデルとして、あなたは困ったり、必要であったりして
 あなたを尋ねてくる人に、共感と理解を示します。

 あなたは決して批判することなく行動します。
 誰もが困難な時期を過ごしているため、
 あなたの共感はみんなの心に届きます。

 あなたが求める見返りは、人々があなたに耳を傾けてもらい、
 理解されていると感じている兆候です。

 一方では、グループから外れたり、遊離しているらしい人物にも
 同じように注意を向けます。

 あなたを必要としている人々が、引き続きどのように行動しているか
 に注意を払い、真の関係を築くために、あなた自身も参加して
 辛抱強く行動し続けます。

 あなたが他の人の個人的な喜びや治癒に向かう段階を共有できた時、
 祝福は一度に一人ずつ起こります。

 育成する人は、誰もが耳を傾けられている、理解されている
 と感じるとき、成功したのです。


X)Innovator (革新者)

 あなたの役割は、きっかけを作る人です。

 役割モデルとして、あなたは新しい考えを奨励し、
 あなたが未知の世界を楽しんでいることを示すことです。

 事実、未知の世界はあなたを興奮させます。
 あなたは創造力が広がる空間を創り出し、
 見込みのある発見の最初の芽を育てます。

 あなたが求める見返りとは、大発見の何らかの兆候です。
 あなたは、グループを行き詰まりや将来性の無い研究から離して
 前進させ、進歩する兆候にアンテナを張り続けます。

 大発見がなされたとき、あなたはグループとして、
 パイオニアである魅力と驚きの真価を認めることによって、
 祝杯を挙げます。

 革新者は、誰もが創造的であると感じるときに成功したのです。


Y)Transformer (鼓舞する人)

 あなたの役割は、インスピレーションを与える人です。

 役割モデルとして、あなたはより高いレベルの衝動の良い例となり、
 あなたの発言は、あらゆる人に変化を呼びかける内なる声を増幅します。

 あなたは自身が述べる言葉の重要性を確認し、
 より高いレベルの指導に血肉を注ぐことによって行動します。

 あなたが求める見返りは、グループにおける内的変化のなんらかの兆候です。

 グループは、社会全体にまで大きくなることが可能です。
 あなたは、人々が本来のより良い姿を表に出している兆候にも気を配ります。

 仲間たちがどんなに度々逆戻りしたり、気弱さを示しても、
 思いやりを示すことによって発言し続けます。
 あなたがもたらす賞賛には、感謝と賛美という形式が多いでしょう。

 そのグループは、神の幼子として協力させられます。

 鼓舞する人は、誰もが自分たちの人生がさらに意味を持ったと感じたら成功です。


Z)Sage and seer (賢者および先見の明のある人)

 あなたの役割は、純粋な光です。
 あなたは気づきの最高の状態に到達しています。

 役割モデルとして、あなたは聖人のように純粋な魂です。

 神の存在の特質そのもの――愛・真実・平和・深い英知を
 表出することによって行動します。

 あなたが行うことはあまり問題ではなく、
 あなたの存在そのものが重要なのです。
 これは無為の状態と呼ばれます。
 あなたの反応がすべてなのです。

 すなわち賢者は、それぞれの人が、受け入れなければならない
 唯一の道に従っていることを認めています。

 見せ掛けがどんな状態であっても、
 人間の本質を理解することによって行動します。

 あなたは、あらゆるものの源である純粋な存在の場、
 絶対的な存在と一体となることによって祝杯を挙げます。

 他の人々は、あなたの内的な平和と喜びを吸収することによって
 喜びを表わします。

 賢者および先見の明のある人は、失敗を超越していますが、
 他の人々が命の聖なるレベルとつながったと感じるとき、
 最高に成功したのです。


以上は、リーダーシップのヒエラルキーについての
一種のアウトラインに過ぎませんが、すぐに二つの問題が明らかになります。

最初の問題は、満たされる空白状態は一つではなく、七つ全て、すなわち
安全、達成、チームの調和、育成すること、革新、インスピレーション、
そしてより高度な目的です。それぞれのグループが、自分たちのやり方で
満たされるべき、異なった必要性を持っています。

第二の問題は、どのような必要性が欠如しているかを見分け、
認識することです。

最高のリーダーとは、七つの必要性すべてを熟考することが出来ます。

最高のリーダーの秘訣とは、あらゆるレベルを、役割モデルをもって
観察する、すぐれた能力です。

もしあなたが自分のグループの必要性に合わせて行動するならば、
あなたはリーダーシップの空白状態というストレスを感じる必要はありません。

何故なら、リーダーシップの空白状態があなたの可能性を引き出し、
一たびその空白状態が始まったら、偉大さへと向かう道が
開き始めるようになるため、実際にリーダーシップの空白状態が
あなたの友人になるのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Ask Deepak:「最小限の努力」と「認める」ということ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.今私が最も一生懸命に取り組んでいるスピリチュアルな法則とは
 「最小限の努力」ということです。

  私にとっての問題とは、他の人が自分自身の興味のために、
  自分勝手なことをしている場面を見て、
  それをそのまま受け入れるのが耐え難いことです。

  誰かが、他の人に危害を加えようとしている時も同じです。
  そのような時、私はこのような状況を
  どのように受け入れられるのでしょうか。

  私の本能が、それに対して一言言いたくなるか、
  危害を加えることを止めようと行動したくなります。

  もし私がこの法則を間違って理解しているのでなければ、
  私の心の中では、この法則に満足していません。


A.「最小限の努力」という法則は、
  自然が完全な安らぎと調和を持って宇宙を体系づけ、
  創造するために使っているのと同じ知性、無限の知性を、
  私たちの内部にも見出すことなのです。

  私たちが、そのレベルから考え、願い、行動することを学べば、
  私たちの生活は、円滑に楽々と機能します。

  あるがままの状態を受け入れるという論点は、また別の事柄です。

  もしあなたが、誰かが他の人に危害を加えようとしている状況を
  目にするのは、別に問題ではなく、
  次にどのように適切な行動を取るかが問題です。

  その状況を受け入れることとは、最早あなたがその状況の一部であり、
  あなたには、ご自分の性質に従って取る適切な反応が
  常に存在することを認めることなのです。

  もしあなたが、誰かが他人に危害を加えるのを目にし、
  それに対して、あなたが何か出来るのにしなかった場合、
  それは、その状況に対して、責任のある行動でも反応でもありません。


  愛をこめて ディーパック

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■発行・著作権:

株式会社ボディ・マインド・スピリット

チョプラ博士の公式メールマガジン運営事務局

東京都渋谷区神宮前3-6-8 エルズ神宮前3F
http://www.bodymindspirit.co.jp

■監修:渡邊愛子

■URL: http://www.chopra.jp

■注意事項
・他サイトや、各メディアでの転載等は事前にご連絡ください。
 (ご連絡先:info@bodymindspirit.co.jp)

・このメールマガジンの著作権は、チョプラ博士の公式メールマガジン運営事務局
 株式会社ボディ・マインド・スピリットが有します。

・一部、もしくは全文の無断転載を禁止します。

・チョプラ博士の公式メールマガジン運営事務局では
 チョプラ博士へのご質問は受け付けておりません。ご質問がある方は
 チョプラセンターのWebサイト内"Ask Deepak"のページ
 ( http://www.chopra.com/askdeepakform)から直接お願い致します。


★メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

★バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

☆購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
バックナンバー一覧に戻る