チョプラ博士の公式メールマガジン (バックナンバー閲覧)
----- 株式会社ボディ・マインド・スピリット -----


件名:チョプラ博士の公式メールマガジン 2011年7月 パート2
日付:2011/07/18
差出人:チョプラ博士の公式メールマガジン運営事務局 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■ チョプラ博士の公式メールマガジン■ 2011年7月 パート2
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ディーパック・チョプラ日本語ウェブサイト運営事務局です。
本メールマガジンは、不定期の発行で:

 ・チョプラ博士のブログ記事からのピックアップ
 ・チョプラセンターWebサイト"Ask Deepak"のQ&A
等をお送りしております。

今回はピックアップしたブログ記事が3部作だったため
ひと月のうちに3回お送り致します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

■UPDATE:瞑想ドットコム:チョプラ博士の「観察の瞑想」

■BLOG: 男性はどうすれば女性に対して賢明になれるのか (Part 2)

■Ask Deepak: 朝の目覚め

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■UPDATE:瞑想ドットコム:チョプラ博士の「観察の瞑想」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先月中旬に公開の「瞑想ドットコム」www.e-meisou.com で
紹介されている4種類の瞑想のうち、2つめの「観察の瞑想」は

チョプラ博士が今年の1月にアメリカの人気テレビ番組
「Dr.Oz Show」(心臓外科医オズ博士が医療や健康管理を啓蒙する米FOX系列番組)
に出演した際に、番組のウェブサイト用に特別収録・公開されたものです。

チョプラ博士の誘導瞑想をそのまま映像でご覧になることもできますし、
(映像の日本語訳PDFファイル付き)、日本語で収録した
瞑想実践用音声ガイドも視聴・ダウンロード可能になっています。

http://www.e-meisou.com/howto.html

どうぞお試し下さいませ!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■BLOG:男性はどうすれば女性に対して賢明になれるのか (Part 2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

男性と女性との関係は、単に日常生活だけでなく、社会全体の
幸福にとっても大切だということは、誰しもが認めることでしょう。

私は前回の記事で、異性間で起こる問題のきっかけを列挙しました。

そして、実験データとしてはほとんど全く認められていない、
遺伝子や脳の活動について異性間の違いを特定しようとする
科学的な流行に焦点を合わせました。

私たちという存在を作り出しているほとんどが、無意識に行なう
習慣的な行動によって決定されると、専門的に信じこまされています。

しかしこのような決定論的な考えは、非常に良くない考え方です。

それは私たちから自由な選択を奪うばかりでなく、重要なことは
このような考えが原因で「既に決定しているもの」として、男性は
女性と非常に異なっているという確信へと導かれてしまっていることです。

ポップカルチャーで知られている『男性は火星から、女性は金星から』(本の題名)
生まれた存在であるという考えは、有害なものではなく、有益でさえありました。

男性・女性が、それぞれ人生をどのように見ているかを
考え始める参考になったからです。

すなわち男性は、女性が自分たちの感情を表現したがっていることを
知る必要がありました。

一方女性は、何についての感情だったかよりも、問題をすぐに
うまく処理したいという男性の強い願望に耐える必要がありました。

それでも私は、その有益な面は最初のうちだけで、その後
大して前進も進歩もしていないことに気づいています。

「彼らは、自分たちとは違う考え方をしている」という観念が、
一種の主要な偏見になってしまっています。

私を悩ませているのは、男女の真の目標が損なわれていることです。

真の目標とは、一人の男性と一人の女性を、単に
「結びついた二人の人間」という以上のつながりにすることなのです。

女性らしさの面について言えば「育てる愛」「インスピレーション」
「美」「エロティシズム」「直感力」という、時を超越した価値は
女性の心理的、いや、魂の特性とさえいえる側面としてだけではなく
男性がこの地上で女性から学ぶ課題としても存在しているのです。

残念ながら、今日の女性のロールモデルは、男性社会で男性と対等に
競争するための法的な権限を与えることに焦点を合わせています。

私たちは、最も深遠なスピリチュアルな意味における「女性性」を
放棄しようとしているようです。

しかし時を超越した価値は、長い間、避けることも隠すことも出来ません。
それらの価値は、再び現れ、発展する道を見出すでしょう。

女性に服従を要求する古い役割に戻そうとするのは、現実味がありません。
平等であることは理想ですが、女性のスピリチュアルな面(時に女性原理
として知られ、インドでは、シバ神の妻にちなんでシャクティと呼ばれる)
が十分に開花している平等です。

シャクティは全ての人の人生に現れます。それは抽象的な可能性を
生命のある現実に変える力なのです。

私たちが自分の母親に対して特別に強い愛情を抱く理由は、母親が
「育てる愛」というシャクティの部分を具体化しているからなのです。

女性の裸体が、数世紀もの間、芸術を支配している理由は、
女体が「美」と「エロティシズム」を体現しているからです。

これは演説や、詩的な賛美さえも必要ではありません。
その代わり、男性は女性に対してもっと賢明になる必要があります。

そうして初めて、女性は自分たちを高く評価できるのです。

両性のスピリチュアルな最終目標は、シバ神とシャクティを混ぜ合わせ、
男性性と女性性のあらゆる性質を生み出す可能性を秘めた
真のセルフを発見することです。

ではどういう男性が、女性について賢明になっているのでしょうか。

* ただオルガスムに到達するためだけでなく、
  愛することを大切にする人物

* 単に稼ぎ手として人の面倒を見るだけでなく、
  相手の価値を認めることを学んだ人物

* 男性的な力強さを、自慢の種や、支配・攻撃性を示すために
  見せびらかすのではなく、内に秘めておく人物

* 直感に基づいた決定をする人物

* 理性は感情によってさらに強くなることはあっても、
  弱くなるわけではないことを良く理解している人物

両性間で必要な変化を始めるのに最も役立つのは、最後の項目だと思います。

「感情は、男性には関係ない」というのがありふれた社会通念になっています。
男らしさについてのこの狭い考え方は、第一に根拠がありません。

最も崇敬された仏陀、キリストからアブラハム・リンカーンやガンジー
にいたるまでのスピリチュアルな人物たちは、全員、慈悲や人類愛のような
思いやりや優しい感情に特徴づけられる、強力に女性的な面を持っていました。

私たちの最近のリーダーが、無鉄砲に戦争を行ったり、彼らが引き起こした
大災害の結果イラクで数万人も殺されたり、今でもアフガニスタンで増え続けている
死者という罪のない犠牲者に同情を示さないというのは、
本当に驚くべきことではありませんか。

毅然たる勇気と、降伏を完全に拒否する見本であったチャーチルでさえ、
第二次世界大戦でのロンドン大空襲の惨状を目にしたとき、
一般人の中で、公然と泣き、涙を隠さなかったと言われています。

社会環境が変え難いことは分かっています。

私たちが受け入れている性的なステレオタイプは、
仲間のプレッシャーが支配的な力となって創り出されました。

それを超えて発展するには、自己の気づきが必要です。

一人の男性として、あなたが女性性の重要な価値を認識するときにのみ、
あなたは自分の人間関係や自分自身の中に女性性を目覚めさせることが出来ます。

普通の男性が、自分の妻やパートナーを自分のスピリチュアルな先生
として見なすことは、自分を卑下していると思うでしょう。

しかし、本当の関係においては、お互いに先生なのです。

次回の記事で、このことが、日常生活において、どのように機能するかについて
さらに詳しく話したいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Ask Deepak: 朝の目覚め
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.最近、私は自分の人生を変え始めました。

  毎日瞑想をし、ヨガをし、健康な食事を心がけています。

  日常生活を変えることによって、すでにたくさんの良いことを手にしています。
  私は、ますますエネルギーを手にし、ストレスが減り、全般的には以前より幸せです。

  しかし唯一乗り越えられない問題があります。
  それは朝なかなか起きられないことです。

  これまで私は、起き上がれないのは単に疲れ過ぎているためだと考えていました。
  しかし、私は以前のように疲れていないにもかかわらず、未だに起きられません。

  定刻に起き上がれないことは、私の日常生活や瞑想の実施の妨げになっています。
  どうか助けてください。


A.もし夜十分に睡眠をとり、それでも十分早く起床できないとしたら、
  それは多分変える必要のあるあなたの古い習慣や考え方のせいです。

  夜ベッドに行く前に、朝起きようと思う時間を自分自身に言いなさい。
  耳障りな目覚まし時計はお勧めしません。

  そして、もし起床したい時間に鳴る心地良い音楽をセットすれば、
  うまく行くと思います。

  私自身は、マントラや祈りを始める目覚まし時計を使っています。

  理想的には、起きようという意志が、時計が音楽を奏でる前に
  あなたを起こすでしょう。

  起き上がって歯を磨き、シャワーを浴びなさい。もしご希望なら
  シャワーをやさしいマッサージ付きのものにすることも出来ます。

  その後、新鮮なレモンを入れた一杯の温かい水を飲みます。
  そうしたら、あなたは朝の瞑想が始められます。

  一ヶ月間かけて一旦この朝の日課を確立すれば、あなたの朝のリズムが整い、
  その結果、ベッドから出て、全てがまだ新鮮で静寂なうちに
  一日を迎えられるのが楽しみになるでしょう。

  愛をこめて ディーパック

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■発行・著作権:

株式会社ボディ・マインド・スピリット

チョプラ博士の公式メールマガジン運営事務局

東京都渋谷区神宮前3-6-8 エルズ神宮前3F
http://www.bodymindspirit.co.jp

■監修:渡邊愛子

■URL: http://www.chopra.jp

■注意事項
・他サイトや、各メディアでの転載等は事前にご連絡ください。
 (ご連絡先:info@bodymindspirit.co.jp)

・このメールマガジンの著作権は、チョプラ博士の公式メールマガジン運営事務局
 株式会社ボディ・マインド・スピリットが有します。

・一部、もしくは全文の無断転載を禁止します。

・チョプラ博士の公式メールマガジン運営事務局では
 チョプラ博士へのご質問は受け付けておりません。ご質問がある方は
 チョプラセンターのWebサイト内"Ask Deepak"のページ
 ( http://www.chopra.com/askdeepakform)から直接お願い致します。


★メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

★バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

☆購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
バックナンバー一覧に戻る