目からウロコの指つぼマジック (バックナンバー)
----- 一般社団法人アジアン・ハンドセラピー協会 -----



件名:皆様 指つぼマジック Vol.45 お届けします。
日付:2013/10/24
差出人:一般社団法人アジアン・ハンドセラピー協会 

■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□

――目からウロコの指つぼマジック―― 

 Vol.45  「花粉症 2」

自分の手を刺激するだけのドゥワセラピー  

アジアンハンドセラピー協会

■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□

つらくなったら、すぐに・その場で・誰にでも出来る。

マジック・ポイントをペン先でチャチャっと押すだけ 

体も心も痛みがすっと楽に。

あなたも簡単にセルフケア。指つぼマジック、Let’s try!

------------------------------------------------------
こんにちは アジアンハンドセラピー協会 

鍼灸師のKENJIRO です。

今回は花粉症(2)をお届けします。

現在、一説によると
日本人の実に1/4が花粉症だと言われています。

花粉症とは、スギやヒノキ、イネ、ブタクサなどの
花粉が原因で、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ、
などの症状を引き起こす病気で、
アレルギー性鼻炎の一種です。

喉や皮膚までかゆくなる人もいるようです。

中国語では「アレルギー」のことを
「過敏(反応)」、「花粉症」のことを
「花粉過敏症」と言います。

漢字で書くと意味は一目瞭然ですね。

つまり花粉症とは、花粉に対する、
免疫機能の過敏な反応によって
引き起こされる病気、ということです。


では、免疫機能とは? 

これは「疫を免れる機能」、
つまり、病気にかからないようにする機能です。

これを説明しだすと非常に難しく長くなりますので
簡単に解説します。


自分自身の体にとって健全でないものが
体内に侵入したり、体内で発生すると、
それを見分けて取り除こうとする防衛機能です。

しかし、なんらかの原因でこの免疫機能が
過敏に反応して、その結果自分自身の体を
攻撃したり、害を及ぼしてしまうのです。

本来なら体を守るための機能なのに、
厄介なことです。

------------------------------------------------------

難しい話はこれくらいにして、花粉症のMPを紹介します。


前回は、花粉症の症状に対する、対症療法でした。

今回は、花粉症などアレルギー体質の改善を目指す、
いわば本治療法のご紹介です。


免疫力をアップして体質改善を目指すものですので
長期戦になります。

すぐに変化や反応が出ることはないので
分かりづらいですが、根気よく続けていると、
来年のこの時期、
花粉症の症状が軽くなっていることでしょう。


こちらでMPの場所が分かる手の画像をご覧ください。

http://www.shinkyu.com/hand/arergy.html


手のひらと手の甲にたくさんMPがあります。

小指と薬の爪の付け根にもありますので、お忘れなく。

それぞれのMP10〜20秒程度刺激してください。
できれば毎日2,3回してください。


今回はこれでおしまいです。
読んでいただきありがとうございました。


次回は、指の痛み「ヘバーデン結節」をお送りします。



■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■

目からウロコの指つぼマジック

発行者:一般社団法人アジアン・ハンドセラピー協会
http://www.asian-hand.jp/index.htm

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

Copyright(C) 2011 AHTA. All rights reserved.
■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■