目からウロコの指つぼマジック (バックナンバー)
----- 一般社団法人アジアン・ハンドセラピー協会 -----



件名:皆様 指つぼマジック Vol.46 お届けします。
日付:2013/10/31
差出人:一般社団法人アジアン・ハンドセラピー協会 

■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□

――目からウロコの指つぼマジック―― 

 Vol.46  「ヘバーデン結節」

自分の手を刺激するだけのドゥワセラピー  

アジアンハンドセラピー協会

■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□

つらくなったら、すぐに・その場で・誰にでも出来る。

マジック・ポイントをペン先でチャチャっと押すだけ 

体も心も痛みがすっと楽に。

あなたも簡単にセルフケア。

指つぼマジック、Let’s try!

------------------------------------------------------
こんにちは アジアンハンドセラピー協会 

鍼灸師のKENJIRO です。

今回は、指の痛み
「ヘバーデン結節」をお送りします。

中高年の女性で、指の関節がボコボコでっぱってきて、
しかもとても痛い。
ひょっとしてリウマチ?
などと思っている人も多いかと思います。


確かに指が変形して痛いとなると、
ついついリウマチを連想しがちです。

しかし、関節リウマチは左右対称に
変形が出ますし、
他の関節にも発症することが多いです。

あと、リウマチはどの年齢からでも発症しますが、
多くは30〜40代からです。

心配な方は病院で血液検査をすると分かります。

あるいは、アメリカリウマチ学会の
診断基準(1987)を参考にされると良いです。

1.朝のこわばり(1時間以上持続)
2.3か所以上の関節炎
3.手の関節炎
4.対称性関節炎
5.リウマトイド結節
6.血清リウマトイド因子
7.X線写真上の変化

このうち1〜4の症状は6週間以上持続するのが条件です。

病院では、上記の7項目のうち、
4項目以上あるとリウマチと診断を下します。

整形外科などで検査してリウマチではない、と分かったとします。

その場合、大部分はヘバーデン結節という
病名を告げられると思います。

指の第1関節(指先側)が変形し
曲がってしまう原因不明の病気です。

爪の下の関節の角に2つのコブ(結節)が
できるのが特徴です。

報告者の名にちなんで
ヘバーデン結節と呼ばれています。

いろいろな程度の変形があります。
ちなみに第2関節の場合はブシャール結節といいます。

症状は、人さし指から小指にかけて
第1関節が赤く腫れたり曲がったりして、
痛みを伴うこともあります。

親指もたまにあります。

第1関節の動きが悪くなり、
痛みのために強く握られなくなります。

第1関節の近くに水ぶくれのような
透きとおったでっぱりができることがあります。

原因は不明です。

40代以降の女性に多く発生します。

手を良く使う人はなりやすい傾向です。

遺伝性は証明されていませんが、
お母さんやおばあちゃんがヘバーデン結節の人は
体質が似ていますので、
指先に負担をかけないよう心がけてください。

もし病院で保存治療を勧められたら、
我らがドゥワセラピーの出番です!

指の痛みの症状を取るMP(マジックポイント)を紹介します。

こちらでMPの場所が分かる手の画像をご覧ください。

http://www.shinkyu.com/hand/hebaden.html

薬指の爪の付け根の生え際です。
人さし指が痛い人は人さし指寄り、
小指の痛い人は小指寄りを探すと見つかりやすいです。

たとえば右手の指が痛い場合、
マジックポイントは右手の薬指をメイン、
補助的に左手の人さし指も刺激してください。


今回のMPの場所は痛い場所と近いので、
慎重に刺激してくださいね。

うまくMPを探し当てて刺激できると、
あらら不思議痛みがやわらいできます。

いちどお試しください。

MPを刺激したあとは、
テーピングをして指先に過度な負担がかからないようにすると、
さらに痛みが出にくくなります。

今回はこれでおしまいです。

読んでいただきありがとうございました。

次回は足首の痛みをお送りします。




■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■

目からウロコの指つぼマジック

発行者:一般社団法人アジアン・ハンドセラピー協会
http://www.asian-hand.jp/index.htm

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

Copyright(C) 2011 AHTA. All rights reserved.
■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■