目からウロコの指つぼマジック (バックナンバー)
----- 一般社団法人アジアン・ハンドセラピー協会 -----



件名:皆様 指つぼマジック Vol.47 お届けします。
日付:2013/11/07
差出人:一般社団法人アジアン・ハンドセラピー協会 

■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□

――目からウロコの指つぼマジック―― 

 Vol.47 「足首のいたみ・ねんざ」

自分の手を刺激するだけのドゥワセラピー

アジアンハンドセラピー協会

■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□

つらくなったら、すぐに・その場で・
誰にでも出来る。

マジック・ポイントをペン先で
チャチャっと押すだけ

体も心も痛みがすっと楽に。

あなたも簡単にセルフケア。指つぼマジック、
Let’s try!

------------------------------------------------------
こんにちは アジアンハンドセラピー協会 
鍼灸師のKENJIROです。

今回は、足首の痛み(捻挫)をお送りします。


私の趣味はトレッキングとジョギングです。

私は近年のブームになる前からやってますが、
本当に楽しむ人が急増しています。

最近は「山ガール」なんて言葉もあるように、
若い女性の間でトレッキングがブームに。

そして若い女性に流行ると、
もれなく男性もついていく(笑)ので、
結構な人が山歩きを楽しんでいます。


山歩きは、整備された登山道を
歩くのであれば特別な技術が必要ないので、
老若男女誰でも楽しめるスポーツです。

ですが、履き慣れていない
トレッキングシューズを履き、
整備されているとはいえ歩き慣れない登山道、

特に下り道を歩くと、
足首をひねることがよくあります。

いわゆる足首の捻挫です。
そして多くの場合いつも同じ側の足首を捻挫します。

この原因は歩き方にあります。

そして問題ある歩き方をする原因には、
下半身の筋力や柔軟性の左右バランスに
問題があるのです。

歩く時、片足で立つ瞬間があります。
その時に体が傾かないために
最も重要な筋肉はお尻にある中臀筋(ちゅうでんきん)です。

この筋力が弱いとつまずきやすくなります。

また、股関節の筋力や柔軟性に
左右差がある人は、
足を伸ばして地面に座ってみると、
足先のどちらかが大きく外に倒れます。

そして左右の足の長さが違います。
こういう人も足裏が適切に地面に着地できず、
バランスをくずして捻挫してしまいます。

外反母趾の方も内側が
痛くて外に重心が傾くのでバランスを崩しやすいです。

それから、歩くときに足先が
ピンとあがっていない人も
ちょっとしたでっぱりに足をひっかけてしまいます。

これは脛の外側にある前脛骨筋をうまく使えていません。
ですので、同じ側の足首を捻挫する人は
バランスよく鍛えて歩くように心がけてください。

------------------------------------------------------

足首を捻挫してしまった時は、応急処置としてRICEを行います。

R(Rest 安静)
I(Ice 冷却)
C(Compression 圧迫)
E(Elevation 挙上)  

そして、その後は我らがドゥワセラピーの出番です!

足首の痛みを取るMP(マジックポイント)を紹介します。

こちらでMPの場所が分かる手の画像をご覧ください。
http://www.shinkyu.com/hand/nenza.html

小指の先が足首のMPです。
そして股関節の動きを良くするために、
股関節のMPである小指の付け根も刺激してください。

さらに、小指の関節のすべてをしっかり曲げ伸ばししたり、
ドアノブをまわすようにひねってみてください。

これで足首の痛みがひくのが格段に早くなるだけでなく、
股関節の動きもよくなり捻挫しにくくなりますよ!

今回はこれでおしまいです。

KENJIRO が4回にわたって連載させていただきました。

次回からは モンちゃんが担当です。
1回目は「膀胱炎」お楽しみに。




■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■

目からウロコの指つぼマジック

発行者:一般社団法人アジアン・ハンドセラピー協会
http://www.asian-hand.jp/index.htm

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

Copyright(C) 2011 AHTA. All rights reserved.
■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■