目からウロコの指つぼマジック (バックナンバー)
----- 一般社団法人アジアン・ハンドセラピー協会 -----



件名:皆様 指つぼマジック Vol.5 お届けします。
日付:2012/12/03
差出人:一般社団法人アジアン・ハンドセラピー協会 

■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□

 ――目からウロコの指つぼマジックVol.5―― 

   
自分の手を刺激するだけのドゥワセラピー  

アジアンハンドセラピー協会

■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□

つらくなったら、すぐに・その場で・誰にでも出来る。
マジック・ポイントをペン先でチャチャっと押すだけ 
体も心も痛みがすっと楽に。
あなたも簡単にセルフケア。指つぼマジック、Let’s try!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは アジアンハンドセラピー協会、
薬剤師のケイトーです。

ここでちょっと自己紹介を。

私ケイトーは大阪市西中島で
「まこと薬局」と言う小さな薬局をやっております。

毎日何らかの健康に不都合を持った方たちと
接している中で、
薬局は薬局でも、健康を売る薬局から、
健康を得る薬局になろう!!と思い、
いつしか誘われて
ハンドセラピーの世界にやって参りました。


我らが師匠松岡先生に感謝します。

ケイトーの名前の由来は、
私に中医学の世界の素晴らしさを教えてくれた
系統中医学講座にちなみ名づけました。


今回から4回シリーズで、
体の痛みをとる方法(^O^)/をご紹介致します。

つゆどき多い関節の痛み 
手指を押して治してみよう。

耳ツボ・足裏のツボは良く知られていますが、
手のツボも体の痛みが楽になります。

自分で簡単に見つけられますので
是非チャレンジしてみてください


パート1. 膝の痛み
パート2. 腰痛
パート3. 肩の痛み(五十肩を含む)
パート4. 首の痛み・背中の痛み

-----------------------------------------------------

パート1. 膝の痛みを指ツボ
『ドゥワセラピー』で楽にしてみましょう!(^−^)


●まず痛い方の足と同じ側の手の小指の指先から
2番目の関節周囲をグルリと
ボールペンの先
(お箸の先やつまようじの頭でもかまいません)
で押してみてください。
   
押す場所を上下に少しずつずらせながら
細かくチェックします。


●他の場所とは違う痛みを感じる部分が
見つかればそこがツボ『マジックポイント』です。


10秒位押し続けては放し、
また押してをくり返してください。
(あまり痛む場合は指先でマッサージしてもOKです)  


●いつの間にか痛みが和らぐはずです。
これが目からウロコの指つぼマジック!!!
『ドゥワセラピー』です。


●さっそくレッツトライ!!

●ひと目でわかる『マジックポイント』の画像はこちら。

(マジックポイントの多発場所を赤いドットで示しています)
http://www.shinkyu.com/hand/hiza.html
(画像を保存してください)

注)同じ症状が続いている方は、
先に病院で検査をしてから試してください。
又、手の皮膚はとても丈夫ですが、
強く押しすぎると傷つける可能性もあります。
各々の判断で行ってください。

-----------------------------------------------------

《ワンポイントアドバイス》
つゆどき関節の痛みがひどくなるのは、
体の中にもお水があふれている場合が多いのです。
脱水症状を気にするあまり、
のども渇かないのに無理して水分取りすぎていませんか?


ポイントは体の声を聞くと言う事!

あなたの体は「のどが渇いたから水分を入れてヨー」
って言っていますか?

のどが渇いた時が飲み時です!!!


《お水のさばきを良くする食品》

黒豆・小豆・ハトムギ・きゅうり・えんどう・冬瓜・なす・白菜

-----------------------------------------------------

---次回は腰痛のツボです。----




■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■

目からウロコの指つぼマジック

発行者:一般社団法人アジアン・ハンドセラピー協会
http://www.asian-hand.jp/index.htm

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

Copyright(C) 2011 AHTA. All rights reserved.
■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■