目からウロコの指つぼマジック (バックナンバー)
----- 一般社団法人アジアン・ハンドセラピー協会 -----



件名:皆様 指つぼマジック Vol.64 「足の痺れ」をお届けします。
日付:2014/04/23
差出人:一般社団法人アジアン・ハンドセラピー協会 

■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□

――目からウロコの指つぼマジック――

 Vol.64  「足の痺れ」

自分の手を刺激するだけのドゥワセラピー

アジアンハンドセラピー協会

■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□■■■□

つらくなったら、すぐに・その場で・誰にでも出来る。
マジック・ポイントをペン先でチャチャっと押すだけ
体も心も痛みがすっと楽に。
あなたも簡単にセルフケア。指つぼマジック、
Let’s try!

------------------------------------------------------

こんにちは!アジアンハンドセラピー協会の
ハッピー・ロータスです。


今回から、指ツボ『ドゥワセラピー』を学びながら、
身近の人々が辛い時に試してみて、その効果に驚き、
印象に残った体験談を4回お届けします。

今日は足の痺れの体験談です。

------------------------------------------------------

3年前の事です。
あるお母さんたちの食事会で 
指ツボの事が話題に出て、
食事を注文して待っている間、
一人のお母さんが立ち仕事をしていて、
右足の内側線上に痺れがあり
辛いと相談を受けました。

爪楊枝の頭でマジックポイントを探して見つけ、
毎日押すように教えました。

http://www.shinkyu.com/hand/asiutigawa.html

2,3ヵ月経って、そのお母さんに会った時に訊いたら、
「毎日押して1週間ぐらいで痺れがなくなった。」
という返事でした。


数年の痺れが 毎日押して1週間ぐらいで治るんだ!
と感心したことが記憶に残っています。

このケースはとてもうまくいったケースですが、
もっと長くかかるケースもあると思います。
毎日1分〜5分くらい押して、続けるのが大事です。


------------------------------------------------------

「日本語をどう習ったの?」と訊かれることがあります。
なが〜い話になりますので、数回に分けて、
日本語学習の話をします。

日本語学習(1)

昔、中国で大学1年生の時、外国語科目は英語でしたが、
地元ラジオ局で日本語講座が始まり、
初めの第1課を聞いてみたら、
女性講師の声がとっても綺麗で、
教える内容も簡単で分かりやすかったです。

例えば、第1課で「あ、い、う、え、お」の
発音と形を習って、
「あい(愛)、いえ(家)、うえ(上)、
え(絵)、あおい(青い)、おおい(多い)、いいえ、…」

など「あいうえお」だけの単語を習いました。

第2課で「か、き、く、け、こ」を習って、

「あかい(赤い)、あき(秋)、くうき(空気)、
いけ(池)、こい(鯉)、…」

などあ行とか行だけの単語を習いました。

毎晩講座を聞いてから寝ましたが、目を閉じって、
目の前に教科書のページを浮かべて、
習った単語を順番に確認しました。

講座は2日間同じ内容でしたので、
復習もでき、習った単語は全部しっかり覚えました。

これを1年間続け、単語量も増え、会話も覚えました。

続きは また来週。




■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■

目からウロコの指つぼマジック

発行者:一般社団法人アジアン・ハンドセラピー協会
http://www.asian-hand.jp/index.htm

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

Copyright(C) 2011 AHTA. All rights reserved.
■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■