エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、蹴ってます?
日付:2013/12/29
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 

来年の心で触れるボディワーク本格コースは

レベル1 
2014年3月17日(月)ー22日(土)6日間の合宿です。

現在、お申し込み受付中です。
早期申し込み締め切りが来年1月17日(金)になっています!

心で触れるボディワークを身につけて
「ゆったりセラピスト」として私と一緒に活動してもらえませんか?

詳しくは


http://mmct.jcity.com/?ct=68F22100F17F0F0

==

東京校のフェイス・ヒーリングベーシック講習
(このスタイルで行うのはこれが最後になります)

前回のメルマガでお申し込みいただき、
定員いっぱいになってしまいましたが、
枠を広げて、あと若干名お受けすることにしました。

迷っている方、お早めにどうぞ。

2014年1月18日(土)、19日(日)+2月15日(土) 各日12:00−18:00

詳細、お申し込みは


http://mmct.jcity.com/?ct=102F22100F17F0F0


。*。。*。。*。*。。*。




皆さん、おはようございます。


ゆったりセラピスト、鎌田 麻莉です。


今年ももう終わりですね。

私にとっては、実りの多い一年だったと感じています。

皆さんにとっては今年はどんな一年だったでしょうか?


去年のちょうどいまごろ、DVDとテキストの販売キャンペーンを

やっていました。ご購入いただいた方々、ありがとうございました。

お役に立っているでしょうか?

え、そんなのあったの、まだ売ってるのという方、詳細ページはこちらです。



http://mmct.jcity.com/?ct=119F22100F17F0F0


ご購入いただいた方にはもれなく、心で触れるボディワークの会の

賛助会員に登録させていただいていました。

心で触れるボディワークの会は、来年、

今度設立した、一般社団法人ゆったりセラピー協会に統合させていただきます。

準備ができましたら、ここ触れ会のみなさんに移行のご案内を

差し上げる予定です。1月の半ば過ぎになると思います。

会員のみなさんには、会員限定サイトをご用意しており、

そこで、動画セミナーを中心としたサービスを計画しています。

地方に住んでいて、なかなか思うように勉強ができないという方にも

そうした動画セミナーでボディワークを十分に学んでいただけるよう

工夫を重ねておりますので、どうぞご期待くださいね。



さて、DVD販売したことがきっかけで、

そのフォローの意味あいも込めて、施術について

いままであまり積極的に云ってこなかったことを

このメルマガを通して書く、

ということに私はトライしたのでありました。


ちょっと、マニアックすぎる内容ではないか、

とも思いましたが、意外と他分野の方にも読んでいただいているようで

励みになります。ありがとうございます。


ま、結局私が普段、考えていることって施術のことが多いってことですねー

あと、教えているので、どうしたら、受講生のみんなに、

またスタッフのみんなに、このアプローチをよりよく理解して実践してもらえるだろう、

ということに日々にちにち、頭を悩ませ、びっくりしたり、ときにはがっかりしたり

したりしているということであります。


この一年は、寄りかかりに始まり、寄りかかりに終わる、

と云った感があります。エサレンアアプローチがロングストロークに始まり、

ロングストロークに終わるかのごとくです。


あんまりね、口うるさく云ってもね、という気持ちもあり、

それにエサレン講師の教えるスタイルは概して

「自由」

ということが大切なメッセージだったと思うので、

私もそれを踏襲しなければ、と暗に思っていました。

「自由」

これはとても重要なメッセージです。


でも、今回、ゆったりセラピー という形で

心で触れるボディワークも包括する概念をまとめた、ということですが、

協会としては、明確な基準を設けてみんなでそれを遵守していく方向が

よいと考えています。

「遵守」には、大きく2つの分野があると思うのですが、

最低限実施すべき技術(探求すべき身体感覚) と 

セラピストとして守るべき倫理 です。

みんなでそれを十分理解して踏襲し、

「触れること」「触れられること」の豊かさを伝えていく、

深くて強い絆で結ばれたセラピスト集団をつくりたいのです。

そして、セラピストを指導するインストラクターを養成したい。

我こそは、と是非 皆さんに参画していただきたいです。


受け手のからだに「返し」が生まれるような十分な「寄りかかり」が必要、

その「返し」にどれだけ寄り添えるかが、ゆったりセラピーの真髄なのだ、

ということは、これからも繰り返しお伝えしていくことになると思いますが、

その「寄りかかり」の身体感覚を正しく感覚してもらうための

触れ手のからだの使い方のいくつかのチェックポイントをこの一年、

メルマガで述べてきました。

覚えていますか?


一つは、上腕の内旋のくせの問題がありました。

これは胸筋の開きにも関係します。

また、十分な背筋力についても何度か述べました。

これは、自身のからだの中心軸を保てるか、という問題です。

インナーマッスルが使えているか、ともいえるでしょう。


今年最後として、これに「蹴り」を加えておきましょう。

寄りかかりの最後の仕上げは、後ろ足の蹴りが使えているか

ということにかかります。


受け手のからだの返りの方向に合わせた腕の押しの方向と、

体軸の方向、そしてこの蹴りの方向、

3つのベクトルがかちっとあったとき、寄りかかりが完成します。

その感覚は、地球に自分のからだをがっちり支えてもらっている、

といった感覚で、力強さと喜びと充実感が触れ手のからだに

訪れます。

このとき、自ずと受け手の深部にタッチが到達するんですね。


あとは、ゆっくりと静かに受け手の「返り」「戻り」に

触れ手は自分自身を寄り添わせていくだけです。


実のところ、蹴りが最後に入らないと、十分に寄りかかれません。

多くの受講生が、見ていると、この蹴りを入れるには、不可能な狭い足幅で

施術に取り組んでいます。ようするに棒立ちになっていることが

多いです。これは腰を痛めますし、どんなに腕や肩に力を込めても

受け手に十分な圧を感じてもらうことはできません。


「自分が」「自分が」とやるんではなくて、地球にいかに仕事をしてもらうか、

それが寄りかかりです。

それの最後のチェックポイントが、「蹴り」だというわけです。



この新年は午年だそうですね。

是非、この「蹴り」を入れて施術の質をぐーんとアップさせ、

飛躍の年にしてほしいと思います。




==


*。*。。編集後記 *。*。。



岩手はしんしんと雪が降り、冷え込んでおります。

新年もどうぞよろしくお願い致します。




==





==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2013/12/29

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。