エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、寄り添っていますか?
日付:2014/09/30
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 

=====================
平日の夜、開催

ゆったりセラピー入門in東京

10月15日(水)18:30-21:00

http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0
=====================

「在宅医療」「緩和医療」に関わる医療従事者向けの講座
寄り添う触れ方の技法ーゆったりセラピー入門

を開講していくことを前回のメールでお伝えしましたが、

医療従事者じゃないんだけkど、

という方のために、少人数で行う

”触れること””触れられること”で起こる内的な変化を

体験的に理解して行くための楽しいクラスです。

http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0


*********************************
皆さん、こんばんは


ゆったりセラピストの鎌田麻莉です。

9月前半は、東京では、基礎講座の秋冬コースがスタートし、

花巻では、本格コースがスタートし、

学ぶ秋の始まりであります。

あしたから10月、私は、18日(土)19日(日)に

行われる日本ソマティック心理学協会の

設立記念フォーラムに出かけます。

http://somaticjapan.org/1stforum2014

あとは、ひたすらサロンワークにいそしむ予定です。

あー、たぶん、台所の掃除と、畑仕事とには精力費やすと思います。

ちなみに社)ゆったりセラピー協会では、上記のフォーラムの

撮影記録作成にご協力します。

「ソマティクス」については、ゆったりセラピー協会の無料動画セミナーで

関西大学の村川先生と私が、その由来について自身の体験から

語った動画をアップしています。

よかったら、みてくださいませ。

http://www.yuttari.org

2、の「ボディワーク」そして「ソマティクス」について の動画のところです。

今、会員サイトのトップページには、山口創先生の

ご講演「触れる、という対話」のダイジェスト版も掲載されていますので

そちらも合わせてご覧くださいね。

トップページは、会員以外の方でもご覧いただけます。


さて、9月に集まった本格コースのメンバーの中に

「返し」っていうのはどういうのか、興味津々できました。

という方がいました。

その他の方も「寄りかかり」や「返し」についてとても興味を

もってくださっていて、ゆったりセラピーの根幹のことがらに

フォーカスできたコースになりました。

「寄りかかり」の身体感覚には、どうも心理的なブロックが

かかりやすいようです。

これについては、本格コースを始めた当初からきづいていましたが、

思っていた以上に、しつこい(笑)ブロックかもしれません。

セッション中に「寄りかかって」、上手くいっているかどうか分からない、

という場合は、実は、寄りかかれていないんですね。

寄りかかりというのは、どんぴしゃりの安定感として

感じられるので、寄りかかれたら、そうと分かり、

あーたらこーたら、迷わないんです。

大概のプラクティショナーが寄りかかりきるほんの

少し前で、肩や腕に力を込めて、寄りかかりきるのを

避けています。

私には、自分で避けているように見えるのですが、

本人は、一生懸命寄りかかっているつもりらしいんですね。

ようするに、寄りかかる、ということに対して、

心理的ブロックでもあるんですが、先入観もあって、

手のひらや、肩や腕にある一定の力を込めないと効果を発揮できないという

そういう価値観、なのかなーと思います。

寄りかかるというのは、まさに寄り添うということで、

あくまでもパートナーのからだにぴったりと手のひらを添えていき、

自分のからだを重力の作用に任せきっていくことです。

そうするとタッチが、深部に届きます。

これは、受け手になると明確に感じる感覚で、

そのように触れられるか、そうでないかには大きな違いがあります。

おそらく、誰でもその違いは感じます。

寄りかかりきると、(寄り添えると)

「返し」を捉えるのはごく自然な成り行きとして起こります。

「寄りかかり」「返し」ができている施術とそうでない施術で

受け手の内的な感覚の違いだけではなく、

自律神経系などの客観的な評価が果たしてでるかどうか、

という点は、とても興味深いですね。

実証実験の検討、進んでいます。





==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2014/09/30

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。