エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、絶妙のイタキモ、お願いします。
日付:2015/02/28
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 

↓↓↓
心で触れるボディワーク本格コース

3月9日(月)スタートです。

5泊6日の合宿スタイル。
エサレンアプローチの全身オイルトリートメントを
本格的に身につけるためのコースです。

まだ、大丈夫、お申込み間に合います。
(あと1名)
↓↓↓
詳細はこちらから

http://mmct.jcity.com/?ct=68F22100F17F0F0


=======================
皆さん、こんにちは



ゆったりセラピストの鎌田です。

受講生の方や、スタッフからセッションを受けることって

たまにあるんですが、

どうも、むちゃくちゃ緊張させるみたいなんです。

ほんと、すみませーん、緊張させる私がわるいー

って感じで、たぶん、普段行っていることの

半分くらいしか、実力がだせていないのかもねー

と思うようにしています。

でも、私は、セッションを受けるときは、本当に

自分のために受けるので、そうするとできてるとかできてないとか

そういう判断は、そんなことは、実にどうでもいいことなんですね。

そういう判断に自分の認知を傾けると

セッションが楽しめませんし、

私のからだが反応しなくなることをよーく知ってますし、

本当の意味でのフィードバックもできません。

だいたい、だったら、セッションを受ける意味がない。

というわけで、

私は、私のからだと、触れ手のからだが「触れる・触れられる」を

通して出会うかどうか、どう出会うかのワクワクモードに切り替えて

ベッドに横になります。

なので、触れ手の方が、すっかり”私は判断される人”モードで

私に触れると、それは手を通してそのまますっかり伝わってきて

相当がっかりするんですが、とりあえず気を取り直して

判断する私、ではなくて感覚する私でいるよう、

自分をセットし直します。

そう、長年の「セッションを受ける」体験から、

判断する私と、感覚する私が両立しないことを

よくよく知っているんです。

そして、感覚する私、のほうが、楽しく、本来の私であり、

深くリラックスしており、あらゆる可能性に開いている、

ということも知っています。


とはいえ、実技試験のような環境で、緊張しないで

>>実技試験、始まっていますね〜〜<<

自分の実力をだすことは難しいでしょうーーー

それも分かります。

そして、緊張させてしまう自分、たいへん申し訳ないです。

>>なんとかならないのか、変装し、鎌田とわからないようにする、とか?<<

無理だ。


例え、試験管であろうと、鎌田であろうと、エサレンの先生であろうと

誰であろうと、初めてのお客様に接するように扱っていただければ、

セッションはうまくいきますよ、きっと。


さて、私のセッションは、「絶妙のイタキモ」にあふれておるようです。

そして、また私もセッションを受ける側になると

「絶妙のイタキモ」が欲しい人です。それを探すモードになっています。

でも、残念なことに多くの場合、絶妙なイタキモに出会えません。

これは受講生のを受けてもスタッフのを受けても

はたまた、評判のサロンにお客としていっても

なかなか満足させてもらえないところなんです。

そして、そういうとき感じるのは、

「あれっ、そのままトーンと寄りかかってもらえたら、いいのに」

とか

「あれっ、微妙にズレちゃってるな、1ミリくらい」

その絶妙なイタキモ・ポイントまでですよ、

そういうことが多く、あたかも触れ手がそれを避けているかのようにさえ

感じるときが多いのです。。。


なぜかなーと常々考えています。

たぶん、ですよ、おそらくそこに触れ手が判断を一瞬働かせるんでしょうね。

ここでいいのだろうか、とか、

こんなに寄りかかって大丈夫かな? とか

もしかしたら、違うかも? とか

マニュアルはどうだっけ?

せっかく、そこまで無心に瞑想を重ねて慎重にセッションを進めてきたのに

ここぞというときに、受け手のからだから意識を逸らしてしまい

自分自身に向けてしまう、、

それは、からだに向かい合おうとするときに起こるある種の恐怖心なのかもしれません。

ああ、こんなこと書くから、私にセッションする人をよけい緊張させてしまうんですよね。。


皆さんはどう思いますか?


もし、恐怖心が起こるとしたら、どのようにそれを乗り越えられるでしょうか?


答えは、たったひとつ、

その恐怖心に気付き、感じることを自分に許す、ということだと

私は思います。



===


鎌田の基礎講座補講(再受講、エサレンコース本格コースの方もOK)
4月30日(木)5月1日(金)の2日間

のご案内です↓↓↓

http://mmct.jcity.com/?ct=102F22100F17F0F0

返しとは何か、返しを捉えるということについて

実技をお見せしながら、詳述します。

ゆったりセラピーに興味あるけど、基礎講座を受けるまではちょっと

たいへんかな〜という、経験者の方、1枠3時間から

習いたいディテールのところだけ、受けていただけます。

http://mmct.jcity.com/?ct=102F22100F17F0F0

以前にセラピストのためのスキルアップ講座3日間という講座を
開催していましたが、それに参加していただいた方であれば、
ご参加受け入れますので、
お申込みの際、その旨コメントしてください。


4月26日(日)は、寄り添う触れ方の技法講座も開催します。
「触れる」の一番基本的な、もっとも大切なことを
思い出させてくれて、体験できる、そんな講座です。

http://mmct.jcity.com/?ct=170F22100F17F0F0


心で触れるボディワーク本格コース
3月9日スタートです。お申込み、まだ大丈夫です。
(あと1名)

http://mmct.jcity.com/?ct=68F22100F17F0F0


==
==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2015/02/28

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。