エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、寄りかかりを阻んでいることってなんでしょう?
日付:2015/04/05
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 

ただいま、「心で触れる触れ方」キャンペーン中です。
心で触れるボディワークDVDセットをご購入の方は、
なんと、無料で
”寄り添う触れ方の技法講座”にご招待!なんですと。

続々とお申込みいただいております。
ありがとうございます。

詳細は、こちらから
http://mmct.jcity.com/?ct=119F22100F17F0F0

お友達や知人の方にこのお得な情報を
是非、お伝えください〜〜

ブログやFBでこのキャンペーンの記事を書いてくださる方に
ー鎌田の個人セッション+温泉一泊プレゼントー

を抽選でプレゼント!!というのもやっております。

ご協力いただける方は、抽選へのエントリーの方法をお知らせいたしますので
このメールに、
タイトル「エントリー方法を知らせてください」で
返信くださいませ。


=======================
皆さん、おはようございます。



ゆったりセラピストの鎌田です。


前回、寄り添う触れ方ということについて

触れるということの根本にある、2つのことについて

述べました。

それらは、アイコンタクトと ただ触れる

でしたね。

簡単というか、誰でも練習なしにできそうなことなんですけど、

案外難しいわけです。

とうのは、その重要性にどのくらい深く気づいているか

ということが問われるので

そういう意味で難しいし、シンプルすぎて

忘れてしまうんですよね、きっと。


先日、協会の実証実験の打ち合わせというか

準備ということで、上京し、

坂田ともう一人のスタッフ3人で

認知症の方々のいらっしゃる施設にお邪魔して

ゆったりセラピーこのコンセプトのケアの方法を

実践させていただきました。

これは、ユマ二ニュードのメソッドから学んだことですが、

認知症の方とコミニュケートする一番最初に

視線を捉えに行く、ということを必ず行うということが

とても大切ということなのです。

ようするに”アイコンタクト”です。

実際に行ってみると、それは、本当に威力がありました。

確かに、認知症の方と会話する際に

こちらの意図した会話のつじつまの合い加減というものは

ありません。でも、まず最初に視線を捕まえにいき、

視線がぴちっと合うと、私としては、「通じている」という

確かな実感がありました。

実際、会話は成り立っていないのですけど、

そんなことは問題でない、というか、

いずれ、私としては、とても充実した感じがあったのです。

彼らは、全く別の世界に住んでいることが分かりました。

そして、そこから、私にきちんと向き合ってくれました。

アイコンタクトが始まりとしたら、そこから ただ触れるを行い、

寄りかかりとそれによる「返し」を捉えるに

進んでいく、と。

それは、認知症の方々へのケアのためというよりも

手技の施術というもののユニバーサルな手順ではないかと思います。

ただ、今日テーマにしようと考えている

「寄りかかり」に関して言うと、誰でもすぐにできることか

というと結論から言って、そうではないと言わないといけません、

これは、もう何年も養成コースを行ってきて

難しいはずはない、と思っていたというか、

思いたかったのですが、もうそれは諦めることにしました。

難しく、何年もの鍛錬が必要なんです。

それこそ、プロの技なんです、と言おうと思います。


基礎講座のレポートを書いている皆さんは

今、そこに取り組んでおられますよね。

寄りかかり、が難しいのは、そこに心理的な抵抗が

常に隠されているからです。

それが、からだの使い方をほんのわずかながらねじ曲げてしまうんですよね。

だから、寄りかかりに取り組んでいくと

自分自身がものごとに、あるいは人様にどのように

向き合うくせがあるのかということを微に入り細に入り理解していくことになります。

それはなかなか興味深いプロセスです。



去年書いたブログの中に

「寄りかかり」の心理的抵抗 というのがありました。

よかったら、読んでみてください。

http://blog.esalenbodywork.jp/2014/10/blog-post.html



===

一連の私の構想するゆったりセラピーインストラクターの

トレーニングと実践、書いてみました。

興味のある方、是非お読みください。

http://mmct.jcity.com/?ct=51F22100F17F0F0

==
==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2015/04/05

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。