エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、過小評価しているのかも?
日付:2015/05/10
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 

ゆったりセラピー入門講座 in 東京

明日です!
明日朝10時前までのぎりぎり申し込みもたぶん、
大丈夫。

5月11日(木)10:30-13:00
世田谷区梅ヶ丘 ・心で触れるボディワークスクール

詳しくはこちらから
http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0

そして、6月8日(月)からゆったりセラピー基礎講座
始まります。
来年2月のインストラクターコースを受講するには、
ここがスタートになります。

http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0

=======================
皆さん、こんにちは



ゆったりセラピストの鎌田です。


最近、花巻のゆったりサロン絆で、

「○○が痛いんだけど、直してもらえるべが」

「○○にしびれがあるが、直してもらえるべが」

というような電話を受けるようになりました。

(語尾が方言になっていることをご了承ください)

なぜか、というと、このところポスティングをしているんですね。

私のゆったりビジネスの理想は「半径2Kmで成り立つ商売」

なんです。

ようするに地域コミュニティに密接に関わってそこで成り立つあり方

なんですね。

だって、「ゆったり」って健康の基本じゃないですか。

だけど、花巻のような田舎町でさえ、

いろいろな意味で、ゆったり暮らすことが難しくなっていて

それで、さまざまな心身の問題を抱えがち

なんだと思います。



さて、ポスティングでしたね。そのポスティングのちらしには

直します、とか 治療しますとか、

ひと言も書いていません。

こう書いています。

「ちょっと無理が続いていませんか?」

「ゆったりするとからだは自然に自ら整います」



なんで、こういうことしか書いてないのに

直してほしい、という電話がかかってくるのか?

大概、相当年配の感じの方なんですけども。

それで、私はこう答えます。まず、

「治療はしておりません」

「直すことは出来ません」

と申し上げます。

「でも、お客様ご自身ががリラックスされたり、

またはおからだの緊張を解いたりできると

今のおつらい症状が緩和されることが

多々、あります。」

それで、ああ、直してくれないの、とがちゃりと

電話が切れる場合もあるんですが、

「そうが、どうせどこ行ってもだめだったんだ、

一回いってみるべが」といらしてくださる場合もある。

で、最近、思っているんですが、

ゆったりセラピーの効果効能を過小評価しすぎているかもなーと

というのは、本当に改善するし、

見違えるようになる場合もあります。

かといって、効果効能を声高に訴えよう!!

というのもちょっと違うかと思いますが、

こんなケースがありました。

その方は 80歳を超えて、股関節の痛みが酷くなり、

歩くのが困難になり、杖をついてようやく日常を

過ごしておられ、

いろいろな治療を受けて、幸いたいへんつらい症状は

緩和したけれど、やはり歩くときの痛みがあってつらい、

なんとかならないかということで医者に相談すると、

完璧に直すには、人工股関節を入れる手術をするしかない

と言われたそうです。

==

この年になって、手術はねえ。

でも、直すためににはしたほうがいいかねえ。

でも、手術して、そのあとのリハビリが

つらくて、結局車椅子になっちゃった人もみてるしねえ。

==

と最初にいらしたときには悩みが深かったわけです。

完璧に直す、という言葉にも魅力がありますし、

医者に言われたとなるとやっぱりそうかなーとも

思いますよね。

で、私に聞くんです。

手術したほうがいいですかね〜

手術しなくても大丈夫ですかねえ〜

私もそんなこと聞かれても本当困りますよね。


ようするに彼女は自分のからだに自信が無く、

かつ自分の判断に自信がなく、

他の誰でもいいから、こうしたほうがいい、と

言ってもらいたかったんです。

といって、私がそういう判断の言葉を軽々しくに口にすることは

セラピストの倫理に照らしてやってはいけません。


この場で、彼女のおからだの詳しい所見を

述べることは適切ではないと思うので避けますが、

「本当に困りましたねえ」と、心から彼女に同意して

まずは、一度施術を受けていただいた。

それで、それから、3回ほど一週間に一度いらしていただいて、

そのあとは、2週間に一度くらいになってますが、

このところ、「おからだの調子はどうですか?」

とお聞きすると、

「うん、痛いね」とか、

「うん、突っ張り感があってね」・

とおっしゃいます。

「うん、でも、3時間草取りしたから」

私、「あー、はい。3時間、そりゃ、からだに相当きますね〜」

「うん、1時間くらいにしとけばいんだけど、ついね、あはは」


相変わらず、杖をつかれていらっしゃいますが、

手術のことは一切おっしゃなくらなくなりました。


彼女は自分のからだについて自信をもつようになったと

私は感じます。


手術をしたほうがいいのかもしれません。

でも、彼女が今現在満足して日常の生活を

送ることができるのなら、

そして、手術しないことを自分で選んだのなら、

そして、多少痛みを抱えていても

それに折り合いをつけられるのなら、

よいではありませんか、と思います。

また、状況が変わって手術の選択をされることもあるかもしれません。

でも、そのときも最終的な判断はご自分でされるでしょう。

そのお手伝いをすることがゆったりセラピーなんだと思います



ゆったりセラピー基礎講座 6月8日(月)スタート

http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0




==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2015/05/10

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。