エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、「なでるようなストローク」の復習をしましょう。
日付:2015/05/24
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 


6月8日(月)からゆったりセラピー基礎講座
始まります。
まだ、お申込み大丈夫です。

http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0


この基礎講座は、来年2月に開催される
ゆったりセラピー認定インストラクターコースの
スタートにもなります。

インストラクターコースについて詳しくはこちらから
http://mmct.jcity.com/?ct=51F22100F17F0F0


=======================
皆さん、こんばんは。



ゆったりセラピストの鎌田です。


先週、花巻では、基礎講座レベル1が終了し、

東京では、基礎講座レベル2が始まったというタイミングですが、

受講生をみていて、

(東京はみていませんが)

最初のセトリングのストロークが雑な感じがするなー

と思いました。

でも、今回が特別にそうだ、という訳ではなくて

全般にどの回の基礎講座でもそういう感じがします。


何しろ、手技の順番から始まって、受講生にとっては、

覚えることが多いので、

あんまり、最初から細かいことを言ってもなーという気持ちもあり、

セトリングで使う「なでるようなストローク」について

受講生にとやかく言うのは、講師として、やめておこう

という判断が働きがちなのです。

おそらく、練習を重ねるうちに自然とできるようになっていくのだろう

と思ったりして。

が、しかし、自然に、滑らかにスムースになるかというと

そうでもないかもしれない、と思い始め、

(なぜかというと、あとで説明しますが)

今回、この件について熱弁をふるいました。

(ようする、にとやかく言った訳ですが)

そうすると、なんだか一気にその部分が

よくなったような気がしました。

やっぱり、意味の理解ということは重要なんだと思いました。

それと、大事なことは何度でもこれでもか、

と熱弁をふるう、という講師の不屈の精神ですね。



さて、前回のメルマガで、「自己認知」とは触覚である。

という話をしましたが、

このセッションのはじまりに使う、セトリングでの

全身をなでるように滑らすストローク、

オイルの方では、タオルの上からのストロークになりますが、

これは、受け手の方が、そのストロークによって

自分自身のからだに意識を向けるスイッチとして

使っていく必要があると考えています。

なので、触れ手は手のひらを柔らかくして、すっかりその方の

からだのシェイプにそって手をすべらせていってほしいのですが、

この手のひらの力を抜くというのが難しいんですよね。

大概、手のひらだけではなく、手首、肘、肩に

がっちり力が入ってしまって、その上、やわかく触れようと

するので、ますますぎこちない動きになってしまいがちです。

私は、それを雑な感じがするなーと思って

眺めているわけですが、本人は雑にしているつもりは

毛頭ないとは思います。

でも、そのうちに、この始まりに意識を向けることは

あまりなくなり、覚えるべき手技の習得に熱中していくので

いつまでたっても、この最初の、自己認知をうながす、

重要なストロークが、求める質になっていかないのだと

最近、気がついたという次第です。


重要なストロークが、求める質になっていかないということには

もうひとつ理由があって、それは、下半身の安定感が必要なのです。

ある程度以上の筋力、と

加えて、体重移動を上半身の上下動なしに行っていく身体技法が

必要になってきます。

これは、高度な身体技法と捉えてよいと思います。

ロングストロークが難しいのは、そういった理由です。

そこそこのロングストロークは誰でもできるようになると思いますが、

深いレベルの自己認知をうながすような

ようするに、ぴったりと触れ手のからだに寄り添ったストロークを

生み出せるようになるには、手技をあらかた覚えて

自然にからだが動くようになったら、もういちど

このセトリングのストロークに戻って、

忍耐強く、この身体技法に取り組む必要があると思います。

このセトリングの段階(セッションの始まりのストローク)で

どのような質の触れ方を行うのかは、

そのセッションの質全体を左右することになります。

この身体の使い方は、おそらく日本の伝統の身体技法

能や、相撲で言われる、「すり足」に近いものだと思われます。

心で触れるボディワークのDVDを持ちの方は、もう一度この視点で

DVDを見直していただけると

本日、私が述べたことを良く理解していただけると思います。

基礎講座の受講生は、デモ画像を見直してみてください。

また、DVDのデモ画像のサンプルがが公開されています。

ロングストローク
http://kokorodefureru.com/programs/kokoro-de-fureru-basic/#!prettyPhoto%20nofollow/0/


来月、8日(月)から始まる、基礎講座は、この質の触れ方を

着衣で行えるよう実技を中心としたコースになります。

着衣を練習するということは、それまで、オイルを行ってきた方にとっては

寄りかかりのポイントを精査していく、

寄りかかりの質を高めていく、

という意味合いがあり、それまでのオイルのトリートメントの質を

根本から見直し、高めていくことができる内容になっていると思います。

始めて、本格的にボディワークを学ぶ人にとっては、

基本的なからだの使い方を学び、身体感覚を磨いてゆくことのできる

内容になっていると思います。


6月8日(月)からゆったりセラピー基礎講座
始まります。

http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0




==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2015/05/24

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。