エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、すり足していますか?
日付:2015/09/15
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 

<心で触れるボディワーク一日講習>

東京では、何年ぶりか分からないくらい、

かなり何年かぶり〜〜

10月28日(水)10:00-17:00
東京四谷のレンタルスペースTipiにて

「寄りかかり」と「返し」そして、それらを有効に
行うための身体技法すり足について、実習を交えながら
進めて行きますね。

詳しくはこちらをどうぞ

http://mmct.jcity.com/?ct=170F22100F17F0F0

===

皆さん、おはようございます。


このところ、長年の謎が解けて、

はー、なるほどなーと思っている

ゆったりセラピストの鎌田であります。

長年の謎というのは、今日のタイトルにもなっている

「すり足」で解けたのです。

エサレンでも心で触れる、もそうなんだけど、

合宿の最中は、みんなうまいことロングストロークが

できているのに、合宿が終わってしばらくたって受けてみると

あれっ?ってなっていることが結構ありました。

みんなで練習し合っている環境では保てていたことが

ひとりの環境になるとよくわからなくなって

気づかないうちに失われてしまう「質」が

あるようなんです。

基礎講座の受講生のみんなからも、よく聞くのが

「寄りかかれているのかどうか、よく分からない」

クラスでは、これだっ!と思ったことが

いざ実際に自分の場に持ち込んでみると

どうも不確かな感じになってしまっていて

確信が持てなくなってしまうんですね。

しかも、受けてくれる家族や友人は、

触れてもらえるだけで、嬉しいので(!)

よかったよーよかったよーと言うか

さもなくば、不平不満を言い募る、

大抵は、もっと圧が欲しいということかと思いますが、

それに応えようと悪戦苦闘しているうちに

なんだか訳が分からなくなっていく、

ということなのかなーと思っています。

そんなときに、あーこれだった、と確認して戻ることが出来る

身体感覚をどのように身につけてもらえるかなーと

長年の懸案だったわけですが、

それが「すり足」だ!と気づいた訳です。

すり足というのを試しにインターネットで検索すると、

こんな説明がありました。

==

足を上げず、足全体で地面をするようにしてに移動する方法。

能楽や相撲などの格闘技などで使用される。

相撲の場合には、重心を落として、右手と右足、
左手と左足を同時に前に出しながら前方に移動する。
同手同足が基本動作なので、
上半身と下半身に捻れが生じない。
そのため、移動の際に頭が上下左右に揺れず、
歩く際に重心が常に安定している。
また、左右どちらに対しても俊敏に動くことができる。

(はてなキーワードより)
==

すり足に注目して私のデモをもう一度

見直していただくのはよいかもしれません。

こちらは心で触れるボディワークDVDセットのサンプル画像です。
2分半くらいです。
(足が映っていないけど)
(今度、ステップが映っている画像を探しておきます。)

https://youtu.be/FEe1w4sYdJ4

ついでに相撲のすり足もみてください!(笑)
11秒です。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=3CClgfzpWmo


すり足というと、もう一方では、高齢者の方が、

足腰の筋力が弱って、十分に足を持ち上げて

歩くことが出来ないことも言うようですが、

今回、おーと私が思ったすり足は、

相撲や、能楽で使われるものですね。

先月行われた花巻の基礎講座で、

このすり足の練習をしてみました。

これをマッサージテーブルを用いた

寄りかかりの練習に応用してみると

体軸をねじっている場合と

そうでない場合(すり足を使っている)の身体感覚は

明確に区別できるようでした。


これと、しっかりとした寄りかかりのためには、

多くの人が身につけていて寄りかかりを阻んでいる癖である、

上腕の内旋の問題があすます。

これに関しては、また動画も合わせて改めて書きますね。



ゆったりセラピーの施術を効果的に行っていくためには

いくつかの基本となる身体感覚を

鍛錬していくことが必要になります。

鍛錬というと、ちょっとたいへんそうですが、

私は楽しかったですね。いまでもひとつひとつのセッションを

自分の身体感覚と向き合って行うことが楽しく面白いのです。

そうなんです。

私も私自身をセッションを通じて鍛錬中なんです。

その鍛錬にすっかりはまってしまって早25年て訳です。


我々は、すっかり学校教育に毒されて

○か×か、できるかできないかで

ものごとを判断したくなりますが、

セッションにおいての触れる・触れられるを

「できているかどうか」と問いかけするのは

間違っていると思います。

問いかけそのものを、変えてみてください。

「この触れる瞬間(触れられる瞬間)

私は何に気づいていますか?」と

触れる、ということは、出来た出来ないの問題ではなくて

どんな質で触れようとしているのか、

の問題であり、年月をかけてその質を探求していくという

命のレッスンです。

そして、触れることそのものの価値、意味は、

皆さんが、出来たと思おうとまた出来なかったと思おうと

そんなことに全く関係なく、いつでも存在しています。


私は、そんなふうに考えてセッションしています。


もし、皆さんが施術の体験がなくて、

でもゆったりセラピーのこんな考え方に興味があるのなら、

こんど東京で行われる

ゆったりセラピー・ハンドケア講習にお誘いしたいです。

10月12日(月・祝)10:00-13:00

ゆったりセラピー協会の東京オフィスで開催します。

詳しくはこちらをチェックしてください。

http://mmct.jcity.com/?ct=153F22100F17F0F0

また同じ会場でゆったりセラピー入門講座も開催されます。

10月8日(木)10:30-12:30

詳しくはこちらから

http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0

10月28日(水)は、全身オイルトリートメントの一日講習です。

来年の本格コースをお考えの方には特にお勧めします。

また、実技試験対策中の方、レポート作成中の方歓迎です。

心で触れるボディワーク一日講習
http://mmct.jcity.com/?ct=170F22100F17F0F0



==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2015/09/15

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。