エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、体軸を捻らずに、ですね。
日付:2015/10/04
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 

皆さん、おはようございます。


ここのところ、すり足、すり足、とつぶやいている

ゆったりセラピストの鎌田です。

そうしたら、スタッフの一人が、こんな動画を

見つけてくれました。

https://www.youtube.com/watch?v=DC66NZj8pJ4

古武術家の甲野善紀さんが、ナンバ歩きと呼ばれる

歩き方を披露しています。

そのあと、江戸時代以前の日本人のからだの使い方について

語っている5分程度のものです。

これをみて、私はこれだぁ〜と叫んでしまいました。

私がセッションのときはすり足で、と言っている歩き方は

まさにここで甲野さんがナンバ歩きとして紹介している歩き方です。

この歩き方で、セッションしてほしいんですよね。

さらに、甲野さんは、昔の人の走り方を

「前に倒れる力を使って進む」と表現していらっしゃいますが、

まさに、ロングストロークにおける寄りかかりとは、

前に倒れる力を使って進むってことなんです。

寄りかかりという言葉を使うと、どうしても

「寄りかかってやろう」というエゴがでてきてしまいやすいのかもしれません。

私が、寄りかかり、という言葉で伝えたい身体感覚は、

この 「前に倒れる力で進む」です。

これで、私と受講生のみんなの言葉と身体感覚の分断が

少し解消されるかもしれません、と思いましたよ。


さらに、彼は、この身体の使い方は鍬や鎌を使うときに使う

身体の使い方、と動画の中でおっしゃっていますが、

私自身はまさに、この体軸を捻らない身体の使い方ーすり足ーを

この鍬と鎌を使う中で身に付けたのだと思います。

体軸を捻る動きでは、鍬や鎌は使えないんですよ。

私の家は父の実家も母の実家も農家で、私ははっと気づいたら

稲刈り鎌をにぎってましたから、鎌を使うのは

箸を使うのと同じような感じなんです。

そして、子供のころから、祖母のやり方をみようみまねで

鍬を使って、畝をたてたりしてました。

なので、日本の文化の中で育つと誰でもが、箸を使えるように

鎌もだれでも持ったその日から使えると思ってましたけど、

違うんですね。

箸だって、小さい子供がすぐに上手に使える訳ではないですもんね。

長い時間をかけて毎日の食事の中でトレーニングされて

使えるようになっていく。

最近、花巻で出会った就農希望の、都会からきた若者の鎌を持つ手つきが

あまりにも危うくて、

「どれっ、なにやってら、鎌をこっちさ、よごせっ!!」

と畑で叫びそうになりやした。が、一瞬飲み込んで

黙ってこうやって使う、と鎌でざっくり菜っ葉を

切ってみせましたけど、あとで、

「うぬー。就農といって、鎌の使い方から習得しないといけないのは

厳しいのう、」と心の中でつぶやいたもんです。

しかし、「就農希望」だけではない、のですね。


ボディワーカーよ、鍬を持て!野を耕せ!って

叫ぼうかな。。


ま、ボディワーカーは、からだを耕せばいいのですから。

でも、体軸を捻らないほうがうまくいくよ、ってことですね。

そういえば、よく、セッションを行うのは疲れませんか?

と聞かれますが、「はい、疲れません」と

つまらない答えをするしかないのです。

確かにからだを使うのですから、1日の終わりには

それなりの疲れはありますけど、

セッションでヘトヘトになることはありません。

これも体軸を捻って使っていないからなんだなーと

思い当たりました。

ときどき、「クライアントから、ネガティブなエネルギーを

受け取って、へとへとになったりしませんか?」

なんていう質問も受けます。

なりません。

もしかしたら、セッションすると、

なんか受けちゃってへとへとになりがち

という方は、一度、からだの使い方を点検してみたら

案外、それで解決するかもしれませんよ。


さてさて、そんな訳で

今回行う「心で触れるボディワーク一日講習」は、

バージョンアップしたものになりそうです。

ようやく、皆さんにお伝えするべき

身体感覚の核が、意識化され言語化されましたから。

受講生のみんなの、寄りかかれているかどうか分からない

という感覚も分かりました。

はい。体軸を捻っていると分かりません。

し、はっきり言って、触れる感覚も鈍くなるように感じます。

分からない感覚が分かったので、こうしたら分かるよ、

と明確にお伝えできると思います。

すでに、エサレンを実践している方にも

ロングストロークの質、ということを確かめ、

ブラッシュアップするために

是非、この一日講習にいらしていただければと思います。


<心で触れるボディワーク一日講習>
10月28日(水)10:00-17:00
東京四谷のレンタルスペースTipiにて

詳しくはこちらをどうぞ

http://mmct.jcity.com/?ct=170F22100F17F0F0

==

<他の10月以降の講座予定は以下になります>

ゆったりセラピー入門講座 in 東京
10月8日(木)
http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0

ゆったりセラピーハンドケア講習 in 東京
10月12日(月・祝)
http://mmct.jcity.com/?ct=153F22100F17F0F0

寄り添う触れ方の技法 in 横浜
10月15日(木)
http://mmct.jcity.com/?ct=102F22100F17F0F0

寄り添う触れ方の技法in 盛岡
10月18日(日)
http://mmct.jcity.com/?ct=85F22100F17F0F0

ボディワーカーのための現代レイキセミナー in 東京
11月4日(木)&12月4日(金)
http://mmct.jcity.com/?ct=136F22100F17F0F0

ボディワーカーのための現代レイキセミナー in 花巻
11月15日(日)&12月6日(日)
http://mmct.jcity.com/?ct=136F22100F17F0F0

来年1月からは、あらたに「ゆったりセラピー基礎講座」が始まります。
http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0


==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2015/10/04

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。