エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、来年はご一緒に
日付:2015/12/16
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 


【ゆったりセラピーインストラクターコース】
2016年1月7日(木)を皮切りに、最終講座が9月5日(月)ー6日(水)の合宿の総合コース

すでに施術の経験がある方に是非チャレンジしていただきたいコースです。
施術の仕方を「すり足」感覚でブラッシュアップしながら、「教え方」を身につけていってほしいです。
協会の理念を、協会とともに広めていっていただける方に。

ただいま、お申込みをお受けしています。
早期申し込み割り引き期限は、12月18日(金)

http://mmct.jcity.com/?ct=51F22100F17F0F0


==
皆さん、おはようございます。


ゆったりセラピストの鎌田麻莉です。


和の精神、和の伝統。

日本の文化に備わった質だとされています。

私は、長年カリフォルニアのエサレン研究所から講師を

招いてエサレンボディワークのコースを開催してきましたが、

その中で、どの講師も日本人のグループの「和」の質に

驚いていました。

そして、独特のタッチの質。

繊細なんです。


実は、これこそが、アメリカ文化の中で育まれた

エサレンアプローチが追求していたことだったんですね。

”アメリカ人”にとっては、それがとっても難しいんです。

その難しさを、日本文化の中で育った人ならば、

なんとなく無意識に実現しているんですね。

でも、今、それらはこの歴史的展開の中で永久に失われようとしている

と言っていい。

なぜなら、私達がそうした美徳に全く無自覚だからです。

気づかないまま、失っていこうとしている、と言う訳です。

私自身ももし、エサレンに出会わなければ、

自分のからだから染み出てくる、身体技法を

使うことも無いままに、気づくことも無いままに

そして、次世代に伝えることもないままに

失っていたところでした。

気づけて、よかった。

と思います。

それらのすべてをゆったりセラピーの中に

活かしました。

是非、来年はご一緒に、この「伝承」に参加していただけたら、

と思っています。

私のエサレンの師であるブリィータ・オストロムは

こんなふうに語っています;

「エサレンアプローチは、アメリカ文化ではない、

人類に与えられたギフトなの」


私は、こんなふうにそれを受けようと思います。

「人類に与えられたギフトの質を実現するには、

日本文化が育んだ身体技法が必要だよね」


ゆったりセラピーが、伝える施術の極意、

「寄りかかり」「返し」「すり足」

来年は、是非、すり足でご一緒に一歩を踏み出しましょう!!

お待ちしています。


=====================

<<以下、他の講座日程&詳細ページです>>

ゆったりセラピーインストラクターコース
2016年1月7日(木)を皮切りに、最終講座が9月5日(月)ー6日(水)の合宿の総合コース
早期申し込み割り引き期限は、12月18日(金)
http://mmct.jcity.com/?ct=51F22100F17F0F0

ゆったりセラピーハンドケア講習 in 東京
12月23日(月・祝)
*キャンセル待ちです。
http://mmct.jcity.com/?ct=153F22100F17F0F0

ボディワーカーのための現代レイキセミナー in 東京
2016年1月10日(日)&1月31日(日)
http://mmct.jcity.com/?ct=136F22100F17F0F0

ゆったりセラピー基礎講座
2016年1月7日(木)スタート
<<お申込み受付中、年内26日までのお申込みをお願いします>>

この基礎講座、施術の初心者の方にとっては
施術の基礎を学ぶ講座ですが、
経験者の方にとっては「教え方」の基礎を学ぶ講座です。

http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0

心で触れるボディワーク本格コース
3月14日(月)スタート 
<<受付を開始しました>>

http://mmct.jcity.com/?ct=68F22100F17F0F0

==
==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2015/12/16

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。