エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、脇を締めていますか?
日付:2016/01/23
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 

【心で触れるボディワーク本格コース】

3月14日(月)ー19日(土)
レベル1、スタートします。

詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=68F22100F17F0F0

まずは、心で触れるボディワーク、みてみたい、
という方は、
2月17日(水)に鎌田がデモンストレーション
行います。

【心で触れるボディワーク説明会】
世田谷区梅丘のレンタルスペースにて
時間は、10:30-12:30

詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=119F22100F17F0F0

=====================

皆さん、おはようございます。


ゆったりセラピストの鎌田麻莉です。


寄りかかりながらのロングストローク、そして

着衣での施術での、寄りかかりながらの手技、

寄りかかり、寄りかかり、と言っても

実は、その寄りかかりの成就具合は精査していかないと

いけないなーと改めて思っています。

受講生がよくいうのは、寄りかかれているかどうか分からない、

ということなんですが、

このメルマガでも何度も書いていますが、

その場合、実は寄りかかれていないんですね。

多くの武術の鍛錬でも言われていると思うのですが、

「できた!」と身体が納得する瞬間がある訳で、

もしそういう身体感がないとするならば、

それはできていない、ということである、というようなことを

去年、私は言っとりました。


だいたいにして、「寄りかかれているかどうか分からない」

なんてことが、自分のからだなのにあるんかい??

と私は思ってたわけですが、

この寄りかかれているかどうか分からない、感じ、

ようやく分かった、というのが去年後半のできごとではありました。

私はわざわざ、体軸を捻って、寄りかかりろうと努力してみたんですね。

はっきり言って、体軸を捻ってからだを使っていると、

寄りかかれません、と私は思いました。


ゆったりセラピーの寄りかかりのレベルとは

体軸を捻らないで使っていていく身体感覚のレベルなんですね。

それは、施術の際のテーブル周りの動きを

「すり足」で行っていくことが基本になると思います。

私は、なぜか、最初から、無意識にそうやっていたので、

受講生のみんなも言わずもがなで、そうやってくれるもんだと

思っていたのですが、そんなのんきなことではいけないことに

ようやく気づいた、というわけです。

私は、受講生のみんなをみていて、

「なんで、わざわざ身体を捻るようにして使うのかなー、

捻らないほうが自然で楽でちゃんと寄りかかれるのになー」

なんて思ってました。

でも、わざわざ捻っていたのではなくて、

無意識レベルで、体軸の捻れが起こっていたのですね。

よって、体軸を捻らないからだの使い方を意識的に

練習して初めてできるようになる、ということだったんですね。

私は、受講生のみんなとは逆に

意識的に、体軸を捻るようにして使ってみて

「寄りかかれているかどうか分からない」

という感覚をようやく納得しました。


目からうろこでしたね。

「いや、ほんとわかんないわ〜」

って思いました。

そう、なのでこれからは、

「体軸を捻らないで身体をつかっていくと

寄りかかりは明確に感じられます!!」

と声を大に言っていかなくちゃ、と思います。

というわけで、今度の本格コースでも

そういうところのチェックをばしばしやっていきたいと思います。


さて今日はもう少し、寄りかかり感覚を精査していこうと思うのですが、

受講生をみていると、もっと圧をかけよう、とか、

もっと寄りかかろう、とするときに

肩がすっかり上がってしまう人は多いですね。

で、私に、肩に手を置かれて

「肩上がってるよ」って言われた方も多いと思うのですが、


もっと、寄りかかろうとするときに、

肩が上がる人は、僧帽筋と上腕筋を主に使っていると思うんです。

でも、実は、もっと寄りかかろうとするときに、

肩は下がる、これは、肩甲骨が前方に下方するということですが。

この動き、どこの筋を使っているかというと、前鋸筋です。

たぶん、寄りかかっているかどうかよくわからないという人は

体軸を捻っていることに加えて、

前鋸筋を使えていないと思います。

寄りかかり、という動作はインナーマッスルを使っていく動作なんですね。

上肢帯のインナーマッスルである前鋸筋を使えているかどうか、は

実は寄りかかりが成就するかどうかにとってとても重要です。

ええーっ、前鋸筋が使えているかどうかなんて

ますます分からん、と言うかもしれませんけど、

言葉を変えて言うと、

「脇を締めていますか」ということです。

この、脇を締める、というのはおそらく

多くの武術でも言われていることではないかと思うのですが、

脇を締めると、腕の動きというものは

前鋸筋を始めとする上肢帯のインナーマッスルによって

ほとんどまかなわれます。

僧帽筋はおそらく、全然使わないです。

腕の力を抜く、肩の力を抜く、というのは、そういうことなんですね。


「腕の力、すっかり抜いて」

なんて言われた受講生の方も多いと思いますけど、

はぁ〜〜?って感じですよね。

なんで、もっと寄りかかって圧かけようとしているのに、

腕の力、抜かなあかん、と思ったと思います。

がしかし、

寄りかかりっていうのは、こんなふうに

インナーマッスルを使えるようにしていくひとつひとつの

微妙な、そして精妙な身体感覚の積み重ねです。


ゆったりセラピーは、ひょっとして武術か?、っていうくらいです。


さて、今日は、

「脇を締めていますか?」でした。

脇を締めるには前鋸筋を使います。

ちなみに、前鋸筋が使えているせいだと思うんですが、

私の場合、施術すればするほど、肩凝りは解消しますです。

便利だわ〜


=====================

<<以下、講座日程&詳細ページです>>

【鎌田麻莉による心で触れるボディワーク説明会】
in東京
2月17日(水)10:30-12:30
http://mmct.jcity.com/?ct=119F22100F17F0F0

【ゆったりセラピー入門講座in盛岡】
2月21日(日)9:30-12:00
http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0

【ゆったりセラピーハンドケア講習in東京】
3月6日(日)10:00-13:00
http://mmct.jcity.com/?ct=153F22100F17F0F0

【ゆったりセラピー入門講座in花巻】
3月13日(日)9:30-12:00
http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0

【心で触れるボディワーク本格コース】
3月14日(月)スタート  
岩手県花巻市での合宿です。
http://mmct.jcity.com/?ct=68F22100F17F0F0

【ゆったりセラピー入門講座in東京】
3月21日(月)10:30-13:00
http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0

【ゆったりセラピー基礎講座in花巻】
4月17日(日)スタート
隔週の日曜日の開催です。
http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0

【ゆったりセラピー入門講座in東京】
4月18日(月)10:30-13:00
http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0

【寄り添う触れ方の技法講座】
4月29日(祝・金)10:00-16:00
http://mmct.jcity.com/?ct=85F22100F17F0F0

【心で触れるボディワーク一日講習】
4月30日(土)10:00-17:00
http://mmct.jcity.com/?ct=170F22100F17F0F0

【ゆったりセラピー基礎講座in東京】
5月16日(月)スタート
http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0

鎌田セッションを温泉サロンで受けたいな、という方はこちらから

http://mmct.jcity.com/?ct=102F22100F17F0F0

==
==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2016/01/23

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。