エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、もっと強く、の声にどう応えますか?
日付:2016/02/15
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 

♪♪心で触れるボディワーク説明会♪♪

本格コースの受講をお考えの方は、
できれば、まずは説明会にいらしてください。
<東京での開催です>

2月17日(水)10:30-12:30
詳細、お申込みはこちらから
http://mmct.jcity.com/?ct=119F22100F17F0F0

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

鎌田が行うゆったりセラピー基礎講座(花巻)
4月17日(日)から隔週日曜日でスタートします。
早期申込割り引き期限が、2月14日(日)になっています。
と思っていたら、2月17日(水)でした。
失礼いたしました。

http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0

==

皆さん、おはようございます。


ゆったりセラピストの鎌田麻莉です。

お客さまから、「もっと強く」と要望を受ける事はありますか?

私は、あまり「もっと強く」と言われることはないのですが、

前回も書きましたが、圧についてのお好みを

セッションを始める前にお聞きしますし、

セッションの最中でも、どうかな?

と感じたときには、圧は十分ですか?

とか、強すぎませんか?とお聞きします。

特にフットで、足の裏を行うときは必ずお聞きします。

逆にオイルを受けるお客様の中には圧の強いのが

いやだから、という方もいらっしゃいますよね。

いずれ、お客様のお好みをお聞きする、

という事は大切ですし、

「圧は弱くも強くもできますから、

遠慮なく、ご要望をおっしゃってくださいね。」

とも伝えます。

さて、もっと強く、と言われた場合、どうしていますか、

ということなんですが、

私は、お客様の「もっと強く」を

「もっと十分に触れてほしい」と解釈するようにしています。

もっと強くって言ったから、強くしたよって言って

力任せにするのだったら、なんの芸も勉強もいらないじゃないですか。

お客様の”隠されたニード(欲求)”を汲み取っていかないといけません。


フローズン ニードって言葉を聞いた事がありますか?

私は、30代のときピア・カウンセリングに入れ込んでいた時期があって

そこで学んだのですが、

直訳すると

フローズン ニード=凍り付いた欲求

なんですが、”過去の満たされなかった”欲求というふうに

理解していいと思います。

お客様がもっと強く、もっともっと、と

おっしゃる場合、フローズン ニードである場合があると思います。

我々は、思うよりもずっと一般的な傾向として

「もっと十分に触れられたかった」というフローズン ニードを

抱えているものだと私は考えています。


フローズン ニードのやっかいなところは、

例えそれが、今この瞬間、十分に満たされているとしても、

過去の記憶の中の満たされなかった思いを引っ張りだしてきて

あたかもそれが今、満たされていないと錯覚すると

いうことが起こる、ということなんですね。

過去の満たされなかった欲求というものは

それが、いま満たされているとしても、

記憶の中の”満たされなかった”という思いが、「今ここにいる事」をじゃましてしまう

そして、もっと、もっと、もっと、とあたかも足りないかのように感じてしまうんです。

おそらく、今この瞬間、長い間の欲求が満たされれば満たされるほど、

記憶の中の満たされなかった欲求は、凍り付いたまま刺激され、

渇望感となり、際限のないもっともっとのサイクルに入るのでは、と思うのです。


このフローズンニードのサイクル(過去の満たされなかった欲求の記憶)から

どうやって抜け出して今、この瞬間の満足に、十分さに戻ってくるのか、

というのが、心で触れるボディワークの命題なんですよ。

セラピストとして、どのようにこの課題に取り組みますか?

ボディワーク、ソマティックアプロ−チは、このフローズン ニードに対して

とても有効だと私は感じています。


フローズン ニードに関してだけいうと

その際限のないサイクルから脱するには、

それはもう二度と手に入らない 

取り戻す事はできない

という”喪失”を受け入れるしかありません。

なぜなら、もう二度と過去に戻る事はできないからです。

代替を得る機会は、これからいくらでもあるとしても。

欲しいものを欲しいタイミングで手に入れる機会は、

完全に失ってしまったのです。

その場合、失ってしまった、という喪失感をいだくことを

自分に許すしか、手はないのです。

悲しみを抱くことだけが、唯一の癒しである場合があると私は思います。


さて、もっと強く、とお客様に求められたら、でしたね。

「もっと強く」を

「もっと十分に触れてほしい」と解釈してみたらどうでしょう?

または、

「もっと注目してほしい」という解釈かもしれません。

いずれ、

「もっと強く」を”腕力の強さ”だけに求めると

自分のからだを痛めるか、お客様のからだを痛めるか

のどちらかになってしまうのではないかと思います。

「もっと強く」を

多彩な触れ方を試してみるチャンスと受け取ってみてください。

そして、そこにお客さまのフローズン ニードが潜んでいるかもしれません。


寄りかかりと圧の強さは、リンクはしますが、

寄りかかりと圧の強さは、イコールではありません。

寄りかかりというのは、相手をより感じるようとするためのものですから。

そして、外側から、相手を自分が変えられる

または、変えなくては、という信念を手放したところに

「寄りかかり」がみえてきます。


心で触れるボディワーク本格コース
花巻合宿スタートします。
3月14日(月)ー19日(土)

詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=68F22100F17F0F0

=====================

<<以下、他の講座日程&詳細ページです>>

【ゆったりセラピー入門講座in盛岡】
2月21日(日)9:30-12:00
http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0

【ゆったりセラピーハンドケア講習in東京】
3月6日(日)10:00-13:00
http://mmct.jcity.com/?ct=153F22100F17F0F0

【ゆったりセラピー入門講座in花巻】
3月13日(日)9:30-12:00
http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0

【ゆったりセラピー入門講座in東京】
3月21日(月)10:30-13:00
http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0
*キャンセル待ちです

【ゆったりセラピー基礎講座in花巻】
4月17日(日)スタート
隔週の日曜日の開催です。
http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0

【ゆったりセラピー入門講座in東京】
4月18日(月)10:30-13:00
http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0

【寄り添う触れ方の技法講座】
4月29日(祝・金)10:00-16:00
http://mmct.jcity.com/?ct=85F22100F17F0F0

【心で触れるボディワーク一日講習】
4月30日(土)10:00-17:00
http://mmct.jcity.com/?ct=170F22100F17F0F0

【ゆったりセラピー基礎講座in東京】
5月16日(月)スタート
隔週の月曜日の開催です。
http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0


鎌田セッションを温泉サロンで受けたいな、という方はこちらから

http://mmct.jcity.com/?ct=102F22100F17F0F0

==
==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2016/02/15

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。