エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、医療の現場での触れるって?
日付:2016/10/25
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 

 エサレンボデイワークの
 アプローチを学ぼう

【心で触れるボディワーク1日講習】in東京
 11月16日(水)10:30-17:30

 >>>力一杯、募集中です!!!<<<

 こう言ってはなんですが、
 エサレン研究所まで行かなくても
 バリに一ヶ月こもらなくても、

 (エサレン研究所やバリのトレーニングの体験は
 素晴らしいと思いますが、)

 自然で効果的なからだの使い方を探求し、
 日本的な所作を身につけることを通して、
 エサレンボディワークのアプローチを
 ご自身の施術に生かし、
 より質の高いサービスを提供することができます。

 
 詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=170F22100F17F0F0


【ゆったりセラピー入門講座】in東京
 11月10日(木)10:30-13:00

 詳しくは、
 http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0

【ゆったりセラピー基礎講座】
 2017年1月14日(土)スタート!の
 早期申込期限は、11月14日になっています。
 お考えの方は、お見逃しなく。

 詳しくは、
 http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0
 




==
皆さん、おはようございます。



ゆったりセラピストの鎌田麻莉です。

前回、第4回ゆったりセラピー研究会について書きました。

プログでもシェアしましたが、

参加された会員の方からの感想にハタと

気がつくことがありました。;

==(ここから 感想のシェア)


これは私事からの感想になってしまいますが、

病院に行って、いくつかの科をハシゴして検査を受けて帰ってきた日は、

なんとも言い表し難いむなしさや、

不安を感じることがあります。

自分のからだのことが、明確に数値に出て、

写真でも確認できて、自分のことをより深く知ることができているはずなのに、

なぜか不安ばかりが残るのです。

それはなぜなんだろう、とずっと考えていました。

先日の研究会で、そのモヤモヤがはっきりとしました。

それは、「触れられていない」からなんだ!と。

検査といっても、ほぼ機械で行いますし、実際に医師に直接触れられる時間はほぼありません。

検査の結果としての、データ化された自分に出会っても、自分という実感がない。

だから、不安が残るのだな〜と、しみじみ納得しています。

「自己肯定感」が生まれない、ということなのかもしれません。


==(感想のシェア終わり)


私はこの一文を読んで、

今まで私がなんとなく、そして強く、病院には行きたくない

と思ってきた理由にハタと気がつきました。

患者として関わっても、看病で関わっても

病院という環境の中で

なんだか、気がつかないうちに自己信頼が目減りしていってしまう。

それを取り戻すのに一苦労する体験を積み重ねているから

できるだけ医療には関わらない、という態度をとっていたのだなーと。

そして、そうしているうちに医療について

よく考えることができなくなったいたかもしれません。

幸い、ここ数年、家族も自分も医療に関わらざるをえない事態に

なっていないのでそれで済んでいたけれど。


医療の中で「触れられる」、ということがここまで無くなっていたのだなーと

改めて彼女の感想を読んで思ったのでした。


今年、作業療法士の方が2人、ゆったりセラピー協会のトレーニングを終えられました。

医療職の代表格は、医師ということでしょうが、

医師は、ますます患者に触れなくても仕事ができるようになっているようですし、

看護師さんはどうしても触れなくてはいけない状況はあるでしょうけれど、

触れることそのものの質云々よりも

処置の的確さや判断、観察が求められるのだと思います。


それに対して、理学療法や作業療法分野では、やはり「触れる」ということが

その業務の中心で、そして、触れることにより、成果を求められていきます。

そういう意味では、ゆったりセラピーのコンセプトや手法に

興味を持っていただけるのかなと思うのですが、

正直、私的には、

「いや、もう十分学んでいて経験もあるのだから改めて我々のトレーニングを受けなくてもいいのでは?」

という思いがあったのですよ。

でも、ちょっとその考えが変わりつつある今日この頃なのでありました。


莫大な量の専門トレーニングや臨床経験を積んでいても、

触れることそのものの価値、については医療の中では現時点では学べないのです。

そして、今の医療の中で決定的に不足しているのは、

こうした触れられることによる、信頼や自己認知の深まり、自己肯定感を

育むことなのだろうと思います。


それなしに果たして、人は病いから立ち直っていくことができるのか、

と問うと、そんなことはありえません。


とはいえ、こうした今の医療の現状は構造的なものです。

相互の信頼や自己認知、自己肯定感を失わせることによって

利潤最優先の巨大な経済システムが回っているのですから。


医療の中で、触れることの最前線にいる理学療法士や作業療法士の方に

ぜひ、ゆったりセラピーを通して触れることそのもの価値を学んで欲しいと思います。

そして、

ひょっとしたら、密やかに誰にも気づかれることなく

ひょっとしたら、医療という枠組みを一歩出て

ひょっとしたら、病院や施設で、ではなく訪問という形で

それまでの経験の成果と、ゆったりセラピーの触れ方の質を融合していただけたらと思います。



=====================

<<以下、他の講座日程&詳細ページです>>


【ゆったりセラピー入門講座】

11月26日(土)10:30〜13:00 東京都内
12月18日(日)10:30〜13:00 東京都内

詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0


【寄り添う触れ方の技法講座】
 12月6日(火)11:00-17:00

今回は鎌倉・由比ヶ浜の素敵なスペースで行います。
 日常からしばし離れて「タッチの質」に取り組みたい方
 是非いらしてくださいませ。

 詳しくは、
 http://mmct.jcity.com/?ct=136F22100F17F0F0

 【鎌田麻莉によるエサレンボデイワークの
  デモンストレーションとお話の会】in東京
12月7日(水)14:00−16:30

 詳しくは、
 http://mmct.jcity.com/?ct=119F22100F17F0F0
 
 

【ボディワーカーのための
 現代レイキセミナーレベル1】in東京

 12月17日(土)&翌年1月14日(土)

*ゆったりセラピー協会のプログラムに興味のある方はここから始めるのもオススメです。

 詳しくは、
 http://mmct.jcity.com/?ct=85F22100F17F0F0


【ゆったりセラピーハンドケア講習】in東京
12月23日(金・祝)10:00-13:00

 詳しくは、
 http://mmct.jcity.com/?ct=153F22100F17F0F0


【心で触れるボディワーク本格コース】
 2017年1月30日(月)スタート
 早期申込期限は、11月30日(水)になっています。

 詳しくは、
 http://mmct.jcity.com/?ct=68F22100F17F0F0
 


【鎌田のセッションを受けてみたい方はこちらから】
http://mmct.jcity.com/?ct=102F22100F17F0F0



==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2016/10/25

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。