エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、臀部に十分寄りかかれていますか?
日付:2016/11/12
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 

【ゆったりセラピー基礎講座】in東京

 2017年1月14日(土)スタート!

 早期申込割引〆切が、11月14日(月)と
 迫っています。
 お考えの方は、お忘れなく

 詳しくは、
 http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0

 

 エサレンボデイワークの
 アプローチを学ぼう

【心で触れるボディワーク1日講習】in東京
 11月16日(水)10:30-17:30

 >>>残席1名です<<<
 
 詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=170F22100F17F0F0


【寄り添う触れ方の技法講座】
 12月6日(火)11:00-17:00

今回は鎌倉・由比ヶ浜の素敵なスペースで行います。
 日常からしばし離れて「タッチの質」に取り組みたい方
 是非いらしてくださいませ。

 詳しくは、
 http://mmct.jcity.com/?ct=136F22100F17F0F0



==
皆さん、おはようございます。



ゆったりセラピストの鎌田麻莉です。


「寄りかかり」の大切さについて

繰り返し、述べてもすぎることはないのかなーと思います。

エサレンアプローチを勉強した方なら、

ロングストロークのときに、どのように

自然に無理なく、寄りかかりを使って、受け手のからだに

寄り添い、自在に触れていくか、ということを

練習した経験があると思います。

簡単に見えて、案外、難しいですよね?



その難しさは、どこにあるかというと、

受け手のからだが、どこをとっても”曲面”であるので

その曲面に柔軟に自分を合わせていかないと、

自分のからだが安定せず、ぐらぐらするのです。

ロングストロークは、見るとやるのとでは大違い、

熟練者がスムースにらくらくと動いているから、

自分ももちろん、そうできる!はず、とやってみると

気持ちとは裏腹に、なかなか自分のからだや手のひらが、

受け手のからだの曲面にフィットせず、ストロークに安定感が

無くなってしまうのです。

短いストロークならそんなことないわけで、

ここが、ロングストロークの練習のしどころなんですね。

焦らず、くさらず、誤魔化さず、練習を積んでいくところです。


ところが、この練習中に、自分のからだの不安定さを

なんとかしようと、さまざまな小技を用いて、

そのせいで、手のセンサー機能を失ってしまいがちなんです。

例えば、手のひらをがっちり固めたり、

肩に力を入れて、全身のバランスをとろうとしたり、

決めたラインだけを繰り返し練習したり、ですかねぇ。。。


もっとも多くの人が陥っているのが、上腕を内旋させて、

大胸筋を収縮させてしまうことです。

エネルギー的には、ハートチャクラが閉じる感じですよね。

これは、からだのくせとして、肩をキュッとあげて内側にロールさせている人は

すべて当てはまりますが、とても多い印象です。

こういうからだの使い方の癖を持っている人がロングストロークを行うと

安定してスムースに、しかも寄りかかりながら手を滑らすことが難しいようです。

いくら練習しても、そのからだのくせを使っている限りは、

うまいこといかないのだと思います。


そしてこういうくせを持っている人は、受け手に「もっと圧」をと言われて、

これ以上はむり〜というくらい力を込めるんだけど、

やっぱり、受け手に充分じゃない、と言われてしまうようです。



今日は、この動画をみていただこうと思います。

心で触れる研鑽会「ロングストロークで臀部を通るとき」↓

http://blog.esalenbodywork.jp/2013/01/blog-post.html


私は、ロングストロークで全身を触れていくときに

臀部にフォーカスしながら、行うことが多いんですが、

その話をスタッフ研鑽会のときにしたら、

「えーっ」と皆がびっくりし、

臀部はどう通ったらいいか、分からない、とか

ぐらぐらする、とか、

どのラインを通ればいいの、とか

口々に言うので、「えー、こうやってちょーよ」とまあ、

鎌田、多少びっくりして、デモをみせたときの映像です。

さて、どうでしょう。


ブログには、動画とともに若干解説もつけましたので

参考にされてください。

願わくば、次回からのセッションでは、

ロングストロークで臀部を通るとき、

からだを充分受け手に預けて、寄りかかり

からだの球体面と筋組織の厚み、層構造を

充分に手のひらで感覚し探求してもらいたいです。


その感覚は、地球とともにあるという実感であるようにも思われます。


次回は、どのように肩に力を入れるくせを解除していくか、

考察してみようと思います。


=====================

<<以下、他の講座日程&詳細ページです>>


【ゆったりセラピー入門講座】

11月26日(土)10:30〜13:00 東京都内
12月18日(日)10:30〜13:00 東京都内

詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0

【鎌田麻莉のデモンストレーションとお話の会】

12月7日(水)14:00-16:30 東京都内

詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=119F22100F17F0F0

 
【ボディワーカーのための
 現代レイキセミナーレベル1】in東京

 12月17日(土)&翌年1月21日(土)

*ゆったりセラピー協会のプログラムに興味のある方はここから始めるのもオススメです。

 詳しくは、
 http://mmct.jcity.com/?ct=85F22100F17F0F0



【ゆったりセラピーハンドケア講習】in東京
12月23日(金・祝)10:00-13:00

 詳しくは、
 http://mmct.jcity.com/?ct=153F22100F17F0F0



【心で触れるボディワーク本格コース】
 2017年1月30日(月)スタート
 早期割引申込〆切は、11月30日(水)になっています。

 詳しくは、
 http://mmct.jcity.com/?ct=68F22100F17F0F0
 


【鎌田のセッションを受けてみたい方はこちらから】
 http://mmct.jcity.com/?ct=102F22100F17F0F0



==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2016/11/12

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。