エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、『ゆっくり』は、手抜きですか?
日付:2013/03/05
差出人:心で触れるボディワーク・鎌田麻莉 

「顔」にゆっくり丁寧に触れていくと
全身のボディワークを受けたかのようなリラックスと
統合感を味わいます。

フェイス・ヒーリングベーシック講習

3月16日、17日 + 4月21日(日)↓

http://mmct.jcity.com/?ct=102F22100F17F0F0


全体の構成や流れを確認できるDisc1 そして
手技の一つ一つを確認できるDisc2 の2枚組
コンセプトや留意点を解説したテキスト

鎌田麻莉の心で触れるボディワークDVDセット↓

http://mmct.jcity.com/?ct=119F22100F17F0F0


*。。*。。*。*。。*。


皆さん、おはようございます。


鎌田 麻莉です。

時間の流れるのが、とても早く感じるのですが、

この季節のせいでしょうか?

日が長くなってきたのも感じますね〜


前回は、「ゆっくり」ということについて

述べました。

皆さんは、どんなふうに感じましたか。


私は書いてみて、いろいろ重要なことが

その中に含まれているんだなーということに

改めて気づきました。


ボディワークのセッションは、もっとも重要な意図として

受け手の方が、自身の内面的な感覚を十分に感じ味わうスペースを

確保する、ということだと私は考えているのですが、

その意図で触れていくのか、変化を引き起こす人として触れていくのか、

で全く触れ方というのは違ってくると思うのです。

自分は、どちらの立場か、という問題ですね。



しかし、それだけではなくて、例え明確に

ボディワークを志したとしても、多くの人が

例えば

「ゆっくりしていると何をやっているのかと思われてしまうんじゃないか」

というある種のパターン化した考えにじゃまされて

十分、必要なだけ、「ゆっくり」からだを使うのが困難になりがちな訳です。

ここに「境界線」の問題が潜んでいるんだなーと思います。


私は、エサレンに出会い、ボディワークを学び実践して

一番よかったなーと思えるのは、

この「境界線」について学ぶことができたことだと言っても

いいくらいです。

DVDセットのテキストの中にも境界線について書いていますが、

境界線とは、さきほどの例に即して言うと

「それは、私が感じたことですか?

  あなたが感じたことですか?」

または、「それは私が考えたことですか?

     あなたが考えたことですか?」

という問題です。


ゆっくりしていると何をやっているんだと思われてしまう

という心理には、また、「判断」ということも起こっています。

案外複雑なことが、触れ手の内側に起こってしまっているのです。


触れ手は、ゆっくりしようと思ったが、

ゆっくりしていると(受け手に)何をやっているんだと

思われてしまうんじゃないかと恐れた、のですね。


ここで、「何をやっているんだ」と、批判的な判断をしたのは、

誰なのか、と私は 皆さんに問いたいと思います。

あたかも相手がそのように判断したかのような表現ですが、

ここで起こっているのは、

自分が、自分の考えや、しようとしている行為について判断しているのに

それを自分の判断とは認めず、相手が「そうだと判断する」と判断したのです。

複雑ですね!

そして、何が起こったかというと、実は、

「恐れ」という感情が自分の中に沸き起こったことを隠してしまったのです。



日常の中で、こういったことは頻繁に起こっていて

それがきっかけとなって、まあ、人間関係のもつれを引き起こしてしまうことは

よくあるんですね。


ボディワークのセッションでは、こうしたいわば「もつれ」を解きほぐす作用が働きます。

なぜかというと、考え(判断)ではなく、感覚にフォーカスしていくスペースを

確保する訳ですから、自分の内側で起こっていることか、そうではないのかが

明確になっていくのです。

この作用は、受け手ばかりではなく、平等に触れ手にも働きます。

エサレンのエサレンたる理由は、ここに着目した、というか

この作用を無視しなかった、ということでしょう。



”内的な感覚のモニタリング”とは、そういうことです。

そして、重要なのは、触れ手が自分の内的な感覚に十分に気づいて

触れるとき、そのタッチは、受け手が内的感覚にアスセスすることを

助け、導く質を持つ、ということなんです。



私は、そのタッチの質を、「心で触れる」と表現しました。





*。*。。編集後記 *。*。。

今日は、手技から離れて、

言うなれば、「心理的な側面」について考察しました。

いかがでしたか?

エサレンのエサレンたる所以が、はからずも述べることが

できたように感じます。

また、「心で触れる」ということの意味にも

触れることができたと思います。


春とはいえ、東北は、本当に暖かくなるには

これからまだまだ時間がかかります。

明るくなってきた日差しをゆっくり楽しみ、

雪解けを待ちたいと思います。



こちらから4月の鎌田のセッションの

ご予約を受けております↓

http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0




==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2013/03/05

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。