エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、魔法の言葉を知っていますか?
日付:2017/02/10
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 

理屈じゃないよ、

実践だよ、と長年思ってた。

まずは体験。

だってボディワークだもんって。


体験すれば、自ずと分かる、


はずなんだけども、

そうでもない部分もあるんだよね



何を何のために実践するのか、

それには何が必要か、


ちゃんと『頭』でわかっていないと

実践を持続できない。


継続して深めていくには、

知識と体験と両方必要なんだね!



というわけで、

心で触れるボディワーク入門メール講座を

開講することにしたのでした。



エサレンアプローチを理解するための

現時点で明確になっている事柄と理屈を

(私の中で、ですけど)

網羅しました。




【心で触れるボデイワーク入門メール講座】


2月21日(火)までにお申し込みいただくと

受講料10,800円のところ、

8,640円になります。


詳しくは
http://mmct.jcity.com/?ct=85F22100F17F0F0


ーーーー
皆さん、おはようございます。



ゆったりセラピストの鎌田麻莉です。


長年、エサレンアプローチを伝えるコースを

主宰してきて、

ここがなかなか伝わらないんだよなー

と思っていることって、いくつかあるのですが、

そのうちの幾つかは、

メール講座で伝えるべく、

頑張りました!


エサレン関連のものは、これを読めばいいというような

まとまった文献は出ていないんですよね。(たぶん)


(もし出ていたら教えてくださいませ)



「エスリンーアメリカの覚醒」 誠心書房

が、最も網羅しているかなーと

思うんですが、絶版になっています。

その解説にこんなことが書いてあります。


1960~70年代にアメリカで起こった、
人間の可能性の開発をめざした「ヒューマン・ポテンシャル運動」は、
アメリカ社会のすみずみにまで深い影響を与えた。

なかでも「エスリン研究所」は、その運動の震源地であった。

本書は、エスリンに集まった人びと
―マズロー、ロロ・メイ、パールズなど―の
人間性心理学の巨星たちの逸話を横糸として、
エスリンのドンキホーテ的な動きを織りあげるとともに、
人種問題、ベトナム反戦、ヒッピー、サイケデリックなどで湧いた、
アメリカの激動の時代に迫る。

==

(この文章のエスリン研究所は、

もちろん、エサレン研究所のことです〜)



エサレンアプローチは、

アメリカの文化ではない

人類に与えられたギフトよ


と私のエサレンの師匠、

ブリィータは常々言っていましたが、

その言葉を今また深く噛み締めています。



さて、なかなか伝わらないことの一つに

「フィードバックの仕方」があります。

交換で手技練習をした後に

フィードバックの時間を取ることが

トレーニングの定番になっているのですが、

(おそらく、どのエサレンコースでも

行っていることだと思いますけど、)



フィードバックを行っている受講生の言葉に

聞き耳を立ててみると

ほとんどが、

「評価や批評」になってしまっていて

あちゃーと思うことが、結構あります。

もちろん、フィードバックについて

こういうふうにするんだよ、と

お伝えするんですけど、


そうなんだ、と分かって、


じゃあ、すぐにそうできるかというと

そうでもないんですよね。

もしかすると、

そうなんだ、と分かるところまで行っていない可能性も

あるのかなーと思ったり。


トレーニングの時には、

みんな手技をできるようになることに熱中するし、

もちろんそれでいいわけですが、

それに熱中するあまり、

フィードバックの時間がお互いの批判批評に

終始してしまうこと多々あり。



えっ?

そういうもんじゃないの

と思った人もいるかもしれませんけど、

そうじゃないんです。



ここから、とても哲学的なことを言いますが(笑)


エサレン式フィードバックとは、


「お互いの内側の真実に耳を傾けること」



なんですよ。


でもさ、そんなことやってやれるかってー

ことですよね。

日常のパターンとして

私たちはお互いを批評批判しあっておりますから、

いきなり、お互いの真実に耳を傾け合う

なんて、言われたってそう簡単にできるもんじゃあ

ないってことですし、


たぶん、そうしようと思ったって

頭の中にまず湧き上がってくるのは、

自分自身をも批評批判する言葉のられつ

かもしれません。



ここが、実はトレーニング、鍛錬のしどころで

「私は何を感じているの?」

という問いかけに

自ら転じる必要があります。


それをして、それを伝えていくことが

エサレン式フィードバックってことになります。

これをやりこんでいくことが、

エサレンアプローチを学ぶっていうことだ

と言ってもいいくらいです。



ここで、考えたことと

感じたことについて

私は言っておく必要があるかなーと思うのですが、


考えたことは言葉から生まれてきて

感じたことはからだから生まれてきます。

そして、多くの人が日常的に

考えたことと感じたことを混同しています。

まずは、そこに一線を引いて、

感じたことを相手に伝える、

これがフィードバックということです。

「考え」は、その時の状況や時代背景

あるいはその人の価値観、人生観で変わり得ることですが、


「感じたこと」は、そうではありません。

だって、世界に一つしかない”からだ”が感じてしまったことなんですから。

もうどうしようもありません。

受け入れるしかないことなんです。


それを、相手に伝えることが

フィードバックなんですね。

そのための時間と空間を本気で作る

これがエサレンアプローチ実践の鍵になっていくはずです。


魔法の言葉

「私は何を感じているの?」

でした。



==

ゆったりセラピー基礎講座、

花巻で鎌田が教えるものが4月16日(日)から

隔週日曜日で始まります。

早期申し込み期限にまだ間に合うので、

お考えの方は、お申し込みのチャンスかなと思います。


【ゆったりセラピー基礎講座】

詳しくは
http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0


広島開催、集中8日間、まだギリギリ間に合うかと思います。
2月15日(水)ー23日(木)

中日、19日(日)は、ゆったりセラピー入門講座が開催されるそうです。


【ゆったりセラピー入門講座」

詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0

**2月12日(日)と3月12日(日)は、
  花巻で鎌田が開催するんでした。


そして、東京開催のゆったりセラピー基礎講座ですが、
次回は、5月ー8月、まだHPに日程は上がっていませんが、

連休明けから隔週木曜日で行うそうです。

お考えの方は予定に入れておいてくださいね。


そして、2月26日(日)は

ハンドケア講習が 絶賛お申し込み受付中です!

【ゆったりセラピーハンドケア講習】

詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=153F22100F17F0F0


ではでは

今日ばここまでということで









==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2017/02/10

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。