エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、ご無沙汰しました〜
日付:2013/03/26
差出人:心で触れるボディワーク・鎌田麻莉 


<東京校のおすすめです>

4月19日(金)
呼吸を深めるディティールワークを身につける
「ネック&デコルテ講習」

http://esalenbodywork.jp/programs/neck-decorte-workshop/


4月20日(土)ロングストロークを体験する
「心で触れるボディワーク一日講習」

http://mmct.jcity.com/?ct=153F22100F17F0F0

ーーーーーー

鎌田麻莉のセッションのご予約は
こちらからお申し込みいただけます
(花巻市大沢温泉にて)↓

http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0



*。。*。。*。*。。*。


皆さん、こんにちは


鎌田 麻莉です。

春ですね〜


いかがお過ごしですか。


先週は、本格コースの一週間でした〜
受講生のみなさんが熱心に取り組んでくれたので
私は、とてもHAPPYな時間を過ごしました。

昨日はスタッフ研鑽会。

お客様から、もっと「圧」をかけてほしい
と言われることが多い

「肩」について

研鑽しましたよ。

お客さまがもっと圧をかけてほしい、と

おっしゃるとき、それをそのまま鵜呑みにして

すべてのストロークに力を込めて行くのは

早計です。


お客様の「真の欲求」とは何か ということが

重要です。

「もっと十分に深く触れてほしい」

という欲求を「圧」という言葉で表現されることも

多い、というのが私の実感です。

そうしたズレが生じているのに、それに気づかず、

ただ、力だけを入れても、当然お客さまは満足しません。

そして、もっと「圧」をと、おっしゃるわけですが、

それに対して、もっと力を入れないとだめなのかーと

対応する、という悪循環になってしまっている場合があります。


また、人間のからだが圧を感じるには、

その場所と方向が重要で、それらがズレると

どんなに触れ手が力を込めても、受け手のからだはそれを感じなかったり

あるいは、ただ痛いだけだったり、不快に感じたりするものです。


まず、そこの理解が必要だなと思います。

昨日の研鑽会では、そこを確認し、

実際にどのような <場所><方向> が

的確なのか、ということをやってみました。

「肩」は難しいパートですね〜

触れ手が、受け手の肩甲骨の傾斜に対して、

自分の体軸をいかに合わせて寄りかかるか、ということが

触れ手に十分かつ心地よい「圧」を感じてもらうためには

不可欠なことだということが分かりました。

少しでも触れ手が自分の体軸からずれて寄りかかると

受け手にとっては触れられ感が損なわれるのです。

だから、圧を感じていただくということは、

「力を入れる」という問題ではなくて、

触れ手が、正しく自分の体軸を内的感覚として

モニタリングしながら、そこから触れていく、ということを

行わないといけないんですね。



今回は、動画のアップが間に合わなかったのですが、

いろいろ動画を準備していますので、

準備でき次第、メルマガでもご紹介して行きますね。


本日は、まずはここまで〜





*。*。。編集後記 *。*。。


昨日の研鑽会は、とても興味深かったです。

ほんと、触れ手が、ちょっとでも体軸感覚を失ったまま

どんなに力を込めて「寄りかかって」触れても、

受け手は全然、触れられてると感じないようなんです。

「ええ、じゃあ、いままで力の限り圧をかけたあのエネルギーは、

いったいどこに消えたのだー」と

叫ぶ、セラピスト。

寄りかかる、ということは、体軸感覚なしには起こりえないんだな

と確認した鎌田です。

寄りかかりの「質」を問題にしないといけないわけです。

非常に繊細な、触れ手の内的感覚を使います。



さて、冒頭では東京校のご案内をしましたが、

花巻校では、下記の通り;

4月14日(日)レイキセミナーレベル1 12:00-18:00

4月23日(火)ゆったりヨーガ&レイキ交流会 10:00-13:00

4月28日(日)ゆったり整体体験コース 13:00-16:00 

http://kokorodefureru.com/



鎌田麻莉の心で触れるボディワークDVDセット↓

http://mmct.jcity.com/?ct=119F22100F17F0F0





==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2013/03/26

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。