エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、もっとゆっくりお願いしまーす!
日付:2017/03/26
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 

ゆったりセラピー入門講座in東京
今週木曜日3月30日(木)、開催されます!
http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0

そして、

5月、6月は上京します!
ちょっと早いけど、
鎌田の上京日程、
取り急ぎお知らせしておきます。


施術の質を高めたいセラピスト向けと
考えているので
平日開催ですけど、、


【寄り添う触れ方の技法講座】
5月15日(月)10:30-16:30
http://mmct.jcity.com/?ct=136F22100F17F0F0



【心で触れるボディワーク1日講習】
6月13日(火)10:30-17:30
http://mmct.jcity.com/?ct=170F22100F17F0F0






====

皆さん、おはようございます。



ゆったりセラピストの鎌田です。

説明会などで、デモを見てくださった方がまず一番に

おっしゃるのは、

「ゆっくりなんですねー」

ということが一番多いかもしれません。

こないだも、参加された方が

「もっと激しいものと思ってましたー、ゆっくりなんですねー」

とおっしゃっていました。

は、はげしいって???


受講生やスタッフのセッションを受けると

もうちょとゆっくりやってほしいなーと思い、

そういううふうに言うことも多いのですが、

ゆっくりしなきゃいけないんだ、と「考えて」ペースダウンするのは

なかなか難しいかなと常々感じています。

ゆっくり、のペースは、まず


1、寄りかかろうとすると自然とゆっくりになる

2、自分の感じていることを確認しようとすると自然とゆっくりになる


この2つのことから生まれるのではないかと思います。


あと、ゆっくりの中身としては、

ストロークとストロークの「間」は充分か、

ということもあると思います。

先日、受講生の一人と話していたら、ゆっくりしていると

何をやっているのかと思われてしまうんじゃないかと思う

と言っていました。

次から次とストロークを繰り出さないと

何をやってるんだ! と受け手から思われるのでないかと

恐れているわけですね。

また、こんなことも言っていました。

できるだけ手を動かしてたくさんやってあげたほうがいいのでは

という気分になる、と


うんうん、「ゆっくり」というのは、たぶんにメンタルなものだし、

ゆっくりしようと思えばできるものではないんだなーと思うのです。

価値観の問題なんですね。


我々はつくづく

「短い時間に手っ取り早く、できるかぎりたくさんのことを成し遂げる」

ことが価値の世界に生きているだなーと思います。

そして、それを実現するために

心とからだを置き去りにするのです。

だから、疲れてしまったり、苦しく感じたり、

自分というものが分からなくなったりする。

ボディワークのセッションは、普段、置き去りにしてしまっている

心とからだを取り戻すためのものです。

だから、「ゆっくり」じゃないと駄目なんですね。

触れ手は、カチッとスイッチを切り替えて、

日常の価値感の世界から、感覚の世界の住人にならないと

いけないのであります。

そこから触れていくと、ゆっくりしようと思わなくても

ゆっくりになりますし、受け手を感覚の世界に誘える。


そのモードの切り替えができるように

いわば、意識のスイッチの切り替えができるように

ひとつひとつのセッションを練習してください!!



==



【ゆったりセラピー基礎講座】


花巻では、4月から
隔週日曜日のゆったりセラピー基礎講座が
始まります。

また、東京では5月から、
平日開催(隔週木曜日)の基礎講座が
始まりまーす。



詳しくは、こちらから
http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0



==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2017/03/26

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。