エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、微細な感覚です。
日付:2017/04/16
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 

今週は、東京で
入門講座が開催されます!


【ゆったりセラピー入門講座】
in 東京
4月20日(木)10:30-13:00

in 花巻
5月7日(日)10:00-12:30

詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0


そして、東京では、5月11日(木)から
隔週の木曜日で4ヶ月間がスタートします。

平日だったら、行けるのに。。。
と思っていた方、ぜひどうぞ

詳しくは
【ゆったりセラピー基礎講座in東京】

http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0


===

皆さん、おはようございます。



ゆったりセラピストの鎌田です。

先日、味噌を仕込みました。

手前味噌ってやつです。


去年、畑に大豆を植えて

3キロばかし収穫したので

それを仕込んだのです。

なかなか脱穀する暇を見つけられなくて

ということは味噌を仕込むこともできず、

冬じゅう、気に病んでいたわけですが

春になってようやくできた〜

ということでした。

ちなみに味噌は、寒い時に仕込んだ方がいいらしく、

ギリギリセーフ?っていうところでしょうか。

花巻は、ようやく梅が咲き始めたところです。


さて、「脱穀」からやると

結構大量の豆殻が出ます。

それで、この豆殻を燃やして

味噌豆を煮たらいいのでは?

と思いついたのです。

というわけで、八重畑自然農園のしょうちゃんに

なんでも燃やせるという

手作りのロケットストーブというのを借りて

豆殻で味噌豆を煮るというエコな味噌作りを

しようとしたのですが、

味噌豆を煮るには長時間安定した火力が必要なわけです。

ロケットストーブは、ちょっとそれには不向きで

結局、練炭で煮ました。

じゃあ、豆殻とロケットストーブはどうしたの?

ということですが、

お湯を沸かしてみましたよ。(笑)


これが結構はまって、朝起きると

まずは豆殻を焚いてお湯を沸かす

ということが日課となっている

ゆったりセラピスト、

鎌田でありました。


それで、何が言いたいかというと(笑)

どうも、この豆殻で沸かしたお湯が

美味しいんです。

あれっ?ていうくらい


なので、豆殻があるうちは豆殻焚いて

朝にうちにありっけのポットにお湯を入れておき、

だいたい一日中それでお湯は事足り、

しかも美味しい、

ということをやっているのでした。


やー、でも豆殻で沸かしたからって

美味しいなんて、気のせいなんじゃ、

とも思えます。

ま、気のせいかもしれませんが、

でもそう感じている私は、事実なわけです。

しかも練炭でかわしたお湯より美味しいんです。(笑)


そんな〜

って感じもするんですけど、

きっとそういうことなんだろうなー

と妙に納得しているのでありました。


ガスで沸かすのと

練炭で沸かすのと

豆殻燃して沸かすのと

水の分子の振動が微妙に違うんだろうなー

なんてね。


エネルギーレベルの感覚って

多分、そういう微細なことなんだろなーって


でも、それを美味しさだったり、

心地よさだったり、

ちゃんとからだは感覚するんですね。

タッチの質の問題も

そういう微細な問題なんだろうなーと




問題は、

気のせい、気のせい、とか言って

何にもなかったことにしてしまう傾向が

私たちにはあるってことかもしれません。



さて、そういうわけですから、

今日も、気のせいかな?

とも思うような微細な感覚を

ちゃんとキャッチして

セッションしていこうではありませんか!!!





ゆったりセラピストとして、

選手宣誓?してみようかと思います。




=====





このメルマガを

友人知人の方にご紹介いただけませんか?

メルマガ登録ページはこちらです。↓

https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=amuesa&MagazineID=1&MoreItem=1




------------------------------------------------------------------
*。*。。編集後記 *。*。。


私が子供だった頃

まだ”かまど”で煮炊きしていた

祖母の姿を覚えています。

もちろんガスもあったけど、

ガスを使うとお金がかかるからと

長く煮込んだりするものは

かまどを使っていたんですね、きっと。

お百姓だったから、

豆殻、とか燃やすものはいっぱいあったんでしょう。


そのかまども、

いつの間にかきれいに無くなっていたけれど。


ガスや電気は

つけたり消したり一瞬で便利だけど

その便利さと引き換えに

失ったものがあり、

少なくとも

その失ったものに気付いておこうと思うのです。



今年は、しばらくお休みしていた

フェイスヒーリングコースが

リニューアルして復活します。

説明会を開催しますので、

興味のある方は是非参加してくださいませ。


5月28日(日)10:30-13:00
世田谷区梅ヶ丘にて

詳しくは

http://mmct.jcity.com/?ct=119F22100F17F0F0


そして、5月6月、鎌田の東京でのクラスあります;

微細なタッチの感覚に気づくためのクラス

【寄り添う触れ方の技法講座】
in 東京
5月16日(火)10:30-16:30
http://mmct.jcity.com/?ct=136F22100F17F0F0


その感覚をオイルトリートメントに
生かすためのからだの使い方にフォーカスする

【心で触れるボディワーク1日講習】
in 東京
6月13日(火)10:30-17;30
http://mmct.jcity.com/?ct=170F22100F17F0F0



【ゆったりセラピーハンドケア講習】
in 東京
6月18日(日)10:00―13:00
*講師は、加藤あやかさんです。

詳しくは
http://mmct.jcity.com/?ct=153F22100F17F0F0




==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2017/04/16

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。