エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、セラピストの職業倫理って?
日付:2017/09/24
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 

【フェイス・ヒーリング入門講座】
*まだ、お申し込み大丈夫!

in 東京
10月1日(日)10:30-13:00


詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=119F22100F17F0F0


【寄り添う触れ方の技法講座】
鎌田、上京しまーす!
ただいま、続々お申し込みいただいています。

in東京
11月14日(火)10:30-16:00

詳しくは
http://mmct.jcity.com/?ct=136F22100F17F0F0




===========

おはようございます。


ゆったりセラピストの鎌田です。


お金を頂いて施術をするようになると

施術そのもの、についての

どうしたらいいんだろう?

ということもたくさん出てくると思いますが、

同じように、お客様との会話、

何をどのように話せばいいんだろう?

ということが案外、大変だったりするんじゃないかな

と思います。


本当は、というか

本来は、

セラピストの職業倫理として

「多重関係は、避ける」

ということがあると思います。

心理カウンセリングの現場では、

多分、このことは厳密に考えられているのかなと思います。

たとえは、

クライアントがやってきた。

そしたらその人は、息子の小学校の担任だった、

としたら、カウンセリングセッションがが成り立つか、

ということですよね。

セラピストは、冷静に話を聞けるかというと

かなり危ない。

クライアントも安心してなんでも話せるか、

というと無理ですよね。

生徒の父兄に自分のプライベートやモヤモヤを

洗いざらい話せるわけがありません。

こういう場合、担当交代、しなくてはいけないわけです。

多重関係のない人に担当になってもらう必要があります。



セラピストの職業倫理というと

多重関係を避ける、の他には

「守秘義務」があると思いますが、

クライアントと多重関係があると、

守秘義務を保つことが難しい場面も出て来やすいかと思います。


クライアントとしてきてくれた人とは

その他の人間関係を作らない方が、

セッションの場をより

クリアに保つことができます。


具体的にいうと

私は、セッションの後は、

よっぽどの事業がない限り、

セッションを受けてくださった方と

すぐ後に食事に出るようなことはしません。

もし、何らかの事情でセッション以外に

会わなければいけないことが出てきたら、

少なくとも日を変えます。


もちろん、一緒に映画や買い物に行ったっり(笑)

どんなにイケメンで、ワクワクしたとしても

デートに誘ったりしません(笑)


セッションの場では、

特別な、というか

精妙な、というか

センシティブな人間関係の場が築かれます。


逆に言うと、セッション以外の場で

セラピストで居つづけられるか、というと

それはちょっと難しいんだよね。

一度、クライアントとセラピストという

人間関係を結ぶと

クアイアントは、その人に常にセラピストでいて欲しいと

思うと思います。

でも、四六時中、そんなことできる??

(セラピストで居つづける、とは

”傾聴モード”のスイッチを入れるってことなんだけども)


心理カウンセリングではなくて、

ボディワークやヒーリングセッションでは

この多重関係を避ける、

ということに意識を持っている人は少ないかもしれません。

でも、セラピストとして仕事を長く続けていくには

重要なポイントだと私は考えています。


とはいえ、地域コミュニティでサロンを開いて、

この多重関係を一切避けようとすると

はっきり言って商売が成り立ちません。

なので、治療院等の先生によっては、

最初から、自分の住んでいる街ではなくて

隣の街で開業する方もいらっしゃると思います。

私は、温泉サロンの他に、自宅のすぐ近くに

サロンを開いていますが、

町内会の人たちや親戚には積極的に営業しません。


またクライアントも盛岡や北上など

少し離れたところからいらっしゃる方も多いです。

今は交通が便利になっているから、

それも可能ですよね。

クライアントの方から、少し離れたところに通って

多重関係を避けて安心して施術を受ける、

という選択をしていると言えます。



いずれ、クライアントと

新たな多重関係をつくらないようにすることは

できるわけだから、

私はそこに気を使います。


セッションの場での会話では、

この多重関係を避ける、

という軸があると考えやすいのではないかと思います。

また、セラピストの職業倫理として

守秘義務、の他に多重関係を避ける

のは、セラピストがセラピストでいるために

重要な項目です。


プロとして長く仕事を続けていくためには

この職業倫理についてよく知っていることが必要だと

思います。

社)ゆったりセラピー協会では、

協会としての倫理綱領を定めていて

ゆったりセラピストであるは、

実技試験に合格していることも条件ですが、

この倫理綱領に従う、ということに

誓約しているということも条件なのです。




==

以下、今年後半の講座日程です。


【フェイス・ヒーリングコース】

10月28日(土)スタート

詳しくは
http://bodyworkjp.org/course-face/
*満席になっていますのでキャンセル待ちになります。
*次回日程間調整中です。今しばしお待ちください。



【心で触れるボディワーク1日講習】

in東京
12月12日(火)10:30―17:30

詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=170F22100F17F0F0



【心で触れるボディワークDVDセット】
*本格コースで使う教材を販売しています。
コースを受講していなくても購入できます。
http://mmct.jcity.com/?ct=85F22100F17F0F0
==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2017/09/24

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。