エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、そもそも”ほぐせる”ものなのでしょうか?
日付:2018/01/07
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 

2018年がスタートしましたね!
今年は、どんな年になるでしょう?

今週末、続々入門講座が開催されます。

まだ、お申し込み大丈夫です〜


【フェイス・ヒーリング入門講座】

in 東京
1月13日(土)10:30-13:00

詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=85F22100F17F0F0



【ゆったりセラピー入門講座】

in千葉
1月11日(木)10:30-13:00

in花巻
1月14日(日) 10:30-13:00

詳しくは
http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0


==

皆さん、おはようございます。



ゆったりセラピストの鎌田です。


皆さんは、新しい年にどんな抱負を抱いて

お過ごしですか?

年末年始の休暇を過ごした人も

年末年始、仕事で忙しかった方も

そろそろ、日常の生活に戻っているかもしれませんね。


エサレンアプローチへの一つの明確な答え

と題して書き続けているこのメルマガ、

まるまる5年を過ぎました。


ま、答えは一つでなくてもよい訳ですが、

自分なりに答えを求めて28年間、

セッションを続けてきました。

そして、このメルマガでは、

これまで、エサレンアプローチを教えるという経験から

エサレンアプローチの施術を実践する際の

「施術者のからだの使い方」について

述べてきましたが、今年は、もう少し

施術の際のポイントに踏み込んで行こうかな、

と思っています。

これは、私が施術する際にどういうところを見て行っているか、

また、施術の経験からどういう知見を得ているかということを

ぽそぽそ書いてみようかな、

というものです。

よかったら、お付き合いくださいね。


というわけで、

最初は、そもそも”ほぐせる”ものなのか

ということについて書いておきたいかな、

と思います。

答えとしては、「私がほぐす」という立場で施術しないでね、

と私は思ってます。


エサレンの基本コンセプトは「心身一如」と言われます。

この「心身一如」をどういうふうに理解していくか

ですよね。



「私がほぐす」という立場に立って触れると

外側からの判断に依存していきます。

つまり、”私”から見てその部分がほぐれているか、

にこだわって行くことになる。。

つまり、身体だけを見ていく、ということになります。


そして、外から見て、ほぐれているかどうか、

そしてほぐれていないともっとほぐそう、

と、緊張やコリに対して直接

もっともっとと力任せに触れていく

というループに陥りがちなわけです。


からだというものは”時間軸”も加えて

みていかないといけないと思います。

そこに実は”心”が、含まれる、というか。


その瞬間、”ほぐれた”ように”見える”ことだけに

こだわってはいけない、ということですよね。

本当に心身が緩むとき、そこには時間差が生じます。

触れているそのときに、変化が起こることは稀です。

むしろ、触れ終わった後の「間」、に変化が起こる。

それは、コリがほぐれる、だけの単純な変化でありません。


さて、仮に、百歩譲って、”ほぐせる”としても

からだは、全体が繋がっていて、

ある部分の緊張やコリは、

必ずどこか別の部分に繋がっています。


また、そうした緊張やコリは、

習慣的なからだの使い方や

心理状態や、

ストレスへの反応として

現れているものです。


そして、緊張やコリと一口に言っても

短縮したままの筋肉には、

対応した、伸展したままの筋肉が必ずあります。

結構、複雑に入り組んでいます。


なので、施術者が言ってみれば、

自身の浅はかな考えで

というか、自身の自我を満たすために

緊張やコリの部分にほぐそう、ほぐそうと触れて

仮に施術者の目(外側)から、ほぐれた、と見えても

そこにどんな意味があるのか、と問わざるをえません。

むしろ、その方のバランスを崩してしまうことに

なりかねません。


施術の方向性として言えば、

施術者は、タッチを使って

緩む状況に全体を誘導していく

緊張を手放すきっかけを作る

そして、いわば、受け手の自然治癒力が

最大限に働くような心身のモード、

呼吸がより深まるような”スキマ”を

作っていく

それが、リラクセーションのあり方なのかなーと

私は考えています。


そこらへんの、

タッチに関連した脳神経系の解剖生理的知見を

「世界で愛される癒しのエサレンメソッド

〜心で触れるボディワーク」

にまとめています。

ぜひ、手にとっていただければと思います。


とはいえ、街中のリラクセーションサロンで

働いている方からは、

「でも、お客さんにもっと強くって言われるんです〜」

または、「ほぐしてこそなんぼでしょ」

って声が聞こえてきそうです。

でもね、力任せに触れていっても結局

強押しを望むお客さんには満足してもらえないんじゃないかなー

そして、自分の「からだ」は、ますますしんどいわけでしょ?

いつまで、それを続けられる?



そこはぜひ、「寄りかかり」の技を習得してほしいんです。

コツをつかむには、忍耐と時間と工夫が必要かもしれませんが、

諦めないで取り組んでいただければ、と思います。






==

前回ご案内した鎌田の2月19日、20日の
東京での個人セションは、
満席となっています。
ありがとうございました。

今後、キャンセルが出ましたら、
都度、お知らせいたしますね。

==


【ゆったりセラピー基礎講座】 

月一回土日コース4ヶ月間 in 東京
2018年1月20日(土)スタート
【残席1】

月一回2日間平日コース4ヶ月間 in船橋
2018年2月6日(火)スタート
【残席3】

隔週日曜日4ヶ月間 in 岩手
2018年3月11日(日)スタート
【残席5】

隔週木曜に4ヶ月間 in 横浜
2018年4月12日(木)スタート
【残席4】


詳しくは
http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0


【フェイス・ヒーリングコース】

3月24日(土)スタート

詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=153F22100F17F0F0
【残席5】


【心で触れるボディワーク本格コース】
2018年5月28日(月)ー6月2日(土)スタート

詳しくは
http://mmct.jcity.com/?ct=68F22100F17F0F0

**早期申込&分割払い特待生募集開始しました。
期限は、1月22日(月)まで。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://blog.esalenbodywork.jp/2018/01/2018.html

==

【書籍】

「〜世界で愛される癒しのエサレンメソッド〜

  心で触れるボディワーク」


絶賛好評発売中!!

詳しくは、こちらから
http://kokorodefureru.com/2016/01/01/shoseki-kokofure/
==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2018/01/07

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。