エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、「向きを合わせ」ていますか?
日付:2018/04/22
差出人:ゆったりセラピスト・鎌田麻莉 

【「なぜ、顔なの?」メール講座】

ゆったりセラピーの重要な施術メニューの一つ
フェイス・ヒーリング

顔に触れる、ということはある意味特別です。
なぜなら、「社会神経系」に直接働きかけるからです。
”リラックス”のレベルがなぜ違うのか、
そして、どのような解剖生理的機構が働くのか

フェイス・ヒーリングに興味のある方は
まずは、メール講座からおはじめください。

詳しくはこちらか
http://mmct.jcity.com/?ct=102F22100F17F0F0


【ゆったりセラピー入門講座】

「ただ触れる」「寄りかかって触れる」を
体験しよう!!

目からウロコです。


in花巻
5月8日(火)10:30-13:00

in横浜
5月17日(木)10:30-13:00

in船橋
5月19日(土)13:00〜15:30


詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=34F22100F17F0F0



心で触れるボディワーク本格コース
絶賛お申し込み受付中です。

質の高い、全身オイルトリトーメントを
身につけたい方、

ゆったりセラピー及びエサレンアプローチの
全身オイルトリートメントを見につけたい方、

すでに何年かの経験を積んでさらに
自分の施術の質を上げたいとお考えの方に。


5泊6日の合宿を2回。

じっくりと取り組んでください!


【心で触れるボディワーク本格コース】
2018年5月28日(月)ー6月2日(土)スタート

詳しくは
http://mmct.jcity.com/?ct=68F22100F17F0F0


==


皆さん、こんにちは


ゆったりセラピストの鎌田です。

先週、ゆったりセラピーインストラクターコースの最終の合宿2泊3日を

終えてホッとしています。


ゆったりセラピーのコンセプトをより深めることができた感じがしています。

また少しづつ、書いていきたいなーと思いました。


施術のデモンストレーションもいろいろ行ったのですが、

その中で、今まであまりこのメルマガで

述べてこなかったかなと思われるものもありました。


施術の際のからだの使い方で、「股関節の内旋の動き」について

多分、このメルマガでは、

寄りかかりの際の、「後ろ足の蹴り」の際に生じる、

ということは解説していたかな、と思うのですが、

実際、インストラクターコースの中で

その動きをデモンストレーションとともに解説すると

「蹴り」という言葉に惑わされて

実は、そこに含まれる中心の重要な動き

”股関節の内旋の動き”について

受講生のみんながあんまりちゃんと理解していないことに気がつきました。

ま、そりゃ、そうだな、とも思いました。


「蹴り」って言われたら、なんか

えい!!っていう感じの強い大きな動きを想像するよね。

でも、実は股関節をわずかに内旋させるだけの

微細な動きなんです。


実は、この股関節を内旋させる動き、

「蹴りを入れる」以外にもとても重要で、

例えば、「向きを合わせる」時にも

この股関節の内旋の動きを使っているんだね。


「向きを合わせる」

というのは、寄りかかっていく時に

(これはただ触れるの際にも必要だけど)

寄りかかる”対象”にきちっと向きを合わせていく

ことが、ちゃんと寄りかかれる、条件なんです。


これ、私にとってはあまりにも当たり前なので

あんまり意識していなかったけど、

受講生の多くは、実は、向きを合わせられていない

つまり、股関節の内旋の動きを失っているんだね。

そするとどうなるかというと

パートナーに触れる時、

その触れるパーツに、向きを合わせることなく

にゅーっと、手だけ先に伸ばして触れることになる

で、寄りかかれるかってーと

寄りかかれません。

向きがあっていないとね。


そして、そういう触れ方では、からだを痛めます。

なぜなら、腰や、肩や、肘や手首に

微妙な捻りが加わってしまい、

下半身の力が
(地球からのエネルギーと言い換えていいと思いますが)

うまいこと手のひらに伝わらないから

にもかかわらず、

圧をかけようとするので、からだ、つまりはあちこちの関節を傷めるんだね。


「向きを合わせる」

施術の際に、体軸を、触れる対象にまっすぐに向ける

ということは重要なんですが、

意外と向き合っていないのだなーと思いました。


それは、股関節の内旋の動きが

日常生活の中で

どうも、我々の体から失われているからかなーとも思うのです。


和服を着なくなって、

さらに近年では畳の部屋が住居から消えて

正座をはじめとした

床に座る動作をする機会がほとんど無い生活環境の方も

多いかと思います。


実は、正座するとき、股関節は内旋するんです。

それにより、体軸が正中線に保たれるのです。


「触れる質」を探求していこうとするとき

そういった、”失われ”つつある微細なからだの動きを

意識的に取り戻していくことが

重要だということに気づいた、今回2泊3日の

インストラクターコースでありました。


そうそう、合宿に参加してもらえると

こうした、失いがちな微細なからだの動きを

取り戻すための十分な間や

エクササイズや、

さらにはデモンストレーションを受けたり

みたりの体験をしてもらえると思います。


からだの動きって

それを失っていると

実のところ、

言われても何のことか分からない、

という類のものかと思うのです。


動くようになって初めて

あ、こういうことか、と納得する


合宿では、そこまでいけるなーと思ってます!



日常に、和服を着ることを取り戻すのは

なかなかできかねると思いますが、

正座の機会は、意識すれば

つくれるのかもしれませんね。


という私は、

この原稿を今正座で書いとります。

ま、私の家が古い家で台所以外は

畳の部屋なんで

畳でゴロゴロしたり、

座ったりの日常なのです。

ご飯を食べたり、原稿を書くときは

正座になってます。全く無意識ですが。


多くの皆さんは、すでに椅子が中心の生活なんでしょう。

皆さんは、いかがですか?


実は、その中で

股関節をわずかに内旋させて体軸を保つ

という基本的なからだの使い方が失われているのです。

それが、施術の際の触れ方の質に

知らずに影響を与えているのですね。


触れる対象にまずは、向きを合わせてから

(体軸の正面を向けるということですが)

触れる手をそっと伸ばす。


そこに実は、絶妙な「間」と

エネルギーが生まれます。



今日のセッションは、「向きを合わせる」ことに

意識を向けてみてください。

そこにはどんな微細なからだの動きが必要でしょうか。


そして、それを意識する時に

どんな感覚や動きに気づくのでしょうか。




=====





このメルマガを

友人知人の方にご紹介いただけませんか?

メルマガ登録ページはこちらです。↓

https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=amuesa&MagazineID=1&MoreItem=1




【書籍】

「〜世界で愛される癒しのエサレンメソッド〜

  心で触れるボディワーク」


絶賛好評発売中!!

触れることに関わる解剖生理を網羅しています。

詳しくは、こちらから
http://kokorodefureru.com/2016/01/01/shoseki-kokofure/


==


【ゆったりセラピー基礎講座】


iin 横浜 <残席2>
6月14日(木)スタート隔週木曜日4ヶ月間


詳しくは
http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0

*夏休みを使って参加しやすい
 7月(広島)8月(千葉)の集中講座あり。

*花巻の火曜日コース、7月から始まります。



【ゆったりセラピーハンドケア講習】

in 東京
6月17日(日)10:00-13:00

in 茨城
7月7日(土)10:30-13:30


詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=51F22100F17F0F0



【寄り添う触れ方の技法講座】in 東京

5月22日(火)10:30-16;00

詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=136F22100F17F0F0
<満員御礼、キャンセル待ち>



【心で触れるボディワーク1日講習】in 東京

6月12日(火)10:30-1730

詳しくは、
http://mmct.jcity.com/?ct=170F22100F17F0F0
<残席4>
==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2018/04/22

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。