エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、手はトンカチでしょうか?
日付:2013/07/03
差出人:心で触れるボディワーク・鎌田麻莉 

<お知らせ>

10月から、花巻の温泉サロンでセラピスト枠の空きがでることに

なりましたので、この場を借りて募集いたします。

応募要項等、詳しくは以下をごらんください;

http://blog.esalenbodywork.jp/2013/06/blog-post.html


*。。*。。*。*。。*。


皆さん、こんにちは


鎌田 麻莉です。

7月になりましたね〜いよいよ夏の到来?!

とはいえ空梅雨です。もう少し雨が降ってくれないと。。

畑の作物が育ちませーん。

と思っていますが、皆さんの7月は、

どんなご予定ですか?

夏は、やはり、海や山へお出かけでしょうか?

私は、いわゆる「レジャー」に出かける予定はなく

サロンと講座の日常を過ごす予定ですが、

お盆に親戚に会うことを案外楽しみにしています。


さて、7月最初のメルマガは、手はトンカチか?
ということを考察したいと思います。

否、手をトンカチの代わりに使わないでね、

ということを言いたい訳です。

というのも、これはずっと前から気づいていたことで

いつか、詳しく書きたいものだと思っていたテーマでも

あります。

触れていくときに、私は、手のひら全部を使って触れ、

できる限り、接着面を広くしていく、ということが

触れ方の基本であるよ、とまー、繰り返し述べる訳ですが、

受講生やスタッフの触れ方を見ていると

なかなか、手のひら全部を使う、ってことが難しいようだなーと

思います。

例えば、手根だけを当てる、とか

手のひら全部で触れてるようだけど、

よくみると指に力が入っていて、手のひらの真ん中を

浮かしていたり、手のひらはついているんだけど、

指先は浮かしていたり、親指の付け根だけを当てていたり、

してますねー。

十分な刺激を与えようという考えでそういうふうな手の使い方になるのか、

なぜに?わざわざ、そんなことを?と私は思ってしまうのですが、

触れ方のくせとして身につけてしまっている場合が多いです。

無意識にもうそうなっちゃう、という感じの人は多いです。


そういう触れ方でないと

十分な刺激を受け手のからだに与えられないのだ、

という信念があるようにも感じられますし、

外側から十分に刺激を与えれば、凝りや緊張を解消できるのだという考え方が

ここには、こびりついているようにも思われます。

また、受け手の方から、もっと圧を、もっと強く、と

要望されることも多いかと思います。


エサレンのアピローチを実践していこうとするとき、

特にロングストロークのとき、

この、手のひらを大きく柔らかく使っていくということは、

寄りかかりという体の使い方を安定させるためにも重要ですし、

「感覚する」ということを十分行うにも重要です。


わかっているけど、やめられない、これがまー

「くせ」というものですが、はやいこと「くせ」を解消して、

手のひらを大きく開く触れ方で触れてほしいものだと

私は思っている訳です。

それには、「触れる」ということが果たしてどういう意味を

もつものなのか、ということをもう一度捉え直していくことも

必要ではないかと思います。



「十分な刺激を外側から与えれば、

<手をトンカチとして使えば>

凝りや緊張を解消させられる」と理解している限りは

やはりどうしても手をトンカチとして使ってしまうと思うのです。

手がトンカチでないならば、ではいったい何か、

私は、センサーとして使ってね、と言っていますが、

私の意味することを本当に理解してもらうには、

触覚というものがどういうものなのか、ということを

もう少し丁寧に説明しないといけないなと日頃思っています。

長年、そう思っていますが、十分に解説したことはまだないので、

7月はそれに取り組みたいと思います。


我々は、触れることを通して、情報を与え情報を得ているのです。

それについて、来週から解剖学的知見を交えながら

書いていきますね。

今日はここまで、ということで。

==


まだ間に合います!

2泊3日リトリート
7月8日(月)ー10日(水)
花巻校にて開催します。

本来は、本格コースの卒業生のためのフォローアップの
講座ですが、今回はDVDセットをご購入の方の
ご参加も受け入れています。

「ここはどうなっているの?」
「こういうときはどうすれば?」
 そんな疑問や自身の課題をもっていらしてくださいね。
特別な3日間にしましょう!


http://mmct.jcity.com/?ct=51F22100F17F0F0




*。*。。編集後記 *。*。。


今日は、さきほどから雨が降り出しましたよー

少し降ってくれたらいいですねー

恵みの雨です。



9月2日(月)から始まる本格コースの早期申し込み期限は

7月5日(金)です。


本格コース詳細
http://mmct.jcity.com/?ct=68F22100F17F0F0

心で触れるボディワーク基礎講座の秋日程、アップしました。
10月から毎週日曜日で開催します。
詳しくは


http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0

==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2013/07/03

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。