エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、痛くないですか?
日付:2013/08/10
差出人:心で触れるボディワーク・鎌田麻莉 

心で触れるボディワーク本格コース
秋冬のプログラム、まだお申し込みを
お受けできます。

詳細は、こちらからどうぞ

http://mmct.jcity.com/?ct=68F22100F17F0F0


<東京校>
心で触れるボディワーク一日講習
8月17日(土)12:00-18:00

http://mmct.jcity.com/?ct=153F22100F17F0F0


*。。*。。*。*。。*。


皆さん、おはようございます。


鎌田 麻莉です。

皆さんは、子供のころ、おしくらまんじゅうって

いう遊びをしたことがありますか?

どういう遊びかというと、5、6人以上は必要かなーと思うのですが、

外をぐるっと囲うグループと中に入るグループ、二手に分かれて

外をぐるっと囲うグループは、背中で中に居る人たちを押す訳です。

「おしくらまんじゅう押されて泣くな」

「おしくらまんじゅう押されて泣くな」

ってかけ声をかけながら、ぎゅうぎゅうお互いに寄りかかり合う、

という、それだけの遊びなんですが、結構楽しくエキサイト!!!

ああいう体験があるとどんだけ寄りかかって大丈夫、という感覚が

育つかなーと思った次第です。

人間って、結構丈夫なんですね。とはいえ、こつがあって、

変にからだに力を入れない方が、バランスがいいんです。

すっかり力を抜いてとなりに居る人や後ろに居る人にからだを預けてしまい、

押されるままになっているほうが、楽しいし、痛くない。

変に自分であれこれ画策して動こうとするとバランスを崩して転んだり、

変なところを変な角度で押される事になって痛かったりします。


本格コースの中で、基本的な寄りかかりの技として、オープニングに使いますが、

脊柱起立筋に寄りかかる、ということをやります。

これはタオルの上から行うもので、他の指圧とか整体を受けに行っても

オープニングにこの技を使う人は多いですね。

でもこれはシンプルだけど難しくもあり、これがどんぴしゃりできる人は、

この人は熟練者だなーと思いラッキー!と思ったりするわけです。


コース中、このデモをやって、受講生のみんなにもやってもらう段になると

「必ず、どれくらい押していいんですか?」みたいなことを聞いてきます。

まずは、方向が重要で、マッサージ台に対して、垂直に力を

入れると圧迫だけ感じて気持ちよくないです。

<気づいているかな?>

私は、ギターの弦を弾くようにというんですが、

要するに脊柱起立筋という背面の脊柱の両脇の盛り上がった筋肉、

ギターの弦のようにピンと張ったすじ状の構造物を外側に

引き延ばすように寄りかかっていきます。

そすると、ギターの弦が横に引き延ばされるのと同じように

脊柱起立筋も外側にぐんと広がりますよね。

と、受講生のみんなは不安になるらしく、

どこまで寄りかかっていんですか?と聞いてきます。

私は、

「どこまでって、寄りかかるってことは、100パーセント寄りかかるってことよ」

と心の中で思うわけですが、

その言葉を飲み込んで、「受け手の人に聞いてみたら?」と云います。

と、「痛くないですかぁ?」と聞いています。

「これくらいで痛い訳がないべ」とまた私は心の中で思うのですが、

ぐっとこらえます。

そうすると、受け手は、大概は

「全然大丈夫、、もっときてもいいくらい〜」

なんて言ってますね。

と、触れ手

「えーっ、こんなに寄りかかっていいんですかあぁ」とか叫んでる。

「いいに決まってるべ、寄りかかるとはコントロールしないってことなのさ」

再び、心の中で私。

こういう会話が、毎回あるので、冒頭のおしくらまんじゅうを

思い出した、というわけです。


この「痛くないですか?」の質問、たいへん興味深いと思います。

痛みについて我々は、それがどういうメカニズムで、どういう意味を

われわれのからだに投げかけているのか、少し詳しく知っておく必要がありますね。

次回、そこに踏み込んでみたいと思います。

少なくとも 「痛み=悪」という短絡的な図式ではないのは

もうお気づきのことと思います。

でも、初心者の方は、そういう思い込みが知らずあって、

思い切って触れる、あるいはリラックスして触れる、

ということ事ができない方も多いのかもしれません。


うーん、本格コースで、「おしくらまんじゅう」を毎朝やる、

とかもありかなー

とふと案外本気で思ったりする鎌田でありました。




==


*。*。。編集後記 *。*。。


先日、センサリー・アウェアネス ジャパンの杉田さんから

ご連絡ををいただきました。

ジュディス・ウィーバー博士によるワークショップが

10月に東京と京都で開催されるようです。

お興味のある方は、こちらをご覧くださいね。

http://www.sensoryawareness.jp/workshop.html


==

9月2日(月)から始まる本格コースの詳細は

http://mmct.jcity.com/?ct=68F22100F17F0F0


心で触れるボディワーク基礎講座の秋日程、アップしました。
10月から毎週日曜日で開催します。
(来年は、このプログラムを東京校でも行えるよう考え始めました。)
詳しくは


http://mmct.jcity.com/?ct=17F22100F17F0F0

さて引き続き、鎌田は土曜日、ゆったりサロン絆におります。
==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2013/08/10

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。