エサレン・アプローチへの1つの明確な答え (バックナンバー)
----- 有限会社 編カンパニー -----



件名:皆さん、単にリラックスだけ!?なのでしょうか。
日付:2013/10/07
差出人:心で触れるボディワーク・鎌田麻莉 

  
。*。。*。。*。*。。*。




皆さん、おはようございます。


鎌田 麻莉です。


今年は、思うところあって日本統合医療学会の大会に参加しようかなと

思っていろいろ資料を読んでいますが、

<12月21日、22日に開催されます。>

詳しくは

http://mmct.jcity.com/?ct=51F22100F17F0F0


その資料文献の中に

「〜単にリラックスするだけではなくて、なんとかの効能がある〜」

というような意味合いのことをある医師が述べている記事を目にして、

「でた〜」と思いました。


こういう言い方というか、評価は一般的によく耳にするのですが、

仮にも「統合医療」を志す医師が、単にリラックスするだけ、なんて表現をするようじゃ

困るなーと思いました。


その文脈としては、アロマテラピーについて述べているわけですが、

「単にリラックスするだけではなくて、精油の成分的な効能を有効的に使っていく〜」

というような意味合いを述べているのです。

この表現には、「単にリラックス」ということと

「精油の成分的な効能を有効的に使っていく」の間に

優劣があって、明らかに「単にリラックス」の価値が相当に低い感じが

するのですが、それは私だけがそう勘ぐってしまっているだけでしょうか。

そして、それは、果たして事実でしょうか?



世の中には、

「単にリラックスするだけ、」がどうしてもできなくて

苦しんでいる人がたくさんいると私は思っています。



そういう人が、あるつらい症状を抱えるようになって病院にいく、

そうしたところ、もしかしたら、ある病名がつくかもしれないし

つかないかもしれない。

病名によって、投薬が行われ、もしかしたら病名を確定するために

検査が行われたりする、現在の医療はそういう流れですよね。


「単にリラックスするだけ」が十全にできれば、

緩和されたり、改善したりするような病状も多いんじゃない?

と私は常日頃思っているのですが

皆さんは、どのようにお考えでしょうか?


我々ボディワーカーは、特に心で触れるボディワークでは、

「単にリラックスするだけ」を、

タッチを使って味わっていただく、という専門家なのですね。

専門家というからには、「単にリラックスするだけ」が

いかに大切か、ということを他の専門家よりも理解している必要があるし、

それを社会的にきちんと発信していく責務、というものも

あると私は考えます。

そしてまた、「単にリラックスするだけ」の中身とは

心だけの問題でもなくからだだけの問題でもない、

双方が関わっているわけです。


「単にリラックスするだけ」は、侮れないんですよ。


また、ここが私が長年こだわってきている点でもあるんですが、

真に「単にリラックスするだけ」を味わっていただくには、

そこに治療的な要素や、美容的な要素を触れ手の側が主張して

紛れ込ませると

本物のリラックスにはならないんじゃないのかな、

と思う訳です。

受け手の方が、単にリラックスするだけを味わった後、

気になっていた症状が緩和したり、きれいになった、

と気づくのはとてもすばらしいと思うのですが、

触れ手が最初からそれらを力強く示唆してしまうと、

厳密な意味で「単にリラックスするだけ、」が実現しなくなって

しまうと思うのです。そして、

「単にリラックスするだけ、」がもたらすであろう果実を

得ることから離れてしまうと思うのです。


「単にリラックスするだけ、」がもたらす果実とは、

味わうまではそれがどんな味がするものなのか、

触れ手も受け手もわからない、というミステリアスなものなのです。


ボディワークのセッションを受ける、ということが

そういうわくわくドキドキの体験であってほしいと

私はいつも思っています。





==


*。*。。編集後記 *。*。。


10月4日、5日と東京でした。

4日の朝、新幹線に乗り込んでホット一息、

お昼用に作ったおにぎりを2つとも食べて(早弁?)

ふと気づくと、なんと携帯電話をもっていないではありませんか!!!

本当にびっくりしました。

思わず立ち上がってしまいましたが、新幹線を止めることはできず、

とりあえず、また座り考えました。

用足しにでたのにそれに必要な忘れものをしてしまったときの常套手段は、

1、家人に電話しもってきてくれ〜と泣きつく、か、

2、スタッフに連絡をとり、必要な情報をおくってもらったり
連絡をしてもらったり、手配をしてもらう

ですが、携帯電話があればこそであります。

うーむ、とりあえず、今日いかなくてはならない3件の用事の

一番最初の場所にたどり着ければ、あとはなんとかなる!

と思い直し、携帯電話をもたない2日間を楽しむことに

腹を決めたのでありました。

しかし、すべての情報が携帯の中にあり、

訪問先の住所や電話番号などのメモすらないのです。

うろ覚えの駅名や事前に見た地図の記憶を頼りに

うろうろ。

この間、いろんなラッキーがあり、

出会った方々にはお世話をおかけし、なんとか予定のことを

すべて済まして、返りの新幹線の中では

うっかりビールを飲まないようにすることも

ちゃんと思い出して

(車を駅の駐車上に置いていたので)

無事、帰ってきたのでありました。


この間、鎌田にメールや電話したが返事がこないと

思っていた方々、そういう事情だったのか

とご理解いただければ、と思います。


5日には、センサリー・アウエアネスのWSに参加しました。

自分の講座に忙しくてなかなか思うように興味のある

WSに参加できないでいるのですが、本当にタイミングよく、

参加することができて嬉しかったですし、

とてもリフレッシュしました。


4日の夜には、新・家元制度の前田出先生の出版記念パーティーにも

東京校の坂田と出席しました。

ドレスコードのある六本木ヒルズの森タワーの51階が会場と、

これまた私にとっては、なかなかないと思われる

体験でしたけど、そこからみる東京の夜景やその会場の雰囲気、

大勢の人たちが希望に満ちてそこにいて、静かさや力強さもあり、

私は内側から何か高揚感のようなものが沸き上がってくるのを

ルビー色に光るカリフォルニアワインを

しこたま飲みながら感じていました。

今、前田先生のもとで協会設立に向けて勉強しています。

10年先20年先のことをじっくりと考えています。


そして、なんと、前回ニュースレター1号のことを

書きましたが、

「ありまーす!」と連絡いただきまして。

これで揃いました!


本当にこれまで私がやってこれたのは、

長いこと応援していただいているお一人お一人の

おかげです。

そして、私が実現しようとしてきたことは、これまでも

これからも変わりません。

「触れること」「触れられること」の豊かさを

すべての人に届けたいのです。

少し、届けることができたと思います。

でも、もっと広くもっと深く、もっと多くの人たちに

届けたいと考えていますし、

それが、”できる”とひしひしと感じています。


==



==
よかったら、
FBページへの「いいね!」をお願いします。

ゆったりセラピー
触れること・触れられることの豊かさを
全ての人へ
↓↓↓
https://www.facebook.com/yuttari.therapy/



*。*。。*。*。。*。*。。  2013/10/07

エサレン・アプローチへの1つの明確な答え 


発行者: 鎌田麻莉

心で触れるボディワークスクール

◆東京校
 東京都世田谷区梅が丘
 電話:03−3706−7041
 URL http://esalenbodywork.jp/

◆花巻・本校
 岩手県花巻市本館334−14
 電話:090-6642ー2385
 URL http://kokorodefureru.com/

◆メールアドレス(双方共通)
 amu@esalenbodywok.jp 

_________________________ 


メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>


バックナンバーは以下のURLからご覧になれます
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>


購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>

*。*。。*。*。。*。*。。