チョプラ博士の21days瞑想体験 (バックナンバー)
----- 渡邊 愛子 -----



件名:明日5.29(土)AM10時半〜21days瞑想 最終回=無限の可能性の場
日付:2021/05/28
差出人:BMS 渡邊愛子【チョプラ博士の21days瞑想】 <chopra21@bodymindspirit.co.jp>

今晩は、渡邊愛子です。
http://bodymindspirit.co.jp/

皆さま如何お過ごしでしょうか?

緊急事態宣言は6/20まで延長されましたが

東京オリンピックは7/23開催予定で進んでいるのが何とも不自然で…(大人の事情デスネ)

私たちは引き続き、衛生と健康管理に気を配って

健やかに過ごして参りましょう☆


さて、昨年10月よりお送りして参りました

チョプラ博士の21日間の瞑想体験

「自らをリニューアルせよ。BODY MIND SPIRIT」も

いよいよ最終回となりました。


第3週目の「SPIRITをリニューアルする」の誘導瞑想部分の

ライブ録画は5月末までを予定していましたが、

こちらも延長?で6月末まで消さずに残しておきますね。

ステイホーム期間にスピリットの実態を理解&体験して

マインド&ボディに浸透させて頂ければと思います。

(春分)15日目「自分の魂と繋がる」
(4/03)16日目「スピリットレベルでの癒し」
(4/10)17日目「スピリットと提携する」
(4/18)18日目「自分の内側に平安と喜びを見つける」
(4/24)19日目「自己価値感へ至る道」
(5/4) 20日目「愛に浸透している意味と目的」
(5/15)21日目「現実の真の性質を悟る」

【ライブの録画はこちらから】(明日のLIVE参加用リンクも含まれています)

https://youtube.com/playlist?list=PL4HuxslLs44ty6l8QnXXobGpBqjaJfLGx

※今年に入ってからのライブ動画には、詳細のところ(文字が入っている部分)に
観たいところから視聴できるよう「タイムコード」を入れてありますので

例)56:00 瞑想開始 Day21「現実の真の性質を悟る」

前回は56分のところから誘導瞑想なので[56:00]をクリックして頂けると
そこから視聴して頂けます。

〜☆〜☆〜☆〜

そして先週の瞑想誘導文は下記のとおりです:

(チョプラセンターより「抜粋のみ」共有を許可されているので
 その日のマントラの手前までをシェアさせて頂きます)


3週目:スピリットをリニューアルする。

21日目:現実の真の性質を悟る


もし私たちの日常は、常に

「幻想」と「現実」を編み込みながら

織物を織っていっているようなものだと聞いたら

とても抽象的だと感じるかも知れませんが、


実際あなたは常にこの

「幻想」と「現実」の間を行ったり来たりしている

ということをお見せできると思います。


それでも、あなたにとって現実味が無ければ

それはリアルな現実ではありませんね。

ではこの現実のことを

「個人的な現実」と言い換えてみましょう。


ひとりひとりの個人的な現実は、概して

空、星、木々、山々など他、

社会的に受け入れている物質的な世界を含んでいます。

そしてそれ以外は何も、この社会と申し合わせていません。


誰もが自分バージョンの現実を

織物のように織り込んでいきながら、

「私」という物語を模様のように形作っていきます。


物語は幼少期から組み立て始め、

自分に馴染みのある大切な作品として信じ込みます。

それでも「私物語」の中に

夢や怖れ、希望や信念、

記憶や古い条件づけを挿入していきました。


そしてそれらの多くが幻想でした。

なぜなら「今この瞬間」以外の物事は

すべてイマジネーションの中だけで

実際に存在していないからです。


そのようにしてあなたは常に

幻想の中に入ったり出たりを繰り返しながら

織物を織って行っているのです。


それでも「今ここ」に留まり、

自らの経験の中に平安と喜びを見つける方法があります。

それではチョプラ先生のお話しに入りましょう。


「君が何者かを知りたいので

 自分についての話を聞かせて」

と言われても何も問題がないように聞こえますが、

あなたが自分の話をする時、

それは自分の個人的な現実を語っていて、

自分が完全に信じ込んでいる物事となります。


もちろんこれもOKですが、

ここで何が見落とされているかというと

2人の人物はそれぞれ真逆のストーリーを

完全に信じ込む可能性があるということです。

それでもお互いがそれぞれ現実に関して

真実を語っていると思っているのです。


物語はマインドの中に構築されますが、

エゴが入って来るまでマインドの中に

特に話すことはありません。


エゴとは簡単に言うと分離している

「自分」という感覚です。

エゴセルフには個人的な好き嫌いがあります。


エゴセルフは、強さと、安心安全と、

自分が重要であることを感じたがっています。


結局のところ、エゴセルフは

その強さ・安心安全・重要性という観点から

暮らしていきたいと感じているので、

性別・民族・国家・宗教・政治など

あらゆる種類のラベルを身に付けながら

自分を弁護する物語を作るのです。


それぞれのラベル付けはエゴセルフを強化し、

エゴセルフにとってより現実的だと感じさせます。


それでも、もしその物語が

マインドの中で作られた構築物なのであれば、

エゴセルフもマインドの中で作られたもの

であることは否定できません。


それは一時的な気まぐれと同様に、

現実味がない構築物なのです。


こういった気まぐれなものが積み重ねられた事実は、

エゴセルフをより空想的にします。


そしてエゴセルフが、あなたに

その物語が自分自身であると

確信させようとしてきた理由は、

エゴは物語がなければ崩壊してしまうからです。


精神性を追求する伝統はどれも、あなたに

自分とはエゴ以上の存在なのだと保証してくれます。


最も深いレベルでは、あなたは

「愛」「真実」「美しさ」「創造性」

「発見」「内なる平安」「至福」

そして「無限の刷新と進化」です。


あなたは「無限の可能性の場」である

「純粋意識」が表現されたものなのです。


別にこちらのバージョンの現実を信じて

あなたの個人的な物語でできた現実を

否定することがポイントではありません。


そしてこれはエゴを捨てる競争ではなく、

選択の問題なのです。


もし自分のエゴによって築き上げられた基盤の上で

暮らして行くほうを選ぶなら、あなたの人生は

自分の移り変わる好き嫌いをベースに構築されていきます。


もし純粋意識と無限の可能性の場を基盤にして

暮らして行くほうを選ぶなら、あなたの人生は

「愛」「美しさ」「創造性」「喜び」を

永続的に探究していくことがベースとなり構築されていきます。


そちらを選択すれば、あなたの人生において

真の現実としての性質の中で

常に刷新する様を経験していくことでしょう。


瞑想中、あなたにはエゴをベースにした物語以外の

何かを選択する理由がもたらされるでしょう。


なぜなら静かなマインドの中では、

エゴが提供してくれない何かを発見するからです。

それは内なる平安の経験です。


瞑想中に体験する、自分の内側の静寂、

研ぎ澄まされた感覚、安らぎ、そして

喜びは価値の高いものです。


これらの経験が、あなたがエゴ以上の存在である

という可能性を示してくれるヒントなのです。


このようにして、あなたは自分が構築してきた

物語を捨てるという選択ができるようになり、

覚醒の道を探求していくことが出来るのです。


そしてあなたの意識は毎日、拡大していきます。

一緒に瞑想する準備をしつつ、

今日の核となる考えを思いめぐらしてみましょう。


私は自分の最も深い意識レベルの現実を選択する。

私は自分の最も深い意識レベルの現実を選択する。


ディーパック・チョプラ

□□□□□□□□□□□□□□□□

明日5/29(土)10:30am〜のLIVE

「ようへい&愛子とみんなで愉快に瞑想ライフ〜!」最終回で

「22日目」の誘導瞑想を行う予定です。

【LIVE視聴用リンク】

https://youtu.be/7X0pAB6xknE

□□□□□□□□□□□□□□□□

それでは皆様、おやすみなさい☆

渡邊愛子

http://www.bodymindspirit.co.jp

〜☆〜☆〜☆〜☆〜
この一連のイニシアティブは下記のSNSで始まり、継続しています。

◆グループ瞑想コミュ with 原初音瞑想実践者
https://www.facebook.com/groups/meditation.japan/

◆LINE@「アイコ先生と瞑想」 @aikomeisou

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
チョプラ博士の21days瞑想体験

発行者:株式会社ボディ・マインド・スピリット 渡邊愛子
www.bodymindspirit.co.jp

ディーパック・チョプラ日本語情報サイト
www.chopra.jp

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■