チョプラ博士の21days瞑想体験 (バックナンバー)
----- 株式会社ボディ・マインド・スピリット -----



件名:【チョプラ博士の21days瞑想】第1回 「希望の力は本物」
日付:2020/05/20
差出人:BODY MIND SPIRIT 渡邊愛子 <chopra21@bodymindspirit.co.jp>

■チョプラ博士の21days瞑想体験■
「不確実な時代の希望」シリーズ(全22回)

5/20〜5/31に 6:00am / 16:00pm 1日2回配信
□□□□□□□□□□□□□□□□

今晩は、瞑想ティーチャーの渡邊愛子です。


チョプラ博士と有名司会者で慈善家のオプラ・ウィンフリーさんが

コロナ禍の不確実な時代に、私たちが真の希望を持てるようにと共同制作し

3月中旬から5月15日まで無料公開していた瞑想用音声

21 DAYS OF MEDTATION「不確実な時代の希望」シリーズの

その日ごとのチョプラ博士のメッセージを和訳したものを

4/27〜5/15に下記のSNSに公開してきましたが

◆フェイスブック https://www.facebook.com/CHOPRA.JP/
◆LINE@「アイコ先生と瞑想」 @aikomeisou
◆インスタグラム bodymindspirit369

長い文章を読みにくい媒体ではあったので

ディーパック・チョプラ博士とChopraCenterに相談したところ

緊急事態宣言が8都道府県で継続している日本のために

5/31まで全22回のメッセージを1日2回のペースで

(1日2回の瞑想習慣のペースメーカーとして朝6時と午後4時に)

----------------
「チョプラ博士の日本語メールマガジン」読者
http://www.chopra.jp
----------------
渡邊愛子の「瞑想のある生活」〜Joyful Life〜読者
http://aikowatanabe.com/mailmagazine/
----------------
原初音瞑想実践者
http://bodymindspirit.co.jp/meditation.html
----------------

の皆さまにお届けしてもOKという許可を

本日5/20付けでもらえました。

※独立したメルマガにしましたので、
 5/31までの1日2回の受信が不要という方は
 本メール最下方のリンクから登録解除をして頂ければと思います。


「不確実な時代の希望」シリーズ(全22回)の
オリジナル音声(英語)は、下記のリンクから
"Hope in Uncertain Times"というタイトルで購入可能です。

https://chopracentermeditation.com/?acode=Japan


■チョプラ博士の21days瞑想体験■
「不確実な時代の希望」シリーズ(全22回)

===========
【第1回】 「希望の力は本物」
===========

困難な状況下で希望は貴重で有用なものです。


誰かが病気になったり困ったりしたとき

その人の最善を願いますが、

望むということの奥にある洞察は

「希望」は人生を支える力になり、

日々をどう展開させるかを

制御することが可能だということです。


ほとんどの人は希望が

巨大な力を持っていることに

気付いていません。


最善を望むだけでは十分ではありませんが、

人生における不確実性に対処したい

と望むことが必要です。


誰もが「人生は常に不確実である」

ということをある程度知っています。


「人生で変化だけが確実なことだ」

という英語の諺もあるように、

ここで2つの道に分かれます。


<不確実性を恐れ、

人生における全てを

コントロールしようとする道>


これは恐怖と不安の道で

「不安」「低い期待」

「制限された充実感」と共に

日々を送ることでしょう。


もう一つは

<不確実な中で「創造の可能性」

「人生を刷新する能力」

「一見混沌として見える日常に隠された知恵」

を取り入れる道>です。


この道を歩むと

「より大きな充実感」

「安心感」「ぶれない自分」

「安定した覚醒プロセス」と共に

人生が拡大していきます。


この道では「希望」は全く違うものになります。

それは望みを叶えるというよりも、

宇宙全体が意図を具現化するようになるのです。


この21日間の瞑想体験の目的は

希望の力に火をつけ、あなたの人生で

「希望」を真の力にすることです。


人生でより良くなってほしいと

望んでいることはありますか?

やりがいを感じなくなった仕事、

満たされない人間関係、うまくいかないダイエットなど。


誰でもこうしたことが改善されるのを望むものですが

「受け身の希望」は効果的ではありません。

むしろ何もしない言い訳にもなり得ます。


既に「希望」が真の力を持っている人は、

希望を現実的で楽観的なものにする

ステップを踏んでいます。


希望の力は自己認識から生まれます。

内なる存在・真の自分としての希望を

認識して感じられるようになると、

人生が変容するのです。


この旅に今日、出発しましょう。

始めの一歩は、今現在の自分に

「希望」がどう作用しているかを自問することです。


あなたの希望や夢を叶える方向に向かって

順調に進んでいますか?


自分の核から人生を支えてくれる

希望を共に見つけましょう。


(この瞑想用音声を聴きながら)

一緒に瞑想する準備をしつつ、

今日の核となる考えを思いめぐらしてみましょう。


希望は力の源です。

希望は力の源です。


それでは瞑想に入りましょう。

楽に座り、目を閉じてください。 

自分の呼吸を意識して、ゆっくり深呼吸しましょう。

一呼吸ごとに、より深くリラックスしましょう。


では、そっと

「シーヴォー・ハム(シヴォハン)」

というマントラを心の中で思い浮かべましょう。


このマントラは個としてのあなたを、

自分の内側にある「純粋な潜在力」の強さに繋げてくれて、

且つあなたの意識の中で希望の力に火を灯してくれます。


心の中で繰り返してください。

「シヴォハン」「シヴォハン」「シヴォハン」


繰り返すごとに、自分の

体・心・スピリットが拡大した意識状態に

開いていくのを感じてください。


自分の考えや、雑音、身体感覚に

気がそれていることに気づいたら、

また心の中でマントラを繰り返すことに意識を戻します。

「シヴォハン」「シヴォハン」「シヴォハン」


瞑想を続けてください。

私のほうで時間を見て、

始まりと終わりにチャイムを鳴らします。

「シヴォハン」「シヴォハン」「シヴォハン」…

(10分後にチャイム音)


マントラを手放す時間です。

ゆっくりと息を吸ったり吐いたりしながら、

静かに座っていてください。

心の準備ができたら、そっと目を開けてください。


今日一日、この核となる考えを思いめぐらしてみましょう。

---------

希望は力の源です。

希望は力の源です。

---------

ナマステ

Deepak Chopra

翻訳:渡邊愛子


〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜
21日間の瞑想体験「不確実な時代の希望」
【1日目】「希望の力は本物」
<瞑想用音声(21分18秒)の4分経ったところ以降>

音声はこちらから:(2020/5/16からは有料)
https://chopracentermeditation.com/?acode=Japan

↑↑↑
登録は無料ですので、日本からも
「世界の瞑想人口」にカウントしてもらいましょう!
(2020/4/21時点で登録者数が75万人を超え、
 世界中で100万人が瞑想している状態を目指しています。)


※BODY MIND SPIRIT認定 瞑想ファシリテーターで
心理カウンセラーの西たかお さんに

緊急事態宣言の中「テレワーカー支援企画」として
2020/5/7〜5/31の正午から約30分間のグループ瞑想を
Facebookライブで実施して頂いていますが

その録画をYouTubeにもアップしてあります。

===================
5/7(木)配信【第1回】「希望の力は本物」

https://youtu.be/7XxqtzSY6tw

(上記メッセージを日本語で聴きながら瞑想ができます)

瞑想用動画の流れ:

1.「21日間の瞑想体験」その日のメール文を朗読

2.チョプラ博士の瞑想誘導メッセージを朗読
  〜その日のマントラを使ったグループ瞑想

3.感想や気づきのシェア

===================
この一連のイニシアティブは下記のSNSで始まり、継続しています。

◆グループ瞑想コミュ with 原初音瞑想実践者
https://www.facebook.com/groups/meditation.japan/

◆LINE@「アイコ先生と瞑想」 @aikomeisou

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
チョプラ博士の21days瞑想体験

発行者:株式会社ボディ・マインド・スピリット 渡邊愛子
www.bodymindspirit.co.jp

ディーパック・チョプラ日本語情報サイト
www.chopra.jp

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■