チョプラ博士の21days瞑想体験 (バックナンバー)
----- 株式会社ボディ・マインド・スピリット -----



件名:【チョプラ博士の21days瞑想】第3回 「不信や不確実性を希望に変える」
日付:2020/05/21
差出人:BODY MIND SPIRIT 渡邊愛子 <chopra21@bodymindspirit.co.jp>

■チョプラ博士の21days瞑想体験■
「不確実な時代の希望」シリーズ(全22回)
5/20〜5/31に 6:00am / 16:00pm 1日2回配信
□□□□□□□□□□□□□□□□

こんにちは。瞑想ティーチャーの渡邊愛子です。

ディーパック・チョプラ博士とChopraCenterから許可を得て

緊急事態宣言が8都道府県で継続している日本に向けて

5/31まで全22回のメッセージを1日2回のペースで

----------------
「チョプラ博士の日本語メールマガジン」読者
http://www.chopra.jp
----------------
渡邊愛子の「瞑想のある生活」〜Joyful Life〜読者
http://aikowatanabe.com/mailmagazine/
----------------
原初音瞑想実践者
http://bodymindspirit.co.jp/meditation.html
----------------

の皆さまにお届けしております。


「不確実な時代の希望」シリーズ(全22回)の
オリジナル音声(英語)は、下記のリンクから
"Hope in Uncertain Times"というタイトルで購入可能です。

https://chopracentermeditation.com/?acode=Japan


■チョプラ博士の21days瞑想体験■
「不確実な時代の希望」シリーズ(全22回)

===========
【第3回】 「不信や不確実性を希望に変える」
===========

「希望の旅」の途中で、怖れに

引き戻されることもあり得ます。

特に不確実な時代には「外側」の力は

自分で制御不可能なものに感じます。


しかし究極的には、自分が

「怖れ」をもって対応するか、

「希望」をもって対応するかを決めるのは、

外側の政治的または個人的な

不確実な状況ではありません。


不確実性それ自体は中立的なものです。

重要な新発見や洞察、

気づきのような偉大な物事は

不確実性の中から発現可能なのです。


すべては不確実性を

何と関連付けるかにかかっています。


不確実性とは、人生における

新しい出来事や課題の

絶え間ない流れだと言えるでしょう。


自分が「希望」「強さ」

「楽観」の源になることで、

不確実性を喜んで受け入れることが

可能になります。


「希望」がもつ内なる強さがなければ、

私たちは危機と不確実性の時代を

自己不信と怖れの中で

苦しむことになるでしょう。


自分の弱さと怖れを感じるのは

制御不可能な外側の力のせいではなく、

真の自分から切り離されていることからくる

「自己不信」が原因です。


あなたが自分自身を疑っていると、

誰も何も信頼することができません。


最愛の信頼できる人でさえ、

あなたの内側にある疑いが

投影されるだけです。


あなたは失望することを怖れていますが、

それは失望することを

期待しているのと同じです。


仕事やお金、人間関係などで

失敗して傷ついている人たちは、

概して自分の外側にある

状況が悪いと信じていて

「人生は不公平だ」と言うものです。


そういった考え方は、

自分の希望を打ちのめした

「外側」のものに既に

力を委ねてしまっています。


例えば会社で新卒か見習いとして

同日入社の2人を想像してみてください。


2人とも「いつかこの会社の社長になりたい」

と望んでいます。

片方は自己不信に満ちていて、

もう片方は希望に満ちています。


夢を叶える要素を分解すると

下記のようになります:


◎自分の運命に責任を持つ。


◎今日何かが発生する

 可能性を受け入れる。


◎状況の変化にオープンで
 
 研ぎ澄まされた状態でいる。


◎変化に対して、自信と共に

 柔軟な対応をする。


◎問題や障害物が道を塞ぐ際は

 解決策を探す。


上記はいずれも神から与えられた

生まれつきの属性や、幸運や、

幸せな子供時代を送ったかどうか

ではありません。


これらは「意識」に備わっている

スキルで、あなたが

内なる強さの一部として

「希望」を活用していれば、

そのスキルが開発されていくという

完全に現実的なものです。


これが(この21日間を通して)

共に達成しようとしているビジョンです。


(この瞑想用音声を聴きながら)

一緒に瞑想する準備をしつつ、

今日の核となる考えを思いめぐらしてみましょう。

----------

希望は私を力強く、安心安全にしてくれる。

希望は私を力強く、安心安全にしてくれる。

----------

それでは瞑想に入りましょう。

楽に座り、目を閉じてください。 

自分の呼吸を意識して、

ゆっくり深呼吸しましょう。

一呼吸ごとに、より深く

リラックスしましょう。


では、そっと

「イーム・フリーム・クリーム」

というマントラを心の中で思い浮かべましょう。


このマントラは、

自己不信や不安を取り除いて

自信を高める作用をもっています。


そして自己価値と

自分の能力に関する真の知識と

自分のすべての行動は

ハイヤーセルフ(高次の自己)がもつ

無限の叡智によって導かれている

という自信を植え付けてくれます。


このマントラを心の中で繰り返してください。

「イーム・フリーム・クリーム」「イーム・フリーム・クリーム」「イーム・フリーム・クリーム」


繰り返すごとに自分の

体・心・スピリットが拡大した意識状態に

開いていくのを感じてください。


自分の考えや、雑音、身体感覚に

気がそれていることに気づいたら、

また心の中でマントラを繰り返すことに意識を戻します。

「イーム・フリーム・クリーム」「イーム・フリーム・クリーム」「イーム・フリーム・クリーム」


瞑想を続けてください。

私のほうで時間を見て、

始まりと終わりにチャイムを鳴らします。

「イーム・フリーム・クリーム」「イーム・フリーム・クリーム」「イーム・フリーム・クリーム」…


(10分後にチャイム音)


マントラを手放す時間です。

ゆっくりと息を吸ったり吐いたりしながら、

静かに座っていてください。

心の準備ができたら、そっと目を開けてください。


今日一日、この核となる考えを思いめぐらしてみましょう。

----------

希望は私を力強く、安心安全にしてくれる。

希望は私を力強く、安心安全にしてくれる。

----------

ナマステ

Deepak Chopra

翻訳:渡邊愛子

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

21日間の瞑想体験「不確実な時代の希望」

【3日目】「不信や不確実性を希望に変える」

<瞑想用音声(19分52秒)の2分22秒のところ以降>

音声はこちらから:(2020/5/16からは有料)
https://chopracentermeditation.com/?acode=Japan
↑↑↑
登録は無料ですので、日本からも
「世界の瞑想人口」にカウントしてもらいましょう!
(2020/4/21時点で登録者数が75万人を超え、
 世界中で100万人が瞑想している状態を目指しています。)


※BODY MIND SPIRIT認定 瞑想ファシリテーターで
心理カウンセラーの西たかお さんに

緊急事態宣言の中「テレワーカー支援企画」として
2020/5/7〜5/31の正午から約30分間のグループ瞑想を
Facebookライブで実施して頂いていますが

その録画をYouTubeにもアップしてあります。

====================
配信【第3回】 「不信や不確実性を希望に変える」

https://youtu.be/zrp00ocI85w

(上記メッセージを日本語で聴きながら瞑想ができます)

瞑想用動画の流れ:

1.「21日間の瞑想体験」その日のメール文を朗読

2.チョプラ博士の瞑想誘導メッセージを朗読
  〜その日のマントラを使ったグループ瞑想

3.感想や気づきのシェア

====================
この一連のイニシアティブは下記のSNSで始まり、継続しています。

◆グループ瞑想コミュ with 原初音瞑想実践者
https://www.facebook.com/groups/meditation.japan/

◆LINE@「アイコ先生と瞑想」 @aikomeisou

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
チョプラ博士の21days瞑想体験

発行者:株式会社ボディ・マインド・スピリット 渡邊愛子
www.bodymindspirit.co.jp

ディーパック・チョプラ日本語情報サイト
www.chopra.jp

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■