チョプラ博士の21days瞑想体験 (バックナンバー)
----- 株式会社ボディ・マインド・スピリット -----



件名:【チョプラ博士の21days瞑想】第21回「悟りの秘訣」
日付:2020/05/30
差出人:BODY MIND SPIRIT 渡邊愛子 <chopra21@bodymindspirit.co.jp>

■チョプラ博士の21days瞑想体験■
「不確実な時代の希望」シリーズ(全22回)
5/20〜5/31に 6:00am / 16:00pm 1日2回配信
□□□□□□□□□□□□□□□□

今晩は、瞑想ティーチャーの渡邊愛子です。

先ほど「上級瞑想講座」が終わりまして、

午後の休憩時間に本メルマガの配信予約をするつもりが

うっかり!!そしてトピックは「悟り」〜(汗)

「今ここ」に留まり過ぎていた…とは言いません^^

〜☆〜☆〜☆〜

今回も実際に英語の21 days瞑想体験で送られてくる

【第21回】「悟りの秘訣」のメール和訳から始めます。

〜☆〜☆〜☆〜


悟りとは自己実現のことであり、

自分の内側の「認識」そのものが

今まさに経験している

「気づき」の存在に気がついたときは

いつでも、自分の悟りに触れているのです。


その自己認識が、

真の自由への出発点です。


共に歩んできた旅の終わりに近づき、

これらの瞑想があなたに

繁栄をもたらす実践の基盤を築く

助けになるよう希望しています。


悟りの秘訣を探りながら、

今日の瞑想をご一緒するのを

楽しみにしています。


===========
【第21回】「悟りの秘訣」
===========

希望が生じる瞬間ごとに、

自分や他者の人生に

光をもたらします。


希望が生じる瞬間は、より多くの

「喜び」「美しさ」「愛」を

経験していることで

認識できることでしょう。


このような希望が生じる瞬間が、

常に光の中で生きていける

道を切り開くのです。


その道が

「悟り」と呼ばれています。


希望とは、自らを悟りへと導く

「意識」のエンジンです。


希望は、自分の

真の可能性を実現するために

「気づき」を駆り立てるものなのです。


社会は「悟りは類まれなもので、

むしろ困難なものである」という

信念を育成してしまっていますが、

世界の叡智の伝統は

逆の見方をしています。


世界の叡智の伝統では、

悟りを開くプロセスを、

鏡に映る自分を認識する

ことに例えています。


埃(ほこり)だらけの鏡は

自分の光をぼんやりと映し出しますが、

汚れの無い鏡は光を鈍らせたり、

損なったり、歪めたりすることなく

映し出します。


真の自分を認識することは

難しいことでも

時間がかかることでもありません。


それは単に

「常にそこにあった気づき」

として自分を認識することなのです。


そのような自己認識こそが、

悟りの本質です。


時間がかかって実践が必要になるのは、

鏡の埃を一掃する過程です。


瞑想で真の自分を体験するたび、

他者の苦しみに共感するたび、

ありのままの他者を受け入れるたびに

自分の鏡からどんどん埃が取り除かれ、

高次の意識状態に向けて

自己実現が促進されます。


種が花を咲かせることを

約束しているように、

希望は自らの

高い精神性の目覚めを

約束しているものなのです。


あなたが経験する

すべての物事の中に

「純粋な気づき」が

既に存在しているので

「悟り」は可能です。


現在のあなたの経験は、

自分の心が解説したり

分析したりしなければ

「真の自己」にとっては

シンプルな現実なのです。


自分を認識することほど

シンプルで自分に近いものはありません。


「真の自己」の経験が

成熟するにつれて、

体や心が変化しても

「気づき」それ自体は変わらない

ということを認識します。


「自覚」は悟りの

始まりに過ぎないのです。


気づきは拡大し続け、

他者の中に自分を見出します。

 
他者の中に

自分を見出すことが

「愛」の経験です。


知覚するものに

自分を見出すことが

「美」の経験です。


生命が、より偉大な

「愛」「美」「喜び」の表現に

自らを拡張しようとする

抑えがたい衝動は、

高い精神性がもつ進化の力であり、

その力が自らを

悟りへと駆り立てます。


これが真の希望であり、

自分の心の中にある

(全てを)知っている光であり、

不確実性が自分を

取り巻いているにも関わらず、

人生は常により偉大な

「知」「愛」「美」「喜び」へと

展開して行っていることを

示してくれるのです。


(この瞑想用音声を聴きながら)

一緒に瞑想する準備をしつつ、

今日の核となる考えを

思いめぐらしてみましょう。

---------

私は希望の瞬間ごとに自らを解放する。

私は希望の瞬間ごとに自らを解放する。

---------

それでは瞑想に入りましょう。

楽に座り、目を閉じてください。

自分の呼吸を意識して、

ゆっくり深呼吸しましょう。


一呼吸ごとに、より深くリラックスしましょう。

では、そっとマントラ

「サット・チット・アナンダ」を紹介しましょう。


このマントラは

「意識」の本質的な性質を活性化します。


「サット」とは

「絶対的な存在」または

「真実」を意味します。


「チット」は

「知の原理」「気づいていること」。


「アナンダ」は

「喜び」「成就」「愛」の

超越的な形としての

性質を示しています。


その3つが合わさった

「サット・チット・アナンダ」は、

私たちの本当の姿である

「真の自己」の最大限の

現実を描写しているのです。


このマントラを心の中で繰り返してください。

「サット・チット・アーナンダ」「サット・チット・アーナンダ」「サット・チット・アーナンダ」


繰り返すごとに自分の

体・心・スピリットが

拡大した意識状態に

開いていくのを感じてください。


自分の考えや、雑音、身体感覚に

気がそれていることに気づいたら、

また心の中でマントラを繰り返すことに意識を戻します。

「サット・チット・アーナンダ」「サット・チット・アーナンダ」「サット・チット・アーナンダ」


瞑想を続けてください。

私のほうで時間を見て、

始まりと終わりにチャイムを鳴らします。

「サット・チット・アーナンダ」「サット・チット・アーナンダ」「サット・チット・アーナンダ」…


(10分後にチャイム音)


マントラを手放す時間です。

ゆっくりと息を吸ったり吐いたりしながら、

静かに座っていてください。

心の準備ができたら、そっと目を開けてください。


今日一日、この核となる考えを

思いめぐらしてみましょう。

---------

私は希望の瞬間ごとに自分を解放する。

私は希望の瞬間ごとに自分を解放する。

---------

ナマステ

Deepak Chopra

翻訳:渡邊愛子


〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜
21日間の瞑想体験「不確実な時代の希望」
【21日目】「悟りの秘訣」
<瞑想用音声(19分44秒)の2分53秒以降を和訳>

オリジナル音声はこちらから:(2020/5/16からは有料)
https://chopracentermeditation.com/?acode=Japan
↑↑↑
登録は無料ですので、日本からも
「世界の瞑想人口」にカウントしてもらいましょう!
(2020/4/21時点で登録者数が75万人を超え、
 世界中で100万人が瞑想している状態を目指しています。)


※BODY MIND SPIRIT認定 瞑想ファシリテーターで
心理カウンセラーの西たかお さんに

緊急事態宣言の中「テレワーカー支援企画」として
2020/5/7〜5/31の正午から約30分間のグループ瞑想を
Facebookライブで実施して頂いていますが
その録画をYouTubeにもアップしてあります。
====================

5/30(土)配信【第21回】「悟りの秘訣」

https://youtu.be/9FBoWjgL8hs


(本日のメッセージを日本語で聴きながら瞑想ができます)

瞑想用動画の流れ:

1.「21日間の瞑想体験」その日のメール文を朗読

2.チョプラ博士の瞑想誘導メッセージを朗読
  〜その日のマントラを使ったグループ瞑想

3.感想や気づきのシェア

====================

私も「上級瞑想講座」のランチ休憩時に

参加しましたので気づきのシェアタイムに

コメントしています☆
この一連のイニシアティブは下記のSNSで始まり、継続しています。

◆グループ瞑想コミュ with 原初音瞑想実践者
https://www.facebook.com/groups/meditation.japan/

◆LINE@「アイコ先生と瞑想」 @aikomeisou

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
チョプラ博士の21days瞑想体験

発行者:株式会社ボディ・マインド・スピリット 渡邊愛子
www.bodymindspirit.co.jp

ディーパック・チョプラ日本語情報サイト
www.chopra.jp

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■