チョプラ博士の21days瞑想体験 (バックナンバー)
----- 渡邊 愛子 -----



件名:明日12.19(土)YouTubeで[5日目]を誘導とQuantumHealing実施!
日付:2020/12/18
差出人:BMS 渡邊愛子【チョプラ博士の21days瞑想】 <chopra21@bodymindspirit.co.jp>

今晩は、渡邊愛子です。21日間の瞑想体験 新シリーズ

"Renew Yourself - BODY MIND SPIRIT"の5日目を

明日12/19(土)10:30amからのYouTubeライブにて11:15頃から誘導瞑想させて頂きます。

【LIVE視聴用リンク】
https://youtu.be/_3tUOQ6Na1U

明日の瞑想タイムも前回と同様に10分を20分に延ばして

<Quantum Healing構築に向けたエネルギーワーク部分トライアル 第7回>

を実施します。


※トライアル第4回〜6回に参加された方々からの報告がPDFでご覧頂けます:

第4回12/7(月)ご報告27名
http://bodymindspirit.co.jp/20201207-4th.pdf

第5回12/9(水)ご報告45名
http://bodymindspirit.co.jp/20201209-5th.pdf

第6回12/11(金)ご報告43名
http://bodymindspirit.co.jp/20201211-6th.pdf

リアルタイムで参加されたほうが体験が濃いようで、
ご報告をお送り頂くことで
Quantum Healingの<エネルギー交換>となっています。

【詳しくは前回12/5(土)YouTubeライブの録画にて】

https://youtu.be/wPho7d4eQ3g

〜☆〜☆〜☆〜☆〜


それでは、21日間の瞑想体験 新シリーズ

「自らをリニューアルせよ。BODY MIND SPIRIT」

3日目は下記になります。

(チョプラセンターより「抜粋のみ」共有を許可されているので
 その日のマントラの手前までをシェアさせて頂きます)

渡邊愛子

〜☆〜☆〜☆〜☆〜

21日間の瞑想体験 新シリーズ

「自らをリニューアルせよ。BODY MIND SPIRIT」

1週目:体をリニューアルせよ。

3日目:最適なライフスタイルを選ぶ


(先進諸国で)健康推進運動が定着する以前は

「ライフスタイル」という概念自体を抜本的に変えることと

「予防」に関する古いシステムを超えることが必要でした。


予防の観点から見たリスク要因とは、

アルコールやタバコを慎むこと、

健康的でバランスのとれた食事をすること、

充分な運動を定期的に行うことなどでしたが、

「予防」は「怖れ」によって動機づけられる形になっていたため、

自分のライフスタイルに高リスク要因が多い場合は

より病気や死の可能性を怖れる

という図式になっていました。


「怖れ」というものは

「動機づけ」としては貧弱なものなので、

リスクを知っていても実際のライフスタイルの改善に繋がらず、

ストレスのある状況が継続していきました。


自律神経系には負担がかかりすぎ、

ストレスホルモンを誘発し、

睡眠の優先順位は低いまま、など。


変化に対するより良い「動機づけ」が必要だったのです。

その動機づけは、より良いライフスタイルの

ビジョンを提示することでもたらされ、

そのビジョンは人々にとって日常を最適化する理由となりました。


砂糖やファストフードの摂り過ぎは良くないと言われ

地中海式の食事がより健康的だと言われることが

ポジティブな動機にとって代わりました。


しかし自分を動機づけることは

最適なライフスタイルを送る上での

半分の要素に過ぎません。


もう半分は過去からの悪習慣をやめることです。


ほとんどの人にとって

やめるべき悪習慣というのは、だいたいが

「睡眠不足」「座ったままでいる習慣」

「好ましくない食生活」そして

「日々のストレス」ですが、これらすべて

単に良い意図を持つだけでは変えることができません。


ほとんどの人は何が自分にとって良くて、何が悪いのかを

改めて聞く必要がないのです。

そういった情報の代わりに必要なのは、

変わる方法についての「道しるべ」でしょう。


重要なのは、典型的な方法は

うまく行かないということを認識することです。


例えば自分の意志の力で変えるとか、

すべての問題に一度に取り組むとか、

断続的にやったりやらなかったりとか、

とん挫した際にやる気をなくすとか、

自分よりうまく出来ている人と比べてしまったりなど。


このように挫折するような自滅的な試みというのは

全人生をとおしても行われていることです。


挫折の反対は「達成」「完遂」「貫徹」なので、

そこから始めてみましょう。


まず何か1つ「やめたい」ことを選びましょう。

例えば「不健康な食習慣」や「睡眠不足」など。

そして毎日、小さな「達成」に集中するのです。


・食後のスイーツをやめてみる

・寝室を静かで気分が和らぐ環境にする

・ストレスがかかる状況から遠ざかる

・1時間ごとに立ち上がって歩き回る

などが、すぐに達成できる小さなことですね。


2つめのガイドラインも、1つめと同じぐらい重要で

それは「自分が楽しめない変化は起こさない」ことです。


何でも仕事のように感じるような変化は長続きしませんし、

退屈で、不快なことも変化に繋がりません。


自分が望むことに対して自然に引き寄せられるものです。

パーフェクトな体になる、

というような望みのことを意味しているのではありません。

「今ここ」で自分の体の中にいることを楽しむほうが、

完ぺきな体を思い描くより良いのです。


変化を起こす際には

何だか「いい感じ」がすることを選びましょう。


この2つの作戦:

<小さな達成を積み重ね>

<ひとつひとつの変化を楽しむこと>

で、自分専用の最適なライフスタイルが自然に定着していきます。

なぜなら自分が起こした変化を好きになるからです。


瞑想では、究極の「楽しみ」を経験することでしょう。

それは「内なる平和」「静かな心」そして「至福」です。

そして瞑想後の日常でも、

同じ経験を培養していくことができるでしょう。

それは今から始まります。


私は変化を歓迎し、喜んで受け入れる。

私は変化を歓迎し、喜んで受け入れる。


□□□□□□□□□□□□□□□□

明日12/19(土)のライブで11:15am頃から

新シリーズ「5日目」の誘導瞑想を行う予定です。

【LIVE視聴用リンク】
https://youtu.be/_3tUOQ6Na1U

□□□□□□□□□□□□□□□□


ちなみに明後日2020/12/20より

BODY MIND SPIRIT直営オンラインショップで
www.wellbeingshop.jp

「Wellbeing Foods」シリーズ(30種類のオーガニック食品)を提供開始するのですが

(開始にあたって動画を先ほど公開したところですが)

https://youtu.be/hafvv4lFyis
↑↑↑
【初めて関節リウマチについて独白する3分半の動画】(明日のYouTubeライブで詳細を語ります)

-------------
ディーパック・チョプラ氏つながりの皆さんに関係するところでは
-------------
2014年〜2019年に提供していたチョプラセンターの

「アーユルヴェーダ体質別ハーブティ」(製造中止となってしまった)

の代わりになる【至福のハーブティー】シリーズ:

・シナモンジンジャー(ホッと一息/VATA)30g(27杯分)無農薬
・ローズブレンド(スッキリ鎮静/PITTA)20g(10杯分)無農薬
・チャイブレンド(パワーチャージ/KAPHA)20g(10杯分)無農薬

というオリジナルブレンドを国内でプロデュースしたものを

各770円で販売開始いたします♪ [12/20(日)より]

そして「シナモンジンジャー」と「チャイブレンド」に

一緒に入れると、ほんのり甘さが加わり最後に美味しく食べられる

【究極の健康おやつ】乾燥なつめ 90g(無農薬)660円もあります。


皆様の「至福のティータイム」のお役に立てれば幸いです。

それではお休みなさい♪

渡邊愛子

http://bodymindspirit.co.jp/

〜☆〜☆〜☆〜☆〜
この一連のイニシアティブは下記のSNSで始まり、継続しています。

◆グループ瞑想コミュ with 原初音瞑想実践者
https://www.facebook.com/groups/meditation.japan/

◆LINE@「アイコ先生と瞑想」 @aikomeisou

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
チョプラ博士の21days瞑想体験

発行者:株式会社ボディ・マインド・スピリット 渡邊愛子
www.bodymindspirit.co.jp

ディーパック・チョプラ日本語情報サイト
www.chopra.jp

メールアドレスの変更は次のURLをクリックしてください
<メールアドレス変更URL(アドレス確認なし)>

バックナンバー閲覧は次のURLをクリックしてください
<バックナンバー閲覧URL(アドレス確認なし)>

購読停止は次のURLをクリックしてください
<購読停止URL(アドレス確認あり)>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■