人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『長所伸展“信者”になっていませんか?』
日付:2015/11/13
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『長所伸展“信者”になっていませんか?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )

企業の発展はヒトで決まると言われています。
企業内で人材をどのように育てていくか。
これは重要課題ですね。

どこの企業でも、人材育成を進めていくと、
必ずといっていいほど、共通の壁にぶつかります。

それは、


「長所を伸ばすべきか。短所を直すべきか」


です。

「日本の学校教育は短所改善ばかりで長所伸展の教育ではない」

「日本の企業は短所改善ばかりで長所を活かしてきれていない」

など。

学校や企業の人材育成でいかに「長所伸展」ができていないか、
非難する声がよく聞こえてきます。


皆さんはどのように思いますか?


私も基本的には長所伸展の考え方です。
誰しも何かしら才能・資質・特徴を持っています。
それを活かさないことは損失ですから。

では短所は無視していいのか?

チームに迷惑がかかる、会社のルールを無視するといった、
「基本」レベルまで達していないことは、本人に改善させるべきだと思います。
基本以上のことは求めなくてもいいと思いますが…。


例えばAさんは会議・打ち合わせに時間どおり来ない。

間違った長所伸展“信者”は、
「会議・打ち合わせで彼は積極的に発言するから多少の遅刻は大目に見たらいい。
 彼の長所を潰したくない」
としてしまう。

またBさんは自分の意思を表明するが、相手をバカにする、傷つける言いまわしをする。

間違った長所伸展“信者”は、
「積極的に発言するからそれでいいじゃないか。口が悪くても」
としてしまう。


原則は、
「それはそれ。これはこれ」


長所伸展とは、短所を全く無視していいということではないはずです。
短所によって、傷ついている、被害を受けているメンバーが
社内にいるかもしれません。

基本レベル以下の短所は直す。長所はとことん伸ばす。

こういった考え方が人材育成のポリシーとして必要だと思います。

-------------------------------------------------------
<無料インタビュー動画>
カンブリア宮殿に出演された
中央タクシーから理念浸透の極意が学べます。
https://mmct.jcity.com/?ct=17F27540F17F0F0

<無料診断シート プレゼント>
20の質問に答えるだけで、あなたの会社の“当たり前”レベル、
“理念浸透”レベルが測定できます
https://mmct.jcity.com/?ct=34F27540F17F0F0
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■