人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『相手のやる気を奪う考課面談 その2』
日付:2015/12/16
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『相手のやる気を奪う考課面談 その2』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


前回は、相手のやる気を奪う考課面談その1をお届けしました。
「フィードバックをメモする・確認する」というお話でしたね。

今回は2回目です。



日常の観察力 > 面談時の論理的な説明


考課面談についての話ですが、考課面談以前の問題です。
というのも評価される側の多くの不満が、

「観ていないのに評価される」

ということだからです。


上司は普段の仕事ぶりを観ていない。
それなのに面談でダメ出しをされる。
当然やる気が上がるわけがありません。

特に職場が離れている上司、
出張・外出が多い上司、
複数の部署を兼務している上司は要注意ですね。

上司が見ていない所で彼らなりの努力をしている。
でも一切関心を持ってもらえず、
面談時に労いの一言も出てこない。

面談までにどれだけ「観る」ことができているか。

・部下の日報・週報を観る。
・部下の出勤・退勤状況を観る。
・部下の実務状況を観る。
・部下の体調を観る。
・部下の悩み事を観る。

部下が上司から「観てもらえている」と思っているなら、
意外と素直に考課結果を受け止めてもらいやすいです。

面談時、いかに論理的に説明するかに注力するのではなく、
日常を観察することに注力しましょう。

-------------------------------------------------------
<理念実践エピソード映像>
デイサービスで起きた嘘のような本当の話。
理念実践エピソードをこちらからご覧ください。
https://mmct.jcity.com/?ct=85F27540F17F0F0

<無料診断シート プレゼント>
20の質問に答えるだけで、あなたの会社の“当たり前”レベル、
“理念浸透”レベルが測定できます
https://mmct.jcity.com/?ct=34F27540F17F0F0
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■