人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『今すぐ“育成力”を上げなさい!』
日付:2016/01/22
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『今すぐ“育成力”を上げなさい!』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


近頃、どこの企業も頭を悩ましているのが「採用」です。
昨年以上に採用費を使っても、良い人材が取れない。
または採用しても昨年以上に内定辞退されているようです。

採用が進まなければ、どうしても今いる人材で
現場を回さなければいけない。

役職についている人間が率先してフォローに入ることになり、
休みを消化できなくなる。

すると過剰な勤務に不満が積もり積もって、
離職に繋がるといった最悪のシナリオに入ってしまいます。


この状況を打開するには、
会社が持つ「育成力」を上げることが急務だと思うのです。
人を育てられる会社かどうか。


5〜10年前のような基準で人を採用することが
難しくなってきました。

であるならば、採用基準を下げて、
「入社してから育てる」
という考え方にシフトしていかなければなりません。


入社してくる人材を「種」に例えるならば、
育成力は「土壌」です。

どのような種であっても、
芽を出せる風土や仕組みが整っているか。

あなたの会社の育成力がどれくらいあるか。
知りたい方はこちらの人材育成力診断で試してみてください。
https://asp.jcity.co.jp/FORM/?userid=czero&formid=101


その会社に育成力がどれくらいあるか。
私の見分け方はシンプルです。

それは、

「“人”に関する話題がどれだけ語られているか」

です。


人材育成に積極的に取り組んでいます!という企業は多い。
でもそう企業に限って、役員会議・部門長会議・チーム会議で
「人」について語られていない。

「業績をどう伸ばすか」という営業会議は実施していても、
「人材をどう伸ばすか」という人材会議をやっている企業は少ないんです。


矛盾していると思いませんか?
人材育成が大事だと言っているのに、
人材育成について語り合う機会がそもそもないなんて。


人を育てる力がある企業。
それがこの先、生き残っていける企業でしょう。

-------------------------------------------------------
<理念浸透企業インタビュー>
理念が浸透しているから、入社応募数が増え、人材が育ち、
離職率が下がります。あの注目企業はどんなことをしているか?
https://mmct.jcity.com/?ct=17F27540F17F0F0

<メールセミナー>
あなたの会社では理念が形骸化していませんか?
社員が自ら理念を実践する7つのポイントを
お届けします。
https://mmct.jcity.com/?ct=68F27540F17F0F0
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■