人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『オイシックスから学ぶ理念浸透 その1』
日付:2016/01/29
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『オイシックスから学ぶ理念浸透 その1』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。


(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


食品流通に大きな変革を起こし、
成長し続けているオイシックス。

私はリピーターの一人ですが、
皆さんは利用されたことはありますか?

オイシックスのように急成長を遂げる中、
経営理念を風化させないことは至上命題であり、
非常に難しいことですね。

どのように理念を浸透させているのでしょうか?
インタビューはこちら。
https://mmct.jcity.com/?ct=17F27540F17F0F0


面白い!と感じたことは、
創業者の「原体験」を社員は必ず毎年体験するということ。

厳選された農家から仕入れを行っていますが、
その農家と同じような体験をしてみる。
その過程で生産者の苦労やこだわりを五感で理解する。

配送されてきた食材だけを見ていても、
そこには何もストーリーが見えてきません。
生産者の顔も見えないし、生産者の思いも見えづらい。

生産者の現場で、五感で感じたことは、
お客様にリアルなストーリーとして伝えられます。

恐らく自信と誇りを持って、
お客様へ提供されているのではないでしょうか。


理念を浸透させるために、
多くの企業は「言葉」で伝えますね。
どのような「言葉」で解説すれば理解するかと試行錯誤する。

でもオイシックスのように「言葉」ではなく、
「体験」で伝えるということもできます。

企業研修等でも「言葉」で理解するよりも、
「体験」から理解した方が、
抵抗感がなく、腹落ちして、記憶に残りやすい
という傾向があります。


あなたの会社の経営理念。
これを「体験」から学ぶことができないか。

この視点で見直してみましょう。

-------------------------------------------------------
<理念浸透企業インタビュー>
理念が浸透しているから、入社応募数が増え、人材が育ち、
離職率が下がります。あの注目企業はどんなことをしているか?
https://mmct.jcity.com/?ct=17F27540F17F0F0

<メールセミナー>
あなたの会社では理念が形骸化していませんか?
社員が自ら理念を実践する7つのポイントを
お届けします。
https://mmct.jcity.com/?ct=68F27540F17F0F0
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■