人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『他店・他企業視察へ行ってもムダな人』
日付:2016/03/25
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『他店・他企業視察へ行ってもムダな人』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


皆さんの会社では他社・他店から学ぶという目的で、
他店調査や他企業視察をされていますか?

最近では新卒社員への研修旅行という位置づけで
東京ディズニーランドへ行く企業も増えてきました。
直接高いサービスに触れてほしいという狙いです。


他店視察・他企業視察の結果をみると、
たくさんの気づきを持って帰ることができる社員と
そうではない社員に2極化しているような気がします。

「気づき力」の差といってしまえばその通りですが、
なぜこのような大きな差が生まれてしまうのか?

あくまでも私の推測ですが、
3つくらいの理由があるような気がします。


1.高い期待値

「あのお店はいい!」「あの会社は凄い!」
このような話を事前に聞いていると、
勝手に期待値が上がってしまいます。

期待値より高い・低いで満足度が変化しますよね。
高い理想像を持って足を運ぶと、
それだけ「驚き」は少なくなります。

なかには、
行ったその瞬間に「ファンになってしまう」
「感動で涙を流してしまう」といった
あり得ないドラマを期待している方もいるようです。

テレビで特集された会社・店舗へ行く際に、
起こりがちかもしれません。
(→ちなみにねぎしさんもカンブリア宮殿に出た後はそうでした。
  https://mmct.jcity.com/?ct=17F27540F17F0F0)


2.感動ではなく「凡事」を観ていない

感動する瞬間の1つが、
自身から見た「想定外」のことが起きた時です。
予想していなかった特別なサービスが行われた時です。

普通に考えれば分かるのですが、
“特別な”サービスですから“特別”な時にしか起こりません。

“特別”なことをしてもらえなかったという不満から、
視察に行っても「参考になる点はなかった」と言ってしまう。

私は「一流と二流の違いは凡事の差である」と教えられました。
サービス業で言えば「挨拶」や「姿勢」のレベルが違う。

一流の方は意識をしなくても、凡事を高いレベルでやっています。
「当たり前基準の差」とでもいいましょうか。

“特別”なことではなく“凡事の差”に気づけないのは残念です。

凡事(当たり前にやっていること)に
その人物・企業の仕事観が反映されています。


3.“もらう”ではなく“気づく”

ある方の視察後の感想です。
「あの店へ行ってきまいたけど、特に何もしてもらわなかったですよ」
「特別驚くようなことをしてもらいませんでした」

●○してもらわなかったから参考にならない、という感想です。
してもらう=受身です。

こういった方は可哀想です。
してもらわないと気づけないのですから。
一流を観ても気づけない人かもしれません。

そうではなく、自ら“発見する”“気づく”という姿勢があるか。
視察とは受身ではなく、自分で観察して気づくものですよね。


他店視察、他企業視察へ行った際、
ぜひ上記のようなことに気をつけてみてください。

次週は私から他企業視察のレポートをいたします。
-------------------------------------------------------
<公開セミナー>
内容:理念浸透の失敗事例・成功事例をご紹介します。
日時:2016年5月13日(金)14:00〜15:45(※受付13:45〜)
会場:WizBizセミナールーム
   〒108-0014 東京都港区芝5丁目16番7号 芝ビル3F
   http://www.wizbiz.me/data/2014wizbiz_map01.html
https://mmct.jcity.com/?ct=51F27540F17F0F0

<【無料視聴】ねぎしフードサービス>
圧倒的なリピート率と高い顧客満足度で、大手企業もその接客を
手本にする。また人材確保・定着が厳しい外食産業の中で、
徹底した人財共育をし、低い離職率を維持している。
2011年に日本経営品質賞を受賞。
https://mmct.jcity.com/?ct=17F27540F17F0F0

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■