人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『20年後の経営に必要なのは●○です』
日付:2016/03/31
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『20年後の経営に必要なのは●○です』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )

ある講座で1つの宿題がでました。
テーマ:「20年後の主要産業は何か?」

20年後の産業はどうなっているのか。
日本の経済はどうなっているのか。

20年前に今のような世界を予想できていたかというと…、
当然ながらできませんでした。

ですから20年後を予想しても当たることはないと思うのですが、
私なりに考えてみました。
主要産業ではなく「20年後の経営に必要なもの」という視点で。



私の答えは「空気」です。



1.自然環境視点からの「空気」
20年後には今以上に“環境に優しい”製品やサービスの需要は
高まるでしょう。商品やサービスを選ぶ際の一つの基準に
なっている可能性もあります。

今現在で言えば新品を買った時に独特の臭いがしますね。
身体に害がない範囲で、人間には気づかない範囲で
「空気」を汚しているものもあるでしょう。

より自然環境面での「空気」に敏感になっていくような気がします。


2.「空気」を読める、「空気」を変える人材が重宝
社会人として必要なスキルは何か?といったアンケートがされています。
必ず上位に入ってくるのが「コミュニケーション力」「主体性」です。

これは「空気」を察して動ける力と、「空気」を変える力とも
言い換えられます。

生活の様々な場面でAIが活用される。
今以上にロボットも頻繁に見られるようになる。

「相手が何をしてほしいのか察して動く=空気を読む力」
は、やはり人間にしかできない力だと思います。

そして経済環境はこれからも厳しく、チャレンジしない企業はなくなる。
よどんだ社内の空気を変えられるリーダーであり、
将来への希望を見せられるリーダーが必要とされます。

リーダーには、空気を変える力が求められるでしょう。


3.経営視点での「空気」
たくさんの企業を訪問しているおかげで、
恐らく私は他の方よりも「空気」に敏感だと思います。

働いている社内の方には気づきにくいですが、
確かに会社独自の「空気」が流れています。

圧迫した空気、楽しい空気、温かい空気、疑心の空気、
ピリピリした空気、颯爽とした空気など。

この空気を把握するような測定器はいまだないのですが、
感じることはできます。

「空気」で、いい人材が採用できるか否かが決まります。
(=風土が人を引きよせる)

「空気」で、人が育つか否かが決まります。
(=風土が人を育てる)

「空気」で、人が定着するか否かが決まります。
(=風土が人を定着させる)


ちなみにねぎしの根岸社長は、
「売物は“空気”」とおっしゃっていました。
https://mmct.jcity.com/?ct=17F27540F17F0F0

サービス+「空気」を売る時代になるかもしれません。
バーチャル化が進むほど、
肌で感じる「空気」はより価値が増すかもしれません。

営業面でも組織面でも「空気」がカギを握るかも…。


ちなみに「空気」を使った言葉は日本語にすごく多いですね。
空気が重い、空気を読む、KY、空気が変わった…等。

私たち日本人は、目には見えないけれど
確かに感じることのできる「直感」に優れているかもしれません。

「空気」を制するものがビジネスを有利に進める時代が
20年後に来るかもしれません。


次回は、心地よい「空気」を醸し出している
長坂養蜂場さんをご紹介します。
http://www.1183.co.jp/

-------------------------------------------------------
<公開セミナー>
内容:理念浸透の失敗事例・成功事例をご紹介します。
日時:2016年5月13日(金)14:00〜15:45(※受付13:45〜)
会場:WizBizセミナールーム
   〒108-0014 東京都港区芝5丁目16番7号 芝ビル3F
   http://www.wizbiz.me/data/2014wizbiz_map01.html
https://mmct.jcity.com/?ct=51F27540F17F0F0

<【無料視聴】ねぎしフードサービス>
圧倒的なリピート率と高い顧客満足度で、大手企業もその接客を
手本にする。また人材確保・定着が厳しい外食産業の中で、
徹底した人財共育をし、低い離職率を維持している。
2011年に日本経営品質賞を受賞。
https://mmct.jcity.com/?ct=17F27540F17F0F0

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■