人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『100年続く経営の秘密は“日本精神”にあり』
日付:2016/04/13
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『100年続く経営の秘密は“日本精神”にあり』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )

先日「100年経営を科学する」研究会に参加。
日本経済大学の後藤先生による講演がありました。
その内容の一部をご紹介します。


100年以上続く会社が世界に約6万2000社あり、
その中で2万5000社(35〜40%)を日本企業が占めています。
いわば長寿企業大国です。
その研究をされているのが後藤先生です。

今回の講演では「日本精神」と「企業の長寿性」の
関係性について触ふれている点が、
大変興味深い内容でした。


1.和の精神があること
「和」と「同」は異なる。和とは同調ではない。
「和」の精神を持っている。

「和を以て貴しとなす」という言葉がありますが、
昔から周囲への配慮・尊重、公益重視、社会の公器
という志向があった。

松下幸之助氏が「企業は社会の公器である」と
言われているのは有名ですね。


2.相対主義
外部のものを学習し、吸収してしまう精神性。

確かに今日本にあるものは、外から仕入れて、
日本流にアレンジを加えたものが多いですね。

言い換えるならば変化への柔軟性があるということ。


3.精神性のさらなる向上
一定の分野を追求する姿勢、細部にまでこだわる姿勢、
改善を繰り返す姿勢がある。

「〇○道」という言葉が日本語で使われますが、
「道」というのはまさに「追求」ということ。


さらには16〜19世紀に封建社会。
武士にとって家系の脱絶は避けたいことだった。

それは商人の家系にとっても同様。
いわば「承継」を推奨する社会的意思が働いていた。


会社の売り買いについても、
欧米と考え方が異なる点が興味深いです。


日本精神とは何なのか?改めて考えさせられます。

日本精神に企業を永続させるヒントがあるとするならば、
立ち返ることが必要なのでしょう。

-------------------------------------------------------
<公開セミナー>
内容:理念浸透の失敗事例・成功事例をご紹介します。
日時:2016年5月13日(金)14:00〜15:45(※受付13:45〜)
会場:WizBizセミナールーム
   〒108-0014 東京都港区芝5丁目16番7号 芝ビル3F
   http://www.wizbiz.me/data/2014wizbiz_map01.html
https://mmct.jcity.com/?ct=51F27540F17F0F0

<【無料視聴】ねぎしフードサービス>
圧倒的なリピート率と高い顧客満足度で、大手企業もその接客を
手本にする。また人材確保・定着が厳しい外食産業の中で、
徹底した人財共育をし、低い離職率を維持している。
2011年に日本経営品質賞を受賞。
https://mmct.jcity.com/?ct=17F27540F17F0F0
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■