人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『仕事ができる部長の見分け方 Part3』
日付:2014/08/11
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■企業の“育てる”を育てる〜人の力で経営を伸ばす〜■
『仕事ができる部長の見分け方 Part3』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
組織開発・人材開発コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


本日のテーマは、
・・・・・・・・・・・・・・・・・
仕事ができる部長の見分け方 Part3
・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回までに見分け方を2つご紹介しました。
電話が鳴らない部長は仕事ができる人。
レスポンスが早い部長は仕事ができる人。


三つ目は…





「曖昧な言葉を使わない人」





具体的に言えば、
「〜ぐらい」「だいたい〜」「たぶん〜」「おそらく〜」
「〜といった感じ」「〜だったはず」
といった曖昧な言葉を多様することです。

仕事ができる部長は「数字」で現状を正確に把握しています。

下記AさんとBさん、二人いたとしましょう。
どちらの部長が今後期待できますか?

A:100件近くの商談をしても、僅かしか最終プレゼンまで進めていません。
B:98件の商談をして、9件しか最終プレゼンまで進めていません。

A:目標達成まであともうひと踏ん張りです。
B:目標数値500万に対して、あと30万足りません。


また部下へフィードバックする光景を想像してみましょう。

A:佐藤さん(=部下)には、積極性みたいなものが足りないように見えてしまう。
B:佐藤さん(=部下)には、積極性が足りない。例えば○○という行動が見られなかった。

A:佐藤さん(=部下)は、顧客への提案がまだまだ少ない気がするな。
B:佐藤さん(=部下)は、顧客への提案数が不足している。
  今月○件。先月は○件。チーム平均では〇件。

Bさんの方が具体的に現状を捉えていますね。
自分を照らし合わせた時に、はたしてBさんのような行動がとれているでしょうか?

課題を曖昧に捉えると、曖昧な解決策しか見えてこない。
課題を具体的に捉えると、具体的な解決策が見えてくる。
これは問題解決のセオリーです。

ですから仕事ができる部長は「曖昧」ということを嫌います。
具体的に目標を決めて、具体的に計画し、
具体的にアクションを起こし、具体的に検証するのです。

上記のような具体的思考がクセになっているので、
具体的な言葉が出てくるのだと思います。


話は変わりますが、先日とある居酒屋さんでお客様と食事をした時です。
こちらがオーダーをした後に店員さんが復唱しました。
その時に驚くべき一言が…。

「かしこまりました!生中5杯くらいですね?」

5杯くらいって…。何だそれ…。

生中が何杯くるか、ドキドキでした。

--------------------------------------------------------
■業界初!10分でできる育成力診断(5万円相当)プレゼント

あなたの会社は人が育つ会社ですか?それとも育ちにくい会社ですか?
やみくもに人を採用する前に、あなたの会社の「育てる力」を測定してみてください。
(※無料お試し期間は残り1週間。お早目にご利用下さい)
○人材育成力診断
http://cst-zero.com/checker/

■『社員に使ってはいけない社長の10の失言』PDF資料(5,000円相当)プレゼント
社長が無意識に放った一言。その一言で社員を傷つけたり信頼を失わせたりしています。
でも社長へ「○○という発言を止めてください」と進言できる社員はほぼいないでしょう。
社長は自分で自分の発言の問題点を見つけなければなりません。
こちらを参考にしてください。
○PDF資料
http://cst-zero.com/checker/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■