人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『ブサイクなビジネスマンにならない25箇条』
日付:2016/09/14
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『ブサイクなビジネスマンにならない25箇条』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )

元宝塚のHさんからお話を聞く機会がありました。。


○サラリーマンとして成功したければ、まずサラリーマン根性を
捨てることだ。

○下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。
 そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。

○金がないから何もできなという人間は、金があっても何もできない
人間である。


このような名言を残された方が小林一三氏。
阪急グループ創業者、宝塚歌劇団の創業者でもあります。

宝塚の教えは「清く、正しく、美しく」。
今現在も忠実にその理念を守り続けています。

その功績を認められ内閣総理大臣表彰を2014年に受賞されました。


宝塚音楽学校のとある場所に貼られていたという「ブスの25箇条」。

それは大変興味深い内容でした。

1 笑顔がない
2 お礼を言わない
3 おいしいと言わない
4 目が輝いていない
5 精気がない
6 いつも口がへの字の形をしている
7 自信がない
8 希望がない
9 自分がブスであることを知らない
10 声が小さくイジケている
11 自分が最も正しいと信じ込んでいる
12 愚痴をこぼす
13 人をうらむ
14 責任転嫁がうまい
15 いつも周囲が悪いと思っている
16 他人に嫉妬する
17 他人につくさない
18 他人を信じない
19 謙虚さがなく傲慢である
20 人のアドバイスや忠告を受け入れない
21 なんでもないことに傷つく
22 悲観的に物事を考える
23 問題意識を持てない
24 存在自体が周囲を暗くする
25 人生において仕事において意欲がない


皆さんいかがでしたか?
ドキッとする項目もあったのではないでしょうか?

ブスの25箇条というより、
「イケてないビジネスマン25箇条」ですね。

私なりに解釈すると、
「心のあり方」「モノの考え方」「日常の些細な習慣」が
内面と外面の美しさに反映されるということだと思います。

これら25箇条に気をつけている人は、
男役のごとく、間違いなくカッコイイ!に違いありません。

カッコイイ!ビジネスマンを目指しましょう。

-------------------------------------------------------
<【メディア掲載】 法政大学 坂本教授との対談>
儲ける経営ではなく正しい経営をする。
人を幸せにする経営とは何かを対談しました。
http://www.bizteria.net/cst-zero?p=ns&a=dt&id=1837_v9C7ET

<【パネラーとして登壇】法政大学 坂本教授も登壇>
「これからの日本、これからの経営」というテーマのフォーラムに
登壇します。ご興味のある方はどうぞ。
http://www.bizteria.net/management-pr?p=ms&rc=bf10-0614
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■