人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『手倉森監督はなぜ選手の心を掴むのか?』
日付:2016/09/16
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『手倉森監督はなぜ選手の心を掴むのか?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


リオオリンピックアジア予選で指揮をとった
サッカー日本代表の手倉森監督。
優勝という想像以上の結果を残されました。

リオオリンピック本選では残念な結果でしたが、
選手のコメントを聞く限り、選手から絶大な信頼があり、
人望のある監督だったのではないかと思います。

最近でもA代表コーチ就任への話もあります。
チームを纏めあげる力を評価されているのでしょう。


私も手倉森監督の人柄、プロとしての姿勢には敬意を表します。

選手の心を掴むために、何をしているのだろう?と
分析してしまいます。


1.総力戦で結果を残す

固定したレギュラーメンバーで戦うことはしない。
レギュラー組、控え組という区分けがないくらい、
ほぼすべての人にチャンスが与えられています。

このほうが「競争原理が起こる」というメリットは
誰しも理解できます。

でも勝たなければいけない試合となると、
レギュラーを固めてしまいがち。

それをせずに選手を柔軟に入れ替えて、
結果を残したことが驚くべき点です。

全員でつかみ取る一体感を感じました。


2.選手の心を掴む

手倉森監督の特集をテレビや雑誌で見ました。
そこにはこのようなことが書かれてありました。

「部屋でよくミーティングの練習はしている」

「言葉のかけ方は部屋でじっくり考えている」

ミーティングの練習?をやっている人を
見たことがありません。

選手へどのような言葉をかけるか。
監督が発する言葉の影響力を自覚されているのでしょう。


「仙台当時から今も続けているのが、
 試合で起用しない選手と必ず1対1の個人面談を行うこと。
 自らがやけを起こした経験から、苦しむ選手の胸中を理解。
 『おまえたちには可能性がある』と納得させ、
 チームを一丸にした」

起用しない選手と1対1の面談し、納得するまで話し込む。
ここまでできる監督はなかなかいません。

プロの世界ですから皆がレギュラーとして出場したいはずです。
試合に出るために相当な努力もしているでしょう。

フィールドに立てなかった選手は、
「なぜ自分ではなくあの選手が…」
と思うでしょう。

監督へ素直に不満をぶつけられる人もいれば、
言わずに抱え込んでしまう人もいるはず。

メンバー一人一人のモチベーションをケアしている、
熱く「その気」にさせるメッセージを発信できる、
という点が手倉森監督の凄みなのだと思います。

見習うべき点が多々ありますね。

-------------------------------------------------------
<【メディア掲載】 法政大学 坂本教授との対談>
儲ける経営ではなく正しい経営をする。
人を幸せにする経営とは何かを対談しました。
http://www.bizteria.net/cst-zero?p=ns&a=dt&id=1837_v9C7ET

<【パネラーとして登壇】法政大学 坂本教授も登壇>
「これからの日本、これからの経営」というテーマのフォーラムに
登壇します。ご興味のある方はどうぞ。
http://www.bizteria.net/management-pr?p=ms&rc=bf10-0614

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■