人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『“日本で一番大切にしたい会社”にするための判断軸』
日付:2016/10/04
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『“日本で一番大切にしたい会社”にするための判断軸』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )

『これからの日本、これからの経営』というテーマで
法政大学の坂本先生、サプレの上野社長、
テーブルクロスの城宝社長とともにパネルディスカッションに
参加させていただきました。
https://www.facebook.com/cstzero/


企業を表彰するものは世の中にはたくさんあるが、
本当によい会社を表彰しているのだろうか?

そこに疑問を持った坂本先生は8年前から
『日本で一番大切にしたい会社大賞』を始められたそうです。


そのお話を聞きながら、私も自分の原点を思い出すことができました。

私も坂本先生と同様に、「良い会社って何なんだろう?」と
思い悩んだ時期がありました。

コンサルタントとしてそれなりの期間をやっていると、
皆さんが知っているような有名な会社の組織変革に携わります。

有名な会社とは、

・数々の新聞や業界誌に、ユニークな企業として掲載されている
・○年間増収増益を続ける企業として注目されている
・株価で最高値を付けている
・○○社を買収し、業界シェア上位に躍り出ている
・V字回復をさせた敏腕経営者として講演三昧

これらは一般的な物差しで言えば、いい会社なのでしょう。

しかし社内事情は、決して綺麗なものではありません。

・経営役員数名が不倫をしており、社内から信用がない
・私的なものへ会社のお金を使い、社員にばれている
・うつ病が多発している。社内で自殺者も出てしまっている
・地元住民や取引先から、悲鳴ともいえる声が次々に出ている
・経営陣の親子ケンカに巻き込まれ、何も口を開かない管理職


外からの印象と内情が全く異なるのです。
内情を何も知らない人からみれば「いい会社」なのでしょうが…。

外見だけを一生懸命に厚化粧をしている多くの企業に出会い、
「本当にいい会社とは何なのか?」は、
私の仕事のテーマにもなりました。

いい会社の定義は、人それぞれなのかもしれません。
私が定義するいい会社は、綺麗ごとなのかもしれません。
理想論と言われてもそれを追求したい。
それが当時の思いでした。


坂本先生がパネルディスカッションの中でこのように言われてました。

いい会社を作るための判断軸。
それは、

「正しいか、正しくないか」
「自然か、自然でないか」

というもの。

全く同感です。
損得感情や即効性で判断をして、痛い目に合ってきましたから…。


人間は弱い生き物です。
状況が変われば、自身の判断軸はブレてしまいます。


迷ったときは、

「どちらが正しいか、正しくないか」
「どちらが自然か、自然でないか」

という2つの判断軸に立ち返ることをお勧めします。

-------------------------------------------------------
<【メディア掲載】 法政大学 坂本教授との対談>
儲ける経営ではなく正しい経営をする。
人を幸せにする経営とは何かを対談しました。
http://www.bizteria.net/cst-zero?p=ns&a=dt&id=1837_v9C7ET

<【無料視聴】理念浸透企業:西精工>
2013年おもてなし経営企業に選出。同年日本経営品質賞受賞。
社員アンケートの「月曜日に会社に来るのがワクワクするか?」
という質問項目で、80%以上がYESという回答が得られている。
社員幸福度の高さが高品質にもつながっている。
https://mmct.jcity.com/?ct=17F27540F17F0F0
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■