人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『自分が我慢をすればいい病』
日付:2016/11/02
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『自分が我慢をすればいい病』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )


以前このメルマガにてメンタル不調者になってしまう傾向を
書きました。

今回も新たにアラームを出しておきたいと思います。


「ある日突然、急に会社に行くのが嫌になった」
「朝起きた瞬間に職場をイメージすると気持ち悪くなる」
「通勤中にしばしば気持ち悪くなる」

こういった症状になっている方がいました。

誰にでもよくあることだと思い、
軽くあしらってしまう人もいるでしょう。

知らず知らずのうちにメンタルがやられていることに
本人は気づいていません。


この方はどういうタイプだったかというと…。


「自分が我慢すればいい病」。


皆さんの会社にも必ずいらっしゃるはずです。


急な仕事を上司から頼まれる。
納期交渉をするにも上司へ意見をぶつけるだけの自信も勇気もない。
堪忍して“我慢”をして受け入れる。


一人ではこなせない量の仕事を抱えている。
でも周りに応援の要請ができない。
周囲に協力依頼をした時の嫌な空気を勝手に感じてしまう。
それなら“我慢”して自分でやってしまおうとする。


他部署から仕事を急に丸投げされる。
どう考えても自部署の役割に該当しない業務。
反抗しないことをいいことに、半ば強引に押し付けられる。

他部署のリーダーを説得する時の衝突・摩擦が嫌になり、
“我慢”して泣く泣く自部署で引き受けてしまう。


こういった人が「自分が我慢をすればいい病」。

本当は上司に言いたいことがある。
本当は仲間に助けてほしいことがある。
本当は他部署のリーダーにも言いたいことがある。

でもそれを口に出していった時に起こる衝突や軋轢を過剰に気にする。

自分が傷つくことを恐れて、自分が“我慢”をするということを
いつも選択してしまいます。


彼・彼女らの仕事量を見ると本当によくやっています。
でもあまり評価されていないのが現状。
いいように使われてしまっているのです。

「自分が我慢をすればいい病」の人は、
知らず知らずにストレスを蓄積しています。

“健全な我慢”は自分を鍛えますが、
“不健全な我慢”は自分を壊してしまいます。

あなたの我慢は健全でしょうか?

-------------------------------------------------------
■【無料】理念浸透企業:西精工
2013年おもてなし経営企業に選出。同年日本経営品質賞受賞。
社員アンケートの「月曜日に会社に来るのがワクワクするか?」
という質問項目で、80%以上がYESという回答が得られている。
社員幸福度の高さが高品質にもつながっている。
https://mmct.jcity.com/?ct=17F27540F17F0F0

■【無料】7分で分かる診断シート
あなたの会社の理念浸透度が簡単に測定できます。
https://mmct.jcity.com/?ct=34F27540F17F0F0
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■