人と理念で経営を伸ばす〜〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 (バックナンバー)
----- 株式会社コンサルティングZERO -----



件名:『評価されないなら私はやりません!』
日付:2017/02/28
差出人:株式会社コンサルティングZERO <info@cst-zero.com>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜■
『評価されないなら私はやりません!』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。
理念浸透コンサルタントの松本です。

(※このメルマガは名刺交換をさせて頂いた方にも配信させて
  いただいています。購読・解除はこちらから出来ます。
 → http://cst-zero.com/mailmag/ )

評価が機能しなければ、良い人材も良い社風も
作ることができません。

しかし一方で答えがなく、誤解を受けやすく、
トラブルが起こりやすいのも評価です。

あなたの会社でも、評価について
こんな問題が起きていませんか?


■「評価されないならやらない」

最近は堂々とこういった発言をする方が
増えているような気がします。

仕事をお願いする。すると

「それは評価に繋がりますか?」

と平然と聞いてくる。
省エネと言うべきか、セコイと言うべきか。


・始業時間に余裕をもって出社する。
・出社したら職場の掃除をする。
・帰る前にゴミ箱を綺麗にしてから帰る。


こういった行為にも、それは評価に繋がるんですか?と
平然と聞いてきます。

評価に繋がらない=無駄な仕事と捉えるようです。


皆さんの会社で運用している評価シートに、
「30分前に出勤している」「出社したら職場の掃除をしている」
「ゴミ箱を綺麗にしている」と書くことができるでしょうか?

あまりに枝葉の話で、そこまでやりたくないと思うでしょう。


■「〇〇しないと評価に繋がらない」

上記のようなスタッフが出てくると、
上司側も「評価」を全面に出していきます。

「あなたの〇〇という行動は評価しない」
「○○しないとあなたを評価しない」
「評価されたいならば○○をしてほしい」


このような言い方をされると、
「あなたに評価されたくて仕事をしているわけじゃない」
と逆切れをする人も出てきます。

私は上司の評価はいらない。お客様の評価されあれば…、
と開き直るような人も出てきます。


評価されないと動きたくないというスタッフ。
評価というパワープレイで動かそうとする上司。

力 VS 力。
どちらも困ったものですね。


本来の目的からすれば、
評価は、モチベーションを高めるためであり、
創造性や挑戦心を高めるために用いるもの。


上記のようなケースではむしろ逆の状態。

モチベーションを下げて、評価されないことをやらないといった
限定的で保守的な行動を生んでいます。


一度、会社や他人からの評価を手放してみませんか?

評価を気にしすぎている人ほど、
評価されないという残念な傾向さえありますから。


他人から評価されるからやる、評価されないからやらない。

そうではなく、歓んでもらいたいからやる、
歓んでいる相手を見ると自分が気持ちいいからやる。

行動の動機に「純粋性」を取り戻したいものです。

-------------------------------------------------------
■【無料】7日間メールセミナー
理念(クレド)浸透の“新”方法をお伝えいたします。
http://cst-zero.com/sp-mail/

■【無料】理念浸透企業:長坂養蜂場
『日本で一番大切にしたい会社』の著者、法政大学の坂本教授も
高く支持する長坂養蜂場。スタッフの8割が女性のため「働き方」の
改善が必要になる。検討した結果、営業日・営業時間を短縮する
ことに。それでも業績が上がってしまう。従業員幸福の仕組みとは?
https://mmct.jcity.com/?ct=17F27540F17F0F0
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
人と理念で経営を伸ばす〜採用力・育成力・定着率を2倍にする方法〜 発行人
株式会社コンサルティングZERO
代表取締役 松本和義
公式サイト:http://cst-zero.com/
・メルマガバックナンバーはこちら
https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=czero&MagazineID=1&T=ALL
・ブログ更新中
http://ameblo.jp/cst-zero
E-mail:info@cst-zero.com
〒141−0021 東京都品川区上大崎1-1-1-302
TEL:03−4570−0767 FAX:03−6862−6169
※ご質問・ご感想はこちらまで。→info@cst-zero.com
※社内・取引先・ご友人などへの転送は自由にしてください。
※メルマガの購読・解除はこちらから出来ます。
 →http://cst-zero.com/mailmag/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■